ブログ村ブログパーツ

京都、三条、寺町通、「三条パクチー」のランチ

先日、友人が油絵のグループ展に出展されているのを別の友人と見に行った。いろんな方の 油絵も一緒に見せていただいて久しぶりにいい刺激と目の保養になった。今年も 人物像が冴えてるなあって思った。それで、ちょうどお昼時、というかわざと お昼時を狙って行ったんやけど、近くは三条の繁華街、いくらでもお昼するところは ある。どっかで食事しながらビールで飲もうということに話はまとまったというか 最初からまとまっている。 さて、どこで飯をくうか、どこでもいっぱいあるんやけどこの日はわしのわがままを 聞いてもらってアジア飯を食いに行った。 ギャラリーから2筋ほど東に行った寺町通りにある「三条パクチー」というタイ料理屋 さんに行こう。ここはもう外観からしてアジア飯だ。

厚手のビニールカーテンの入り口、タイ文字の看板、アジアの風が吹いてきた。 店の中もいかにもアジアという風に雰囲気づくりがされていて、これでパイプ椅子、 パイプテーブルやったら完璧なんやけどそこまではいかへん。 では、とりあえず、タイに敬意を評してシンハビールをいただこう。

うん、とてもおいしい。気分は一気にタイランド。暑い時はビールに限る。 冷えたやつが滲み透る。 メニューをみると、お得なセットがある。確か、バンコクランチって書いてたと おもったけど、ネットで確認したらプーケットランチってなってた。内容は同じ、 まあ、名前はどうでもええ。その内容とは、こんなの。 とりひき肉のバジルチリ炒め、ハーブ風味鶏唐揚げ、具沢山の揚げ春巻き、生春巻き、 グリーンカレー、鶏のトムヤムスープ、ライス、デザート。 これで1000円ちょいやからえらいお得感がある。

おいしそう。目玉焼き乗せはオプションだ。 いっぱいあるんでどこから食べるか迷ってしまう。まずご飯のうえの目玉焼きを潰して、 周りのおかずを混ぜながら食べる。アジアンな香りが口いっぱいに広がる。 とてもおいしい。ナンプラーやら唐辛子やらお約束の調味料もかけながら味の 変化を楽しみつついただく。グリーンカレーはコクがあって、辛くて甘くてムニャムニャ しておいしい。トムヤムスープは辛くて、酸味があって独特のタイの風味があって おいしい。ひき肉炒めも唐揚げもどれもこれもおいしい。 ビールがすすむ。 やっぱりアジア飯はええなあ。 それにしても量が多い。お腹いっぱいになってしまった。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

三条パクチー (タイ料理 / 京都市役所前駅、三条駅、河原町駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.5

[Translate] […]

堺市、大小路、居酒屋、「喰ま呑み」で又、一杯やる

この店、相変わらず近くて遠い。爺さんやからあんまい飲みに行かへんのと、 堺の家から比較的近いはずやのに交通の便がよくないからもある。しかしまあ、 なにがどうなってても行く気にならんと行かれへんのだ。 で、この日はとうとう行く気になって、南海高野線で堺東まで行ってそこから 歩くというコースを選んだ。雨がぽつりと来たけど傘を持ってない。このまま 降らずにがまんしてくれと祈りながら先を急ぐ。 飲み始めるには少し早い時間なんで途中、途中の居酒屋さんもまだ開いてないか お客さんがいないか、賑やか感が殆ど無い。 そのまま商店街を少し抜けて右に曲がると、アジア屋台風のビニールシートが 見える。あいかわらずそそられる外観だ。

時間が早いんで先客は1組だけ。ずずっと奥に入る。それはええんやけど、どんどん 席は埋まって行くんで出るのが難しくなる。 とりあえずビールをいただく。

みてるとお通しをあっためてはる。これがまたすごい。

ミネストローネみたいな具沢山のスープだ。爺さんはこれだけで腹一杯になって しまいそう。しかも美味しい。野菜がぐだぐだに煮込まれてええ甘みと出汁に なっている。あてはいらんなあと思いつつそうもいかんと思う。 ビールをハイボールに切り替えた後、マグロの刺身を頂く。

