大阪、河内小阪、「八戒」に行った。

河内小阪にとんでもない中華屋さんがあるというのは前から知っている。そこでは 中華というよりはむしろスパイス料理の方が超有名で そういうとこほどなかなかしょっちゅう行けないというのが世の常だ。 それでもチャンスはあるもので、今回は、このお店をベースにスパイス活動をされてる 方々が私の本を買っていただけるということで折角やからスパイス食いながら手渡し ということでお願いすることにした。

なんじゃらかんじゃら話に夢中になってるあいだにどんどん料理が出てくる。 中華料理屋さんの中華料理とは思えん(何のこっちゃ?)ほどの美味しさだ。 アジアンなようで中華料理、中華料理のようでアジアンな膨らみがある。 まずは蒸鶏というたらええんかな?

柔らかくてしかも身が引き締まってとても美味しい。 中華の蒸鶏よりもカオマンガイにのってるやつよりも好みの味だ。 で、水餃子。

これも美味しい。具が濃厚。ジューシーで味わい深い。 焼餃子もとてもいい。

熱々でパリパリだ。 この豚肉もとろけるほど柔らかい。

こっちは肉を食うのか?唐辛子を食うのか?

どっちも美味いからおかしい。 中国では唐辛子がこんなに一杯入っててもその唐辛子は食わないのが 普通だ。 それで麻婆豆腐。

たかが豆腐、されど豆腐、辛さを謳う中華屋さんやったら必ず登場する料理やけど 店によって全然違うから面白い。ここのも独特の味わいがある。 この麺料理もとても美味しい。

汁なし麺のようであり、焼きそばのようでもある。スパイスたっぷりで濃厚な 味わいが後を引く。 さて、とうとうシメのカレーが登場した。

これぞまさしくオサム式カレー。中華の範疇ではまったくない。カレーの範疇で 存在感抜群の美味しさだ。スパイス感も十分。とても美味しい。 最後はスープ。

いつもの美味しさ。 ごちそうさんでした。

それに私の超コテコテ、マニアックな本、「ミャンマー水墨紀行」を買っていただいた方々 とてもありがとうございました。 旅の話も楽しかったです。ありがとうございました。

店名 「大衆中遊華食堂八戒」 ジャンル 中華料理、カレー 住所 東大阪市上小阪2丁目1−22 電話 06-6724-6492 […]