京都、祇園四条、「菊水」でビフカツランチ。

篆刻を習いに京都へ行ってるけど、折角わざわざ京都へ行ったからにはそのついでに 何かあればどこでもええから行った見たいと思っているけど事前に調べたりするんも 面倒なんでチャンスが少ない。 この日は事前に案内状が来ていて、某有名な篆刻のグループがグループ展をやると いうんで友人と行くのを楽しみにしていた。 その前に最寄りの駅近くでバスを降りて、何を食おうかと考えるうちに橋の袂の 「菊水」の看板が目についた。友人が「あそこのビフカツが美味しいらしいで」と 言う。そういえばこのあたりは良く通るけどどうせ観光客あいての観光レストランやろ って思ってスルーしてた。見てみたら、偶かどうか、席がある。食べてるうちに 待つ人まで出たから運が良かったんかもしれん。 この友人と食事をするときは昼酒が飲めるからありがたい。

しかも特大のビールジョッキだ。篆刻展よりむしろこっちが目的だったような 気がしないでもない。料理の注文はもちろんビフカツ。ビールを飲むんでランチ ではなくて単品でお願いする。 それでもサラダがついてくる。

これもまたビールのアテに丁度ええ。 奥の壁が鏡になってるんで店内は広く見えるけど意外と広くはない。それにこんな エエ場所にあるんやからすぐに満杯になる。あっちでもこっちでも美味しそうに ランチしてはるざわめきがいい雰囲気を作っている。もちろん観光客が多いけど、 観光レストランって感じがあんまりしないんはこの店の老舗感から来るんやろか。 レンガ風の建物が粋に見える。 ビールを飲みながらうだうだ喋ってるうちにビフカツがやってきた。

とても美味しい。 分厚くてレアー感満載のビジュアルが食欲をそそる。 とても柔らかい。衣とソースが肉に馴染んでとても美味しい。昔ながらの美味しい 洋食屋さんの味という感じだ。 ソースの酸味もちょうどええ。 付け合せも今風に気取ったしつらえではなくてオーソドックスな感じに好感を持つ。 美味いもん食って酒のんでたら、本来の目的を忘れそうだ。 体は重いけど篆刻展を見に行かんとあかん。 ご馳走さんでした。

店名 「菊水」 ジャンル 洋食 住所 京都市東山区四条大橋東詰南座前 電話 050-5868-2877 営業時間 1階 10:00-20:45 2階 11:00-20:30 定休日 無し メニュー 日本語 言語 日本語

[…]