2018年7月14日

最近読んだ本、「雪子さんの足音」、「ぼくせん 幕末相撲異聞」

NO IMAGE
  • 2018.07.14

木村紅美、「雪子さんの足音」 なんとも不気味でおぞましい。けど、やっぱり読んでしまう。こわいけど ホラーではない。狂気すら感じるけど普通にある話のようでもある。 ある日、新聞を読んでいた薫は昔学生時代に住んでいたアパートの大家である 雪子さんの死を知った。想いはそのころの月光荘に至る。 学生のような、プータローのようなフラフラした毎日を送る薫に大家さんは 何かと親切にしてくれる。嬉しい話だ。ついつ […]