新鮮でおいしい。 酒がいくらでも飲める。といいつつほどほどにする。お客さんが次々と来始めたんで 注文がどんどん入る。それを見てると自分も頼んで食べてる気になって来て、 その気分をアテに飲んでしまってるらしい。合間をみてわしのも頼む。 ここの揚げ豆腐は素晴らしく美味しい。

豆腐を切って目の前で揚げてくれるんで熱々でほかほかジュルジュルでふわふわだ。 ここの料理は美味しいんでまだまだ色々頼んで見たいんやけど、他人のアテを見ながら 飲んでるうちに酔ってしまった。爺さんは酒に弱いのだ。 で、そろそろ締めのカレーの分のお腹を使わんとあかん。 カレー下さい。

これが又素晴らしく美味しい。 「カレーの味変わりましたか?」と聞くと、「チキンを使ってちょっとコクがでましたか?」 とおっしゃる。コクもあるし酸味も強く、わし好みだ。 スープの中でホールスパイスがガシャガシャと口に入る。 これが居酒屋さんのカレー?と驚くほどの完成度やんか。色々研究してはるみたいやから どんどん変わっていくんやろか。楽しみやなあ。

盛り上がる前に締めてしまったけどお腹は一杯だ。

ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

喰ま呑み

関連ランキング:居酒屋 | 大小路駅、宿院駅、花田口駅

[Translate] […]

雲南省、棚田、少数民族、奇観絶景の旅-61、孔乙己酒家で昼ごはん

さて、今日は忙しい。朝から買い物もしたいし、美味しいモンも食いたいし、なんて、 買いモンでも飯でも、それなりに場所やスケジュールにあわして適当になりゆきで 済ましたらええようなモンやのに、つい難儀な性格であれもこれもと少ない時間 の中であくせくしてしまう。 今日のお昼は孔乙己酒家という老舗のレストラン。今となっては随分観光化されて しまってるけど、古い上海や紹興の料理を食わせるということやし、未だに残る上海 の下町、里弄(リーロン)の小汚いけど、懐かしいけど、やかましいあたりの 真っ只中にあるんで結構情緒がある。それになんと言うても美味しい紹興酒を 量り売りしてくれるのだ。やっぱり無理しても行ってみたいというか、同行の 友人たちにも、「どや!」顔をしてみたかったようでもある。 で、今から地下鉄に乗って老西門まで行く、そこからまだ歩く。えらい遠いのだ。 時間が気になるんで早足になる。 着いたかな? 昼間は別にどうってことはない汚らしい裏街の食堂だ。

夜やと、前の写真があるけど、結構ええ雰囲気なんやけど。

中に入ると、昼も夜も同じ光景だ。当たり前やけど。 で、2階席に案内される。個室ではないけどそのほうが開放感があってええと思う。 壁に料理の名前と値段が張り出されてるのが古めかしくてエエ感じだ。写真を 撮っといたらよかった。 時間に余裕がないんでとりあえずじゃんじゃん注文してどんどん食おう。 店の名前の孔乙己は言わずと知れた魯迅の小説の主人公で、魯迅の故郷、紹興の街角の 居酒屋で呑んだくれて酒をせびる学者崩れの男の名前からとったもんやから、 料理も酒も紹興に縁があるんで、どちらかというと甘くてコクがあって悪くいうと スタイルが古臭い。けど美味しい。 最初にドンとでたのは、高菜のような葉っぱを発酵させて煮込んだ豚肉を包んだ というとっても凝ったやつだ。

