ブログ村ブログパーツ

九度山暮らしのある日、和歌山、打田町、「うらしま」の中華そば

岩出市で寿司を食ったあと、ラーメン1杯くらいやったらまだいけるかもしれんと 無謀な連食に走ろうとした。 お寿司屋さんから九度山に帰る途中に、前回来て、おやすみだった某有名なラーメン屋さんが あるのだ。ついでに寄ってみよう。 おや、やっぱり行列やんか。しかも駐車場が空いてない。行列は人数が揃わんと 並んだらあかんというルールらしい。1人が駐車場の空きを待って、1人が行列に ならぶという連携プレイは無理なのだ。これはあかんわ、あきらめよう。 しかたなく九度山方面に戻る。 途中で「うらしま」さんの前を通った。珍しく、駐車場に空きスペースがある。 12時半を少し過ぎてるんでもう売り切れごめんかもしれんけど、もしかしたら まだあるかもしれん。ものは試しで入ってみよう。 なんと、しめしめまだ売り切れではないらしい。 なんちゅうてもこのあたりではこの店が元祖と言えるんやからこっちに入れた方が ラッキーではないか。

ということで空いた席はというと奥の座敷席。無理につめれば手前の椅子席もある。 爺さんで腰が痛いんで座敷席をパスさせてもらって椅子席に。隣の人にすみませんと 断りつつ座らせていただく。 ここのメニューはとてもシンプル、中華そばか1.5玉かダブルしかない。ご飯があれば それも注文できる。若いお客さんが多いんで「ダブルとめし」という声が多いようだ。 わしらはもちろん「中華そば」だけ。 何故か券売機は動いてないみたい。 しばらく待ってると中華そばが登場。

見た目もとてもシンプルだ。

麺の具合がとてもいい。やや細めで硬くはない。ちょうどええ具合でつるんとしなやかだ。 ここのスープはとても特別だ。飲み進んで底をみたらギクッとなる。骨粉でドロドロ なのだ。しかし、見るまでは気がつかへん。さらさらではないけど濃厚でたまらん というほどではないのだ。意外とあっさり感すらある。しかし、あっさりとは 言い難い。曰く言い難い複雑さがあって、結果的にはやっぱり相当濃厚なのだ。 連食を後悔するくらいお腹にたまってしまった。 それでも、なかなかありつけない「うらしま」さんの中華そばが食べれてよかった。 ご馳走さんでした。

店名 「うらしま」 ジャンル ラーメン専門店 住所 紀の川市花野20−7 電話 0736-77-5473 営業時間 11:00-13:00(スープなくなり次第) 定休日 日・祝 メニュー 日本語 言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[…]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-44、青岩古鎮、横道の裏通り。

古鎮を歩く時には、前へ前へとつい歩きがちやけど、時々、ぱっと後ろを振り返って みたら意外と新しい発見があったり、違う景色に見えたりすることがあって面白い。 それとやっぱり横道が良い。ちょっと止まって横に動いて見る。どこまで行くか わからんけど、奥へ奥へと行ってみると表通りでは見られない風景が展開されて いくこともある。興味は尽きない。

ということで、戻りながらいきなり横に入ってみよう。

奥の方に大きな木があってこのあたりには日常の暮らしが見られる感じがする。 美味しそうな街角食堂がある。

まだ昼前やから臨戦態勢にはなってない。時間に余裕があったらこんなとこで食いたい なあと思いつつ通り過ぎる。 おや、彼らは本日の危機は免れたかな?

家のなかから小さな子供がでてきた。雨の中、出て行きたいんやろか?

可愛いね。 ググッと回り込んだらまだ奥がある。誘われるように先へ先へと。

微妙に曲がって先が見通せへんかったら気になってまた先に進むことに。

なんとなく入って見たいけど、普通のお家やからそれはできへん。

あの先に奇妙な家がありそう。左手のあの木はなんやろ?

わざとあんな形にしてるんやろか? やっぱりわざとけったいな形にしてるみたい。壁には文章と絵が?

