文房四宝

1/10ページ
文房四宝

中国旅行で買ったやつ、歙州硯という硯。

初めて使う歙州硯。 今回の旅で歙州硯というやつを買ってきた。これで磨ったらどうなるか興味津々だ。 今までで持っている硯は日本の雄勝硯と昔北京で買った端渓硯との2つだ。雄勝硯は 石巻市の伝統工芸士の方に直接電話して購入したものでとても気に入っている。 蓋もついた立派なものだ。 けど、これがほんまに硯として優れた磨り味なんかどうかはわからんまま使ってる。 それより震災でどうなったかが心配だ。 北京で買 […]

九度山暮らしのある日、「奥の細道ー篆刻展」に行った。

歴史深そうな建物で、それにとても似合いそうな篆刻作品展があった。 前に堺刀司のお店に篆刻刀を買いに行ったことがある。その時に、お店の2階で 催されるという「奥の細道ー篆刻展」の案内をいただいて、その日が来るのを 待っていたのだ。 ここは、「水野鍛錬所」という堺の老舗の刃物屋さん。所謂、堺刀司のお店だ。 ネットでこの店の篆刻刀のことをしって買いに来た話は既にブログに書いたんやけど 昔ながらの床しげな […]

京都、彩雲堂の国産印泥。

篆刻の勉強を初めてもう大分時間が経つ。それでも一向に上手にならへんのは、才能も ないし、努力のあともはかばかしくないからなんでしょうがない。 それはそうとして、ずっと気になることがある。 印泥の事だ。印泥は中国製しかないって思い込んでいた。日本で買っても中国で 買っても買えるのは中国製だ。なんでやろって不思議に思うけど、まあええかと 中国に行ったときには本場に来たんやからってエエもんを安く買おうと […]

中国、浙江省、古村の旅ー40、岩頭村麗水古街から岩頭蒼坡古村へ。

さて、対岸を歩き終えて振り返ったらなかなかエエ風景が目前にある。 こんな風景がとても良い。小豆やら大豆やら、名前の知らん色んな豆、唐辛子、干せるモンは 全部干してある。自然の恵みを頂くのだ。 で、ここからまた回廊を戻る。 少しはお店があるけど殆どが閉まってる、シャッター街だ。 奇山を見ながら進む。 次に来ることがあったらこの回廊も見違えるようになってしまってるかもしれん。 てなことで、ここはこれく […]

九度山暮らしのある日、篆刻修行の為に拡大鏡を買った。

  • 2018.02.15

あいかわらず月に2度篆刻の勉強に京都に行っている。まあ、篆刻の勉強も大事や けど仲間とご飯食べたり喋ったりするのも大事なんでそれほど必死で勉強してる わけでもない。それでも出来てしまえば絵の中に遊印として使えるんで絵に花が できるし引き締まる。そんなこんなでボチボチと修行しつつ石の作品を作っては いるんやけど近頃ちと不自由だ。 老眼がひどくなってきたんか、老衰で手元が危うくなってきたんか、老眼鏡を […]

1 10