これがまた美味しい。酒にあう。 おっと今回は上海蟹を食ってみよう。(これが失敗時間がかかりすぎた) まずブツをおがんでから茹でてもらう。

つぎは、何の野菜かわからんけど練りこんで揚げたやつ。フワフワカリカリで 中はさくっと柔らかくてとても美味しい。

多分青唐辛子やとおもうけど、炒め物。ピリ辛でとても美味しい。 わしの好物だ。

これもわしの好物。イシモチ(中国では黄魚)の油煮、抜群に美味しい。 あっさりした白身であるが、コクがあって味が濃い。

紅焼鴨?やと思う。紹興酒につけた肉を炒め煮すると紅焼なんちゃらと言う。 これは鴨肉だ。老上海の料理だ。とても美味しい。

いつもの卵焼き、本当は臭豆腐が中に入ったやつが食いたかったんやけど品切れ中 だった。フワフワ、熱々でとても美味しい。

これはカニミソ豆腐。贅沢な味だ。

時間がかかったけどやっと上海蟹がきた。美味しいけど食うのが面倒だ。

中国では黒酢につけて食べる。手がネトネトになる。昔ほどの感動は失せたなあ。 やっぱり日本の蟹が一番うまい。当然ではあるが。 […]

雲南省、棚田、少数民族、奇観絶景の旅-57、昆明で昼飯

朝飯を抜いて早めに出発した甲斐があって昆明には予想より早く着いた。これで 昼飯は美味しいレストランを選んでゆっくり食べれる。今日はこのあと、昆明 空港に行って国内線で上海まで行かんとあかん。時間がない場合は先に空港まで 行って空港内でなんか食べるか、もしくは我慢して機内食でお腹を満たすという 段取りやったんでありがたい。 それで、何を食うかと言うと、どうせならやっぱり地元飯がええ。 雲南省の農家飯を食わせるとこに行ってみよう。

流石、昆明市は大都会だ。おしゃれな店がある。 ビールまでオシャレではないか。

このスープとても美味しい。

これは水煮魚? 四川省の本格的な味わいにはかなり遠いけど、ヒリヒリと辛い。

白身魚がとても美味しい。 お餅もおいしい。甘味噌餡みたいなのをつけて食う。

空芯菜はシャキシャキでニンニクが効いておいしい。

特大卵料理、ふわふわでおいしい。中の野菜も美味しい。

中国では珍しい焼き餃子。

熱々パリパリでおいしい。大きくて具沢山なのがいい。中国の餃子らしく皮が美味しい。 ニラの入ったタレも良い味だ。 今回はついわがままをだして辛い注文が多い。これは鶏肉の唐辛子炒め。

小粒の鶏肉に唐辛子の味が沁みてとても美味しい。 次は麻婆ナス。

見た目ほど辛くはない、日本人の好きそうな味付けだ。 これは面白い。パンのようなモノに自分で具を詰めて食う。

パンも美味しい。具も美味しい。 ちょっとした高級店やったんで味は中々の優れものやった。 お腹が一杯になったんで、上海到着が少々遅くなっても大丈夫やろと思う。 ごちそうさんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

京都、哲学の道、「㐂さ起」の湯豆腐

ほぼ2年に一回くらい、古い友人たちと湯豆腐の会をするのが習わしになっている。 昔、あるIT関連のユーザ会で知り合った仲間たちやけど、いつの間にか、キャンプを したり食べにいったりと遊びで集まる方がメインになってしまって、そのユーザ会 もなくなってしまってみなさん歳をとってきて、だんだんと共通の遊びも少なく なってきて、時々思い出したように湯豆腐の会でもやろうやというくらいのゆるい 繋がりが残っているのだ。今までは、嵐山近辺が多かったんやけど、それについても 別段の理由がなくて、だれか予約する面倒を引き受けてくれる人がいたらその人 まかせにするといういつもの流れで、こんかいは、右京から左京にところを変えて 哲学の道の中程、法然院のそばにある「㐂さ起」という老舗の湯豆腐屋さんに 集まることになった。 場所はええことやけど行くの結構不便ではある。バスで行く方法がいくつかある けど、観光客が一杯で結構面倒くさい。大阪から京阪電車に乗って出町柳まで きたもののバス停でバスを見てると満員のやつが行ったり来たりしてるんで、 いっそ歩いた方がましやんかとズルズルと歩いてしまった。 百万遍から銀閣寺までは観光客は殆どいなくて、銀閣寺についたとたんにドドっと 人出にでくわした。やっぱりしゃあない。そっから哲学に道に入ると、桜の開花の 少し前の頃やったんで、さすがにやや少なめと思われる程度ではあった。