いったいここはどんなとこなんや? どうも小学校の跡らしい。

今はもう使ってる気配がない。 壁といい、建物といい、なんとなく文化の香りがしそうなのがとても面白い。 その横にはこんな風景も。ええじゃないですか。

ぐるっと回って元の商店街に向かう。

又、喧騒がやってきた。いっときの静寂が心地よかった。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

和歌山、岩出市、「藤左エ門」の寿司定食。

ある時岩出市や紀の川市方面に何度かいく事があった。せっかくやからどっか 美味しいとこ探してランチでもして見たいと言う気分だった。しかし、この方面は ほとんど、遥か昔の記憶しかないんで今の土地勘がようわからへん。最近はどうやら 新国道のまわりにレストランや食堂やラーメン屋さんが集中してるらしい。 その場合、道のどっち側にあるかで状況がえらいかわる。車で走ってると、反対側に あったら簡単にUターンできるとは限らへんのだ。よう調べたからいく必要がある。 そんなこんなで、食べログなんかを調べてるとどうも行列のできるお寿司やさんが あるらしい。地図をようみたらやっぱりわしらが行く方角からは反対車線にある。 ぐるっと回り込むルートを探して行こう。 で、着いたら、結構広いフードコートみたいなとこで、大きな駐車場がある。 お店は色々あるみたいやけど狙いは1軒、幸いまだ行列はできてない? いや、皆さん、余裕で車の中で待機してるみたい。 わしらや他の人が並び始めたら慌てて行列ができた。

しかし、まだ雰囲気がおかしい。余裕綽々で並びもせんとおしゃべりしたりくつろいだり してる人たちもいる。あとで割り込んできたら文句言うてやろうって構えてたら、 なんのことはない予約の人たちだった。予約ありとは知らなんだ。それやったら 行列する必要ないやんか。 まあ、文句言うても始まらん、順番通り中に入る。 中はいかにもお寿司屋さん。えらく広い。何人でも入れそう。行列の必要あるんやろか? 不思議に思ったけど、帰りにみたらすでに行列ができていた。恐るべし。 でメニューを見る。

やっぱり藤左ェ門セットというのがお得みたいだ。 握り十貫、小鉢、赤出し、自家製プリン、コーヒーまで付いて880円やんか。 プリンやコーヒー付かんでもっと安いほうがええけど、そうはいかんのやろ。 さて待つことしばし、一気にお客が入ったんで握るのに時間がかかるんやろか? かなり時間がかかる。 いらちのわしは忘れてんのとちゃうやろかと確認するけど、大丈夫と笑って答える。 わしらは別にうれしくはない。で、やっと来た。

なるほど、ネタは新鮮で結構大きい。 福岡の専門店や、大阪の市場みたいというわけにはいかんけど、コストパフォーマンスは ええように思う。 簡単にいえば美味しい。 食後のコーヒーとプリン、

蛇足のようではあるけど、これはこれで良い。 ご馳走さんでした。

店名 「藤左ェ門」 ジャンル 寿司、和食 住所 岩出市中迫201-1 電話 050-5571-5927 営業時間 11:30-14:30 17:00-22:00 定休日 不定休 メニュー 日本語 […]

九度山暮らしのある日、「ギンナン割り器」を作ってみよう。

九度山で暮らしていて思うことは、前に季節の果物が美味しく食べられるという 話を書いたことがあるけど、他の食べ物でも同じことが言える。どこでいても 気にかけていたら季節のものはいくらでも手にはいるのは同じなんやけど、それが よけい身の回りにあるチャンスが多くて、比較的安い値段で手にはいる機会が多い という意味だ。 今回はそういうことでギンナンが手に入った。 では、早速食おう。 と言うわけにはいかない。 ギンナンは殻を割らんとあかんのだ。前に胡桃の殻を割るのにも苦労したけど これもなかなか難しい。ネットでちょっと調べてみたら、封筒に入れてチンしたら ええとかフライパンで少し炒るとか、いろんな情報がある。それなりにやってみた けどなかなかうまいこといかへん。短気をだして金槌でゴンとやるのも芸がなさそうだ。 もうちょっと見てたらドアに挟むのがええと書いてある。 なるほど、それはええかも、しかし、適当なドアがない。 ならば、簡単なやつを作ってみよう。 そのへんにある板切れを二つ用意する(無料)。蝶番を一つ(2つセットやけど) ホームセンターで買ってくる(150、60円位?)。 こんな具合に取り付ける。

これで、ドアを開け閉めするように板を開閉したらええんとちゃうやろか? いけるはずや。 で、ギンナンを一つ置いて、

中に挟んでしまう。

上の板をそっと下ろす。力は殆どかけるひつようがない。

するとパキンと気持ちの良い音がする。 上の板を挙げて見ると。

見事に割れている。 中の身までわれすぎや。紙にくるんでゴミが散らんようにしたら身が割れるのも 防げるみたい。 実に簡単ではないか。 見てくれは悪いけどええ道具ができた。ギンナンがなんぼ手に入っても大丈夫だ。 こんどは胡桃を上手に割る方法を考えんとあかんなあ。 しょうもな! しつれいをば!

