四川省、ミニSLの旅、芭石鉄道を行くー08、葉子埧駅から仙人脚駅、芭蕉溝駅へ

NO IMAGE

こんどは首を捻じ曲げなくてもゆっくり景色が見える。
落ち着いてみるとなかなか素敵な田園の風景だ。

basyo110910-0

新幹線でなくて、ミニSLだからスピードはゆっくりだ。ちょうど向こうに見える
農家で子ども達がこちらをみている顔が分かるくらいのスピードだ。

basyo110910-1

近くを見ていても気分は悪くならない。これくらいの速さで流れる景色をみると
「乗ってる」という実感がわいて、妙にワクワクする。
「ええなあ」

basyo110910-2

菜の花の季節にきたらもっといいやろなあと思った。
しかも、菜の花の咲く観光シーズンには、各駅での停車時間はもっと長くて
駅から見所の場所までの案内もあるそうだ。
しかし、そんな季節にきたら綺麗は綺麗やろうが、人で人で大変やろうと思う。
オフシーズンでヘビイな今がちょうど穴場といえるのではないだろうか。

basyo110910-3

葉子埧駅から仙人脚駅あたりで途中下車する観光客が多い。
来慣れた人達か、情報通の人達が、ここらで一旦おりて、当たりを散策して
帰りの列車に乗るのだろう。
2度目、3度目ならそれでもいいけで、我らは初めてだから終点を目指そう。

basyo110910-11

車内はかなり空いてきた。どこでもゆったり座れる。
暑さは変らんけど。風が吹き抜けるから、熱中症にはならなくて我慢できそうだ。

途中で気がついたがこの列車は意外と清潔だ。
車両の内装が結構新しいということもあるが、客の行儀がいい。ゴミは床に
撒き散らかさないし、4人席の真ん中にある小さな共通のテーブルもゴミは
おかない、汚れたらさっと拭いている。それに、椅子の下にゴミ籠が置かれて
いて、客はきちんとそこにゴミを入れているのだ。
こんな事を言っては非常に失礼だが、中国の人がこんなにマナーがいいのは
初めてみたくらいだ。
マナーがいいような暮らしをしている人達が好む観光コースなんやろか?
それは何がキーワードなんやろ?
興味はあるが、今は暑いから頭の中が熱湯状態だ。
後で考えてみよう。

basyo110910-7

basyo110910-10

なんだかんだで終点の芭蕉溝駅に着いた。
本当はもっと路線があるのだそうだが、工事中とかなんとかで今はここまで
なんだそうだ。
本当の終点は、「黄村井駅」なんだか美しい古鎮がありそうな気がするが、
行けなくて残念だ。

basyo110910-8

芭蕉溝駅も芭蕉の木が繁る別天地かなと期待していたが、よくわからない。
小さな山村が見えるだけだ。
瓦屋根の駅舎がおもしろい。蒸気機関車を前から後ろの繋ぎ換えて反対向きに
走る準備をしている間に、駅舎で水でも買っておこう。
帰りもヘビーな旅が待っている。

basyo110910-9

ここからは折り返し。


より大きな地図で 芭石鉄道(嘉陽鉄道) を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。