お店は大きな看板があるんで簡単に見つかった。

2階のええ席をとってくれてたんで、さすがに眺めがいい。京都の街が一望できる。 ええ場所やなあと思いつつ、すぐにビールをお酒をいただき始めてエエ機嫌になって しまう。いつもの仲間やからうだうだと何も考えずに喋っては飲んでいると、 京都らしい上品な盛り合わせが出て来た。

彩もお味も全てが品良くまとまっている。やっぱり京都やね。 季節のものが一杯つまっている。もう春が来たとわかる味わいだ。 野菜の天麩羅もとてもおいしい。

胡麻豆腐も一味違うようだ。

もうこれで十分って思えるのにこれからが本番の湯豆腐だ。

グラグラ煮え立ってちょうど食べごろだ。 嵐山のとはまた違った美味しさだ。 「そろそろご飯をお持ちしましょうか?」と言われても、いつまでたっても 「まだ後でええよ」って答えるわしらはただの酔っ払い、嫌な客だ。

いやもうお腹いっぱい。お酒もたっぷりいただいて大満足だ。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

喜さ起

関連ランキング:豆腐料理・湯葉料理 | 元田中駅、蹴上駅、茶山駅

[Translate] […]

大阪、西成、「からし志」でちょっと一杯

何十年来からの友人と時々呑むことがある。天王寺に住んでるんでわしがディープな とこに行きたいときに喜んでつきあってくれる人やから有り難い。前回は超ディープ な界隈の豚鳥店に行った。今回もまたディープな方面に心が動いて、あてがある ようでないような気分で例の界隈を歩いていたら、お寿司屋さんの看板が目に入った。 「おや、あそこ知ってるわ。時々くるねん。安くてうまいで。」と言う事だ。

通る人も、お店も、目茶ディープな界隈でそういう雰囲気をずっと味わいながら 通ってきた商店街の中にいかにも普通のお店がある。 ふらりと入ってみたら偶々席が空いていた。16時すぎという時間がよかったんかも 知れん。後でこれが相当運がよかったというのが分かった。どんどんお客さんが 入って来る。入れずに帰りはるひともいてる。さすがに行列するひとはいてはらへん。 そういう場所ではないのだ。 貼り紙を見ると大瓶380円、安いなあって言うと、もう10年以上これでやってる よっておっしゃる。

すばらしい。 飲みながら、いろいろお話を聞かせていただく。 おさけは常温でいただくのがわしの好みだ。ごく普通のお酒ではあるが雰囲気が よければいくらでも飲める。

とりあえず、さしみ盛り合わせを頂こう。 食べてるあいだにもどんどん常連のお客さんが顔を覗かせて、席があれば座るし なければ又来るということで帰っていきはる。とても良い雰囲気だ。 どうやらこの店のご馳走は、女将さんの笑顔と店の空気らしい。

だれにでも優しく受け答えするし、無理に話しかけたりしない。丁度良い距離で 待機してくれてはる。 刺身一皿で酒を飲みながら何時間も座ってはる人もいてるし、ビールやお酒を飲み ながらお寿司をどんどん食べはるひともいてる。どんな人にも居心地はよさそうだ。 注文を聞いてご主人に伝える、ご主人が確認して料理をつくる、そのかけあいも おいしいご馳走になる。

あんまり居心地がええんで、食うよりも呑む方がどんどんすすむ。 気がついたらいつもよりかなり飲み過ぎているけどそれはそれでいいのだ。

久し振りに友人と呑んで気持ち良くよっぱらって、ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

からし志

関連ランキング:寿司 | 今池駅、今船駅、動物園前駅

[Translate] […]