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

九度山暮らしのある日、奈良、五條市、洋食「ひまわり」でカツカレー。

九度山暮らしで居るときはあんまり外食をしない、というかほとんど外食をしない。 美味しいとこ少ないやんというのもその理由の一つだ。たまには洋食でも食って みるかと隣の五條まで足を伸ばしてみた。 隣の市と雖も近いはずやと思ったら意外と遠かった。 山の手の住宅街の真っ只中にある瀟洒な洋菓子店といった雰囲気のお店だった。 行列必至ということで覚悟して行ったんやけど意外と席があったし、お店の前の 駐車場も空きがあったんで楽々入場できた。

しかし、中に入って寛いでるとどんどん混んできたんで、有名店であることには 間違いない。 で、メニューを見るとおいしそうなランチセットが一杯あるんで迷ってしまうけど 迷わずカレーにしよう。ポークヒレカツカレーというのがうまそうだ。 全てにスープとサラダがつく。 スープは普通、サラダはキャベツ。 カレーがきた。

とても美味しそうだ。 まずカツからいただく。表現は芸の無いステレオタイプ、サクサク熱々でとても美味しい。 カレーも熱い、カツも熱いんで違和感なく食べれる。肉は結構柔らかい。 カレーはオーソドックスな欧風カレーやけど意外と(失礼)スパイス感がしっかりしてる。 なかなかええ感じだ。 ということで、サクッ、ペロッっと頂いてしまった。 お店の方の対応もよくてとても居心地のよい時間をいただいた。 ご馳走さんでした。

店名 「ひまわり」 ジャンル 洋食 住所 五條市田園3−20−4 電話 0747-23-0535 営業時間 11:00-15:00 17:00-21:00 定休日 火曜、第三月曜 メニュー 日本語 言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

ひまわり (洋食 / 五条駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.2

[Translate] […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-38、貴陽で晩御飯。

さて、昼飯の話をしたら、続いてすぐに晩飯の話をするなんてその間いったい何を しとったんやろかと自分でも不思議に思うけど、日記を紐解いてみるとやっぱり 間違いはない。実は朝からあちこち回ってたんで昼飯を食い終わったのが大体 14:30頃だ。それから、貴陽まで約300kmの大移動だった。ということで、その 間はバスに乗ってひたすら高速道路を走ってただけなんで殆ど何の記憶もない。 多分、うとうと寝てただけなんやろと思う。5時間以上かかって、貴陽についたら ここは大都会だ。信号があるし、渋滞がある。ぐるぐる回ってホテルに入る。 チェックインを終えたらすぐに晩飯を食いにいく。 バスに座ってただけやけど腹は減ってる。なんもせんでも時間が来たら飯を食い たくなるのが人間の哀しさなんやろか? それは、どうでもええけど、レストランまではバスで送ってもらえるらしい。帰りは タクシーで問題ない。 着いたところは貴陽の裏町、露天通りみたいなとこ。

こんなとこ大好きやんか。 ここで飯くいたい。

とは言うものの、2人、3人なら別やけど、10人以上の大所帯で安全に飯を食える とこを探すのはとても難しい。

しかも時間が遅いんで地元料理のレストランも無理やと言う。しかたなく、広東料理の お店に入る。広東料理がまずいわけではない。むしろ美味しい。どこに行っても 広東料理やったら穏やかで食べやすいから日本人の口にはあうのだ。

