九度山暮らしのある日、絵絹を枠貼りして絵を描いてみた。

先日、滋賀の佐川美術館で田中一村の展覧会を見てえらく感動した。 最初は、奄美大島に暮らして、南国の極彩色の風景や素朴でおおらかな人の暮らしを アンリ・ルソー風に描く異色の日本画家なんて勝手な先入観で見に行ったけど とても本格的で正統的な南画系の水墨画をずっと描いて来た人で、その技量たるや 本当に感動的にすばらしいと思えるものであった。 それで痛く刺激をうけたんで、久しぶりに絹本に絵を描いてみたくなった。 そこでつらつらと考えた。 今まで絹本に絵を描くのは実に我流で、中国で買った絵絹を適当に裁断して、 呼吸を整えたら、そのまま描き始める。 呼吸は整わんでもええけど、よく言われる板貼りもしないし、ドーサも引かへん。 絵絹が墨の水分を直に吸ってボコボコになるけど構わずに描く。 それでも裏打ちをするとぴしっと仕上がるんで問題ない。 どうもこういうのが中国流らしい。万事適当、おおらかなとこがそう思える。 杭州の美術学校でも、絵絹への描画を正式に習ったわけではないけど、見てたら そんな風にやってはった。 で、この度考えたのは、やっぱり細かいことにこだわる日本流でやったみたら どうなんのやろ? 下手でもちょっとましになるんとちゃうやろか? 馬子にも衣装と 言うやないか? ということで絵絹の板貼りドーサ引きに挑戦してみることにした。 日本流にやったら果たしてどんな絵ができあがるやら楽しみでもある。

というてもどうしたらええんかようわからん。 ようしたもんでネットで検索したらいろいろ出てくる。画一的でないのが又 面白い。適当に取捨選択してやってみるしかないようだ。そのうち自分流が見つかるやろ。 とりあえず、木枠が必要だ。 其の辺にあった棒きれで作ってみた。もひとつ気に入らん。適当に棒切を選んだのが あかんかったみたい。板材を買い直すか、それより既製のキャンバス貼り用の枠を 買うたほうがええんとちゃうやろか? ということで画材屋さんに買いに行った。今回は小さい絵を描きたいんでF3用だ。 作品がF3やと枠は3サイズ大きくF6が丁度ええみたい。バラしたやつを買ってきて 家で組み立てると運びやすい。 後はこれに絵絹を貼って乾かす。 枠に合わせて絵絹を切る。裏表と方向が大事だ。絵の縦方向に絵絹のロール方向を 合わせる。(伸び縮みの関係で織り方向を合わせるのが大事だという) それと、ロールした絵絹の内側が表なのだそうだ。 先に枠に捨て糊と言うて糊だけを刷り込んで乾かしておく。 (さしたる意味はわからんけど、そうしておく) 乾いたら絵絹をおいて、ピンかなんかで止めて、弛まんように周囲に糊をつけていく。 不思議なことに糊は絵絹の上からこすりつけるのだそうだ。 信じられへんかったけどやってみたらうまくいった。 因みに糊は、麸糊って書いてあったけど裏打ち用の和糊を使った。 こんな感じになる。

少々にシワは気にせんでええと書いてある。わしは気にしたほうがええように思った。 それで乾かす。 十分に乾かすのが大事そう。 乾いたら今度はドーサを塗る。 ドーサっていうのは膠液を薄めてちびっとミョウバンを入れたやつだ。どれくらいに 薄めるかは極めて適当にやった。 何のためかと言うと、墨や絵の具の塗る時の滲み止だ。水墨画は滲んだ方がエエ場合が 多いし、わしは其の方が好きなんやけど絵絹の場合は滲んだらボコボコになるんで ドーサを引いたほうが綺麗に絵が描けるとおもわれる。 […]