大阪、梅田第3ビルBF2、「海鮮一番」

ある友人達と梅田で月に1回くらい、定期的に呑んでいる。場所は梅田なんで、 いろいろ安くて美味いところを探して飲みに行くんやけど根が無精やから、1回 まあまあのとこを見つけたら取り敢えずそこに定着してしまう。今は第3ビルの 中にある居酒屋さんだ。しかし、何度も行ってるとやっぱり少し飽きてきた。 何かに不満があるわけではないんでただのわがままだ。どっかええとこないやろか とうろついてみるけど、結局面倒なんで近くをあたってみるだけだ。前にもそれで あんまりええとこが見つからなんだ。 要するに目先を変えたくはあるが手間暇かけて探すのは面倒、その割りにはどこ でもええと言うわけにはいかん、若者向きの脂濃い料理はいややなあなんて勝手に 言い合ってるだけなのだ。 で、今回はB2に行ってみよう。 最近新しく開店したのか、ピカピカした店が見つかった。 「海鮮1番」って書いてある。ここやったら爺さん向きの居酒屋メニューがありそうだ。 それに最近の居酒屋競争価格みたいな生ビール1杯200円しないような設定もある。 えらいガラガラやけど大丈夫かいなって思ってたら、何の事はない、あっという間に 超満員になった。早く行きすぎただけのことだ。 とりあえず生ビールを飲みながらうだうだしてみよう。

刺身も新鮮で分厚い、コストパフォーマンスはええかもしれん。

天麩羅も結構ボリュームがあるなあ。

どれもおいしい。 煮魚はわしらの大好物だ。

こういう料理があるといいのだ。 小エビの唐揚げも酒のあてに最適だ。

焼き鳥もいい。

おやおや脂濃い料理ばっかりやんか。いかんなあ。

サラダも食おう。

で最後に出汁巻き卵。

これが大好物なのだ。 全部美味しい。 とてもコストパフォーマンスのええ店を見つけたかも知れん。 しばらくここに通う事になるのかな?

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

海鮮一番

関連ランキング:居酒屋 | 東梅田駅、北新地駅、梅田駅(阪神)

[Translate] […]

大阪、木津市場、「まるよし」の海鮮丼

この日は、いろいろ用があってなんばのあたりで昼ごはんを探して食べようと 言う段取りになったのは13時に近かった。車に乗ってたんでどこでも簡単に行ける ようで決めてなかったら探すのは面倒だ。 いろいろ考えてたら、最近、木津市場に殆ど行ってないなあって気がついた。 時間はやや遅いけどあそこやったら色々あるから悩まんでええわと思いながら 駐車場についた。何かしらえらい閑散としてる。ちょっと遅かったんか? なんて慌てながら車を降りて店の前にいくと、何軒かならんだみせが全部閉まってる。 遅すぎたというよりは休業日みたい。しまったなあ、車を駐車場に入れんかったら よかったと後悔しつつ見ると一番端の「まるよし」さんだけ開いている。 これはしめた。この店は何度も来てて美味しいのはわかってる。 焦って中に入るとまだいけるとのことやれやれだ。 さて、何をいただこう。 おすすめメニューの海鮮丼が美味しそうだ。超スペシャルっていうのもあるけど 年寄りにはこれくらいが丁度ええんとちゃうやろか。 カウンターを見るとご主人以外に欧米系の女性が達者な日本語で応対してはる。 珍しい。観光ブームで中国語対応とか韓国語対応にメニューがあったり店員さんが いてるのは多いんやけど欧米系の人はあまり見ない。 聞いてみるとオーストリアから来てはるらしい。ワーキングホリデーで日本に来て 日本が好きやから頑張ってるということだ。ええなあ、頑張ってもっと日本を 好きになってほしい。 ということで海鮮丼が到着。

見た目が素晴らしい。とても旨そうだ。 あん肝やローストビーフなんて普通では入ってない高級なネタも入ってる。 他のネタも大きくて分厚い。新鮮でおいしい。 赤だしも付いて千円やったら随分お得感がある。 帰りに駐車券をお願いしたら、休日やから無料券を発行する窓口が休みやと言う。 ちょっと待っといてと言われてわざわざ市場の事務所まで行って処理してくれ はった。えらい無理言うてすみませんでした。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

まるよし

関連ランキング:寿司 | 今宮戎駅、大国町駅、恵美須町駅

[Translate] […]