茅台酒はとても高いけど茅台ビールは安いんで安心だ。軽いしガブガブ飲める。

で前菜はもやし炒めみたいなやつ。もやしではない。

これはオクラ、とても美味しい。

干しエビとシシトウ、これもとてもおいしい。

これは豚肉のハムみたいなやつ。甘めの味付けやけど肉肉しくておいしい。

広東料理ではとてもポピュラーなユリ根の炒め物。

あっさりして食感がいい。とても美味しい。 こちらは小エビの炒め物。

エビの風味が生きている。これも美味しい。 これはクルミと野菜の炒め物。

上品な味わいだ。 キノコと山芋の炒め物。

食感がとてもいい。 よく似たような料理やけど、味付けと食感の違いで飽きさせない。 つぎはキクラゲの炒めもの。

普通やけど美味しい。 これもよくある、普通の酢豚、けどとても美味しい。

魚肉の甘酢揚げ、

[…]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-37、茘波、小七孔橋景区で昼ごはん。

大七孔景区、小七孔景景区共通の入場センターのとこに帰ってきた。ここで昼飯を食う。 こんな観光地区真っ只中で飯は食いたくないんやけど、飯だけのためにどっかの 街に寄るというのもあまりにもわがままなんでここで食うことにする。 よう見たらレストランも沢山ある。ガイドさんが見に行って言うことには、2つの 選択肢があるようだ。 一つは、典型的な大手の観光地レストラン、団体がゆっくり入れるけど料理はお決まりで 最低料金の設定がある。もう一つは、地元の小さな食堂で、ゆっくりできるかどうかは わからんけどなんでも好きなものを注文できる。 これは迷わず小さな食堂だ。見て見たら結構清潔そう。席も二箇所にわかれるけど 何の問題もない。ここにしよう。団体観光客というよりは庶民向けみたいやから とてもいい。 メニューは無難なやつしかなさそうやけどそれはやむをえない。

チャッチャと食べれたらよしとしよう。メニューページはもう一枚あったけど撮り忘れた。

とりあえずビールをいただく。

缶ビールしかないのはそれは問題ない。冷たいやつがあるのも問題ない。問題ある のは冷やしすぎてカチカチに凍っているということだ。氷のままでは飲みにくい。 いくら逆さに降っても液体が落ちて来いへん。これは困った。プルリングを開けた まま箸でつついたりいろいろやってみるけどだめだ。タライをかりて水につけて おこう。しばらくの我慢だ。 最初は青椒肉絲。簡単明瞭、分かりやすい。

味も分かりやすい。とても美味しい。 酸辣豆腐みたいなやつ。

麻婆豆腐ではない。そこそこ美味しい。 ビールがなかなか溶けへんから腹が一杯にならへん。 次はチャーハンを食べる

これは美味しい。やっぱり中国のチャーハンは中国のコメが合う。軽くてサラッとしてる。 ビールが少しずつ飲めるようになってきた。まどろっこしい。 つぎはキャベツ炒め。

見た目そのまま、けど以外と美味しい。 最後にトマトスープ。

めっちゃ分かり易い、味も見た目も。それは美味しいってこと。 最後はビールも普通に飲めて?? 美味しい昼ごはんであった。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

京都、西院、「祇園 らあーめん 京」の「神様の中華そば」

いつものように篆刻の勉強で西院に来ている。さて、いつものようにどこに行くか 迷う。近いとこは殆ど性はしたかもしれんけど、遠いとこは面倒くさい。ところが 不思議なことに近いとこに新店ができたみたいだ。 ラーメンの新店が最近できたと何かに書いてあった。では早速行ってみよう。 でも、人気の店らしいんで行列やったらいややなあ。 阪急西院の駅を通り過ぎて四条通りをもう少し西に行く。真新しい幟と暖簾が見えた。 「祇園 らあーめん 京」って書いてある。

へえ、すごいなあ京都の洛中真っ只中から進出してきはったんやわ。 中に入ると、芸妓さんか、舞妓さんかわからんけど、名前を書いたうちわがある。 祇園のお店によくあるやつらしい。こういうのってようわからんけど特別な店や ないと飾られへんのやろか? まあ、ラーメン食うんやからあんまり関係ないけど。 でメニューを見る。

ついでにオススメを聞いてみると、「神様の中華そば」とかいうやつがええそうだ。 えらい大層な名前やけど大丈夫かいな。そういえば特製アゴ出汁でどうのこうのと 看板にも書いてあった。これを頂こう。ついでに餃子も。 新規開店の店やのにまだ認知度が低いのかけっこう空いていて、あんまりお客が 入ってきいへん。 いつものようにうだうだと喋ってたらラーメンが来た。

見た目が美しい、すごく美味しそう。 食ってみても良い出汁がでてる。京風のあっさりしたなかに旨味が漂う。若い人には 少々パンチが足らんかもしれんけどわしら年寄りにはちょうどええ。麺も細麺で 硬すぎず柔らかすぎず、しなやかでツルンとしてる。 特別ではないけどおだやかで納得できる味やと思う。 餃子がきた。というか先にきてた。

熱々で美味しい。特別ではないけどパリッとして、いける味だ。 どれも普通に美味しいけど、京都はどこに行ってもラーメン激戦区みたいで、西院も ラーメン屋さんが沢山ある。通りすがりのラーメン好きにはどんな店が勝ち残っていくのか 大変やろけど興味深い。 バトルが多いほどわしらにはありがたい。 失礼な話やけど。

店名 「祇園 らあーめん 京」 ジャンル ラーメン専門店 住所 京都市右京区西院巽町4 電話 075-315-3850 営業時間 [月〜土] 11:00-翌01:30 [日・祝] 11:00-23:00 定休日 無 […]

京都、祇園四条、「熱帯食堂」のスペシャルランチ。

この日は祇園四条界隈で友人のグループ展があった。いつもの旅行メンバーが 集合して一緒に行くことになった。南座の前で待ち合わせ。ついでにランチも しようということに。さて、どこに行こう。繁華街、観光地の真っ只中やから 行くとこはどこでもある。けど、いかにも観光客向けのお店は避けたいし、 行列はいややし、6名すぐに入れるとこってあるやろか? もしかして役に立つかと食べログの情報を印刷してきてあった。 わしはスマホを使わないんでこういう準備が必要なのだ。 見ると、近くに「熱帯食堂」というのがあって、開店直前だ。電話して見たら okと言ってくれた。ありがたい。 目の前の四条大橋を渡ったとこにある。ちょっとだけおしゃべりで時間を潰して ビルの7階にあがる。エレベーターを出たらすぐ店の中だ。

電話をしておいてよかった。しばらくしたらどんどんお客さんが来はって、 あっという間に満員になった。

で何を頂こうか? メニューをみると「熱帯スペシャルランチ」というのが 美味しそうでお得そうだ。しかも食べログの地図をみるとクーポンがついていて 1500円→1300円になる。ええなあ、これに決定。 ついでにビールもいただく。

旅行の話をしながら盛り上がってるうちにお料理がきた。

グリーンカレーが甘くて辛くてコクがあって、とても美味しい。

トムヤムクンも酸っぱ辛くてとてもいい。

バリ風焼き鳥や唐揚げ春巻きもええ感じだ。 前も来たことがあるけど、エスニック風な内装で、落ち着ける居心地の良い店だと思う。 旅の話も盛り上がったし、準備完了、グループ展を見に行こう。

店名 「熱帯食堂」 ジャンル タイ、インドネシア料理 住所 京都市下京区橋本町109 サピエンス四条木屋町ビル7F 電話 050-5590-6471 営業時間 [月・水〜金] 11:30-15:00 18:00-23:00 [土・日・祝] 11:30-15:00 17:00-23:00 定休日 火曜日 メニュー 日本語 言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 […]

大阪、我孫子、「インドネシアン、スープカレーRAMAI」のスープカレー

我孫子という言葉が浮かぶ度に、「地下鉄が出来た頃はほんまになんもなかった。 駅を降りて地上に上がったら草っ原が広がってるだけやった。」って思い出すのと セットになってる。実に感慨深い。 今は草っ原どころかとても賑やかな大都会の街角だ。住宅も沢山あるし、食べ物屋 さんも沢山ある。激戦区かどうかは知らんけど、有名なラーメン屋さんもある。 うどん屋さんもある。洋食屋さんもある。美味しい店がいっぱいあるし、まだ行った ことない店も沢山ある。 昔のことは知ってるけど今は通り過ぎるだけやから詳しくはわからへん。 で、このあたりに美味しいスープカレーの店があると聞いた。インドネシアの味 らしい。 店の名前は「インドネシアン、スープカレーRAMAI」。気持ちがそそられる。 地下鉄我孫子駅を降りて、すぐ近く、我孫子筋の一本東の通りにある。

店内はかなりエスニックな雰囲気だ。それぞれの席が個室風になっていてその薄暗さが 結構落ち着く。

メニューを見て見る。

フィッシュフライ、1日10食限定とある。やっぱり限定とかあんただけよっていうのに 弱いんでこれを頂こうとおもうけど、クドいほどのボリュームとも書いてあるのがちと 気になる。これ以上のトッピングはいらんやろ。 スープの量はレギュラーで、ご飯はSにしよう。辛さは細かく選べるみたい。様子が わからんから常識ある辛党レベルのチョバということにして頂く。神も恐れぬデヴィ フジンというランク10のレベルっとどんなんやろ? 気にはなるけど試したくない。 更に辛さ調整もできるのか?