大阪、日本橋(島之内)、「鑫福火鍋城 」のシャブシャブ火鍋の食べ放題

月に1回くらい、古い友人たちと飲み会をしている。今回はそれに加えてその 友人に特別なことがあったんでそのお祝いも兼ねていつもの安いだけがとりえの 居酒屋さんとはちょっと違うとこで飲み会をやりたいなって話したのだった。 それで友人の1人が選んだのがこの店だ。もともとわしらは中国の旅が好きで 今でこそ揃って行く機会がなくなってしまったけど色んなディープな旅をやって きた思い出がある。この店も大阪ではかなりディープな場所、島之内界隈にある のだ。中国料理、韓国料理などなど東南アジアの料理の店が多くてしかも、例えば 中国料理の店やったら、店員もお客さんも皆中国人で店の中でも中国語が飛び交って いるというそんな店が多い。 もちろんここもその一つ。

シンフクと読むらしいけど店名の感じが難しい。 最近できた店らしく、シャブシャブ火鍋食べ放題か食べ放題+飲み放題かのメニュー しかないと言う豪快さだ。 店は新しいんで店内も設備もとても清潔だ。 店員さんはもちろん中国人、注文や会話が通じてるかどうか心配やけど、問題なさそうだ。 わしらは爺さんやから飲み放題では元がとれへん。焼酎を1本注文して、残ったら持って帰る というくらいが安くつくと考えられる。 で、早速鍋が運ばれる。一人一人の一人鍋だ。珍しい。

野菜がくる。

どんどんくる。

羊肉がうまそうだ。

海鮮の具もある。

食べ放題やけど海鮮の具はお代わりできないらしい。 鍋以外のおかずは別のトレーに載ってる中から好きなのを好きなだけ選んだらええらしい。

タレもどうしたらええかわからんほど種類がある。

普段食べへんようなキツイやつを選ぼう。 もちろんパクチーも取り放題だ。

鍋がグツグツしてきた。羊肉をシャブシャブしていただく。

パクチーもたっぷりだ。

周りでは案の定、中国語が飛び交っている。というよりお客さんは中国人ばっかりだ。 島之内の異国やね。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

鑫福火鍋城

関連ランキング:バイキング | 日本橋駅、近鉄日本橋駅、長堀橋駅

[Translate] […]

大阪、梅田食堂街、「新喜楽」でランチ

月に二回、大阪梅田に掛け軸の勉強に行っている。それ以外にも梅田に行くことは 結構多い。時間に余裕があるときは、梅田界隈だけではなくて地下鉄沿線やら JR沿線で無理のない範囲でご飯を食べにいくとこを探してなんかええもん見つけて やろうと画策してる。しかし、止むを得ない用があったりしてうろうろする時間が 無い時もある。そういう時に梅田食堂街はとても便利だ。平日であろうが、土日 祭日であろうが、朝でも昼でも夜でも、どっかに何かしらの食べるところが見つかる。 ええとこだ。しかも御飯時ともなるとどこに行くか決めかねるほど沢山の店が あってどれも美味しそうやから困ったもんだ。 で、この日も梅田で時間がなかった。しかし、昼時には少し早い。11時20分位だった。 梅田食堂街ではランチタイムは11時半からと言う店が多い。10分待つか? 時間がないんやから今空いてる店がええ。 ということでこの店が目についた。

天ぷら屋さんのようで、目の前でジュウジュウと揚げて食べさせるような感じ やったんで入ってみたのだ。メニューを見ると、かも鍋定食とかうどんとか、 かもなんちゃらが多いみたい。心は動いたけどやっぱり天ぷらが食べたい。 ということで「あなご天定食」というのをいただくことにした。 最初はガラガラやったけど、次々にお客が入ってくる。人気の店らしい。 ほとんどの人が鴨鍋定食かかもうどんみたいなのを頼んではる。やっぱりあっち にすればよかったかと若干後悔してるとお隣の人は天丼を頼んではる。 これもうまそうだ。 他人のなんとやらはどれも美味そうだ。 おろおろしてるうちにわしのがきた。

これも美味そうではないか。 衣が軽い。ふんわりサクサクだ。エビも美味しい。野菜も美味しい。穴子もおいしい。 揚げたて熱々、この値段でこんだけ食べれたら上々ではないやろか。 1人で入って来はる人が多いんで気楽に食べられる。 次は鴨鍋かな? ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

新喜楽 東店

関連ランキング:天ぷら | 梅田駅(大阪市営)、大阪駅、梅田駅(阪急)