待つことしばし、カレーがやってきた。野菜が一杯、美味しそう。

ご飯も一緒に、

美味しそう。 フィッシュフライも到着。

これまた美味しそう。やっぱりボリュームたっぷりやね。 スープカレーって どやって食べたらええかわからんので普通に三角食べからスタート、 カレーは野菜が ザクザクはいっていてとても美味しい。フィッシュフライは確かに くどいほどの量がある。時々カレーと混ぜて食わんと気持ちが萎えてくるほどだ。 ごはんはカレーと混ぜて食った方が美味いかもしれん。辛さはフレッシュ唐辛子の せいか強烈ではないけど良い感じに利いてくる。アジアによくあるスパイスの香りも しっかりあってとてもホット なスープが体に沁みる。混ぜたり別々にしたり、いろいろ 試しながら汗をかきつつ頂いた。

ご馳走さんでした。

店名 「インドネシアン、スープカレーRAMAI」 ジャンル スープカレー 住所 大阪市住吉区苅田7−12−5 電話 […]

九度山暮らしのある日、柿の季節がやってきた。

九度山の町の中を歩いていると、柿畑が目立ってきた。畑は前から変わらずにあるんやけど 柿が実ってきたんで目についてきたのだ。

それにウォーキングのコースで農道を歩いているとやたらとコンテナを満載した 軽トラックに出会う。次々に追い越してきて選果場に入っていく。この文がアップ されることはこのあたりの美味しい柿がどんどん出回って居る頃やと思う。 前から知ってはいたけど九度山は柿の名産地だ。テレビ番組でもよく紹介されて居るし、 各地からわざわざ買いに来る人も多い。 富有柿はすばらしく美味しい。

九度山暮らしをするようになってから新鮮な野菜もそうやけど季節ごとに美味しい 果物が手軽に手に入りやすくなったのがとてもいい。 ミカンの季節はみかんがふんだんに手に入る。夏みかんや八朔の季節もある。 桃の名産地、紀の川市の荒川も遠くはない。近くの選果場に行ったら、甘くて瑞々しい やつが箱に山積みされて並んで居る。これが又素晴らしく美味しい。皮ごとでも 食べられるそうやけどやっぱり皮がないほうが食べやすいとわしは思う。 それが終わる頃ブドウが出て来る。これまた選果場にいくと、ぷっくりと美味しそう なのが箱に入ってわしらが行くのを待っている。岡山のブドウも有名で、買いに 行って食べた事がある、とても美味しいけど、和歌山のも引けをとらないのでは ないやろか。ブドウはやっぱりタネ無しが食べやすい。パクッと口にいれて皮を つまんで出す。暑い時の水分補給にとても良い。 その後は、梨が出て来る。これまたわしの大好きな果物だ。隣の奈良県でおいしいやつ が獲れるらしく、甘くてジューシーなのが沢山手に入る。 柿がでる少し前には栗が出て来る。頻繁にはでないけど、時々農家でとれたやつが 出荷されるときがある。これは茹でて食べてもいいし、甘く煮てもいい。栗ご飯に して食べるのもオススメだ。 そして、柿の季節。 やや硬めのうちにサクサクっと歯ごたえも楽しみながら甘さも楽しむのもいいし、 熟れてずるっとなってきたやつをニュルっと頬張るのも面白い。 家の庭にも柿がなってるけど、これは渋柿。いつまでもある。

こないだ教えてもらったように、甘くする呪いをかけて食べてもええし、 手間はかかるけど干し柿にして食ってもいい。 こうしてみると年中なにかしら美味しい果物にありついている。 大阪暮らしではあんまり気がつかへんかったけど身近に豊富に果物があるって 結構ありがたい。 さけばっかり飲んでる場合ではないのだ。 でも、気をつけんと果物やから、カロリーが低いから、太らへんと思ったら 大間違い。糖質が結構攻撃して来るみたいだ。いつまでたっても痩せることは なさそうだ。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

京都、錦、「天ぷら酒場 たね七」で昼飲み会。

昔の水墨画仲間で久しぶりに飲み会をやろうかと言う話が持ち上がった。というか 勝手にわしが盛り上げて迷惑かけたかもしれん。まあともかく、京都へ集まろう。 昔は、絵の話とともに某老師の悪口を肴にあれやこれやと盛り上がった仲やけど、 最近は4人集合という場面がとんとなくなった。久しぶりにやっぱり絵の話と、某老師の 悪口を肴に昼酒を楽しもうではないか。 で、どこがええかネットで探して見たら、最近オープンしたらしい天ぷら屋さんが 見つかった。錦市場の近くにある「天ぷら酒場 たね七」という店だ。待ち合わせ にも便利でちょうどええ。で、もう少し調べてみたら、 「たね七の天ぷら飲み会プラン飲み放題付き 2980円」というメニューがある ではないか、えらいお得感がある。ということで予約完了。 大丸前で集合して、四条通りを東に少し、堺町通りを北に少し、錦市場の通りに 出る前にお店がある。

昼酒やから思ったほどは混んでない。 で、メニューはこんなの。

わしらが頼んだのはこちら。

まずはビールで乾杯。飲み放題やから、気にせんとどんどん飲める。 けど飲み過ぎに注意、注意。

料理はメニュー順にくる。 最初はポテサラ。

久しぶりに会った4人やから、やっぱり盛り上がる。とりあえずは水墨画仲間、 一旦休憩中の人もいてるけど、興味は失ってないし、某老師の話の最近版も 興味がある。 酒のアテに塩キャベツ。

これはとても美味しい。おかわり自由やから何度かお代わりしてしまった。 で、お造りは、カツオのタタキ。

お酒もどんどんお代わり、次はハイボールにしよう。

いよいよ野菜天ぷら盛り合わせがきた。

これでドーンと重たくなる。話は軽い。酔えば酔うほど盛り上がる。 つぎはフライドポテト、

スパイシーで酒が進む。 しかし、年寄りには結構重い。天ぷら系、油系を先にしてもらった方がよかった なあって弱音がでる。 それをよそに、油マックス、鶏モモのわらじ天タルタルソースやって。

おいしいけど腹一杯やで、 更にメインの海鮮天、エビ、キス、イカ、やっぱりこれ先がええなあ。

酒は飲めるけど食うもんはきつい。 最後はシメにぶっかけうどんをいただく。

とても美味しい。 若者向きの物量に圧倒されたけど、お酒もたっぷり飲めたし、コストパフォーマンス […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-32、茘波に行って晩御飯。

昼ごはんを食ったらすぐに移動だ。次は茘波と言う街に向かう。ここから、約230キロメートル の彼方にある。かなり遠い。又もや延々とバスの旅だ。 バスの旅には驚きも、感動も、事件も殆どない。(あったら大変)。ただただ 淡々と高速道路をすすんで目的地に着く。(なかなか着かへんけど)。 昼に出て、着いたらもう夕方だ。ここは茘波という街、とても中途半端なとこだ。 機能的で都会的な街ではない。かと行って古きよき時代を偲ばせる古鎮でもない。

晩飯前に古鎮もどきの商店街を歩いてみても、それはただの商店がで面白くも なんともない。味気ない上に雨が強くなってきた。明日が思いやられる。 ということで早々に晩御飯。 あんまり、これといったご飯屋さんが見当たらへん。不満ながらホテルの隣の レストランに入店。 少々不満ながら、何故か理由はないけど、食べ始める。 ビールのアテ、前菜のキュウリ、

意外と美味い。みずみずしい。 ベーコンとタケノコを炒めたやつ。

とても美味しい。なんで不満か思い出した。この店は地元料理ではなくて広東料理系 の店なのだ。辛くなくてマイルドな味、日本人の口の合うはずだ。 つぎはワカメみたいな野菜のサラダ。

食べやすい。けど写真写りが悪い。 そしてやっぱりご飯、写真写りが良い。

分かりやすいニラ玉、あじも分かりやすい平凡さ。

モツ系の肉とネギの炒め物。

美味しい。 これもモツ系の肉と香草炒め、とても美味しい。

野菜炒め、普通に美味しい。

これは珍しい、パイみたいな料理と野菜をクレープみたいなのに包んで甘味噌を つけて食べる。美味しい。

やっぱり広東風やね。 鶏肉とトマトのスープ。

とても分かりやすい味、美味しい。 これも肉味噌をパンに挟んで食う。まさしく広東風。

写真写りが悪い。 椎茸の野菜炒め、分かりやすい、食べやすい。

ということで、せっかく貴州、茘波に来ていながらご当地料理を味わえなかったのが かなり不満ではあるけど、食事としては美味しかった。 いつもわがままばっかり言うてたらあかんのだ。 ごちそうさんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[…]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-31、西江千戸苗塞で昼ごはん。

さて、舞踊ショーを見たら腹が減った。昼飯の時間をかなり過ぎたからでもある。 昼飯を食おうと歩いていたら、路上市のようなものに遭遇した。少数民族の人たちが 自分たちの野菜やなんかを持ち込んで売っているみたい。

これやがな。こんな風景がわしは一番好きなのだ。 じっくり見て行きたいけど、なんとなくそれができにくい場所にある。見てたり スケッチしたら目立ってしまう。しかたない。よう覚えとこう。 こんなんええなあ。

もう少し行くと、何やろ、少数民族のおばちゃんが何か売って、文句を言われてるんやろか?

値切られてんやろか? 良い雰囲気でないことは間違いない? ひどい目にあってなければええんやけど、わしにはどうも出来へん。 で、まあ、なんだかんだで今回も簡単な昼飯にしよう。

店の名前が「重慶小面」、重慶の簡単麵屋さんみたいなとこかな? 美味しそう、辛そう。 皆さんはあんまり辛くないやつを、わしは一番辛いやつを。

麻辣麵というやつだ。辛さ抜群、花椒も入ってる。辛さが奥深くてキレがある。 風味もとても良い。この地の野菜も入って、豆のようなものも入って、ネギの 風味もあって、いろんな味が楽しめる。麺は細麺でゆるゆる、ニュルニュルでは なくてつるんと腰がある。とても美味しい。 麵だけでは寂しいんでガイドさんに頼んで近くの店から包子(豚まん)と

水餃子も買ってきてもらった。

とてもわがままだ。 でも美味しい。こういう昼飯はレストランで食うより気がきいてると思う。 中国ではやっぱり餃子は水餃子で、焼き餃子は基本、やってないし、水餃子が それしかないからという意味ではなくて、やっぱり美味しい。 久しぶりに辛い料理を堪能した。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

大阪、石橋、「喫茶ラクタ」の辛口キーマカレーを頂く。

外食って、偶々、そこにある店に行って食べたら美味しかったっていうのはとても 運がええし、そういう程度で気楽に食うのがええんかもしれん。しかし、今日は○○へ 行こうとか決めて行って、そこが臨時休業だったりするとがっかりだ。昨日はそんな ことが連続して起こった。友人たちと行った最初の店は有名なカレー店、何故かいきなり定休日変更、 「そんな連絡なかったで」、あるわけないけど、しからばと2軒目に行ったのはグリーンカレーが 食えるチキンの有名店、「あれっ、潰れた?」、しかたなくそこらにある和食店で海鮮丼を 食べたけど、お店の対応最悪、味も最悪、散々な日やった。 1日あけて、この日は、いい天気。悪いことが起こりそうにない。 では、昨日食い損ねたんでやっぱりカレーを食いに行こう。 いっそ遠くに行ってみよう。 阪急石橋にとても美味しくてスパイシーな「喫茶ラクタ」というお店があるらしい。 石橋駅周辺はたまに来るけどいつ来てもややこしい。地図を頼りに分かり易そうな道を進む。 一旦商店街に入ってそれを右に抜けて、大通りに出たら北の方に行ったら一本道のはずだ。 どんどん歩く、もうじきかな? そろそろやろ? あれっ、行きすぎたか? なんぼなんでも遠すぎる。地図を見直して、やっぱり行きすぎた ように思う。では戻ろう。 ええっ? ほんまにあるの? ようみながらゆっくり歩く。もしかして、まさか?

非常にわかりにくい、ドアが一枚の何の変哲もない入り口。これか! openってしっかり書いてる。 このセンス、抜群にかっこええやん。 素晴らしい。中に入るといきなり真っ暗、でも空席があった。メニューも読める。 この暗さはとても居心地良い空間になっている。皆さんゆったりと寛いではる。

水をいれる容器まで拘ってはるみたい。ええ感じだ。

では、辛口キーマカレーとチャイのセットをいただこう。 ご飯は少なめ(200g?)で、チャイは熱いのを。 「相当辛いですよ」、「大丈夫!」って言い切ったものの結果は私のとって結構チャレンジであった。 カレーのお皿が目の前にきたとたん強烈なスパイスの香りががーんと立ち上がる。

これはすばらしい。食べ進むにつれた汗がどんどん噴き出す。口の中がガシガシする。とても良い。 香りと辛さがぐんぐん押してくる。とても美味しい。久し振りに強烈なやつを頂きました。 チャイもスパイシーでとても美味しかった。

ご馳走さんでした。

店名 「喫茶ラクタ」 ジャンル 喫茶、カレー 住所 池田市井口堂3−2−12 電話 080-3833-1340 営業時間 [木〜金] 11:30〜15:00 18:00〜20:30 [土~日] 11:00~15:00 […]