[Translate] […]

京都、四条烏丸、「輝庭」のランチ

京都で8〜10名ほどでランチミーティングをしたいと思った。その日は東山三条で 用事がある予定やから、わりと近くがいい。しかし、人数が多いのと京都やから 地の利に聡くないんでなかなかええとこが見つからへん。悩んでると京都在住 の人が、こんなとこどやねんと教えてくれた。四条烏丸の大きな交差点の南西角 COCON KARASUMA とかがある一角にある和食屋さんだ。この日は、下見と それで問題なければ予約をしようと訪問した。 東山三条からは歩いても30分強で行けることがわかった。位置的には問題ない。 お店は広くて綺麗だ。店員さんたちもテキパキしてて気持ちが良い。 メニューはまあ手頃かな?

ミーティングランチやから食べるのが上の空になりがちやけど、それでも美味しく いただけそうだ。

早速、予約の相談をしてみると、8人でも、10人でも問題なく行けるという事だ。 年寄り団体に必須の椅子席も確保できる。申し分ないではないか。 という事で予約完了。 ではわしらのランチは頂こう。 で今回は試しに彩り御膳というのを頂いてみる。 乾杯の練習もしとかんとあかん、

などと言いつつぐびりとやる。急いで歩いて来たんで冷たいのが染み渡る。 ではランチを頂こう。

如何にも京都風に色々な種類のおかずがちまちまと沢山あって、見た目にも食欲 をそそるし、食べたらとても美味しい。 煮物は濃くなく薄くなく程よい味付けだ。お刺身もいい感じ、卵焼きはわしの 好物やし、焼き魚もおいしい。 それでランチミーティングの当日だ。 その日は何故か別のメニューから選んだ。

これも美味しい。しかし、ミーティングに気がいきすぎて何をどう食べたかよう 覚えてへん。申し訳ない次第だ。 ミーティングそのものは滞りなく終了することができた。 場所を長く占領して迷惑をかけたけどやいやい言われることもなく、居心地よく 過ごさせていただいた。これまた申し訳ない。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

輝庭

関連ランキング:懐石・会席料理 | 四条駅(京都市営)、烏丸駅、烏丸御池駅

[Translate] […]

大阪、堺、居酒屋「喰ま呑み」で一杯やる

堺の大小路にとても面白くて美味しい居酒屋さんがあると前から聞いていた。 わしも堺に住んでるけど高野線沿線だ。チンチン電車(阪堺線)沿線にあるこの店は 近くて遠い。バスの便も良くないんで行きたいけど行き難い店になっていた。 しかし、いつまでもそんな事を言うてられん。行きたくなった行かんとあかん。

それである日、そう決めて天王寺から阪堺線に乗ることにした。地下鉄で家に 向かう代わりに阪堺線に乗ればいいのだ。

乗り場に行って驚いた。けっこう人が多い。どんどん並んで電車に乗り込むと 出発するころには満員だ。観光客というよりは地元の人の生活に根付いた交通 手段になっているようだ。こういうのはとてもいい。各駅に停まる度に人が乗って 降りて、満員のまま先に進む。 さすがに大小路あたりになると乗る人より降りる人が多い。わしもそこで降りる。 目指す「喰ま呑み」はすぐそこだ。

良い感じ、路地裏居酒屋というかアジアの街角食堂という感じでもある。 ビニールシートが抜群にいい。アジアン感満載だ。 で、とりあえずビールをいただく。

突き出しからしておいしい。

タコの酢の物は大好きだ。 で最初は鳥肝を頂く。

これは素晴らしい。とても新鮮で何の癖もない。するりするりと口に入る。 酒がいくらでも飲めそうだ。 という事でハイボールに変える。

つぎは何のカマやったか忘れたけどカマをいただく。

とても美味しい。脂がのってもしつこくない。魚の旨味がじわっとジューシーだ。 爺さんはこれくらいにしておこう。 この店は、「口癖はカレー」という繋がりで教えていただいた店だ。 最後はカレーでしめる。

これが又抜群においしい。濃厚で辛さたっぷり、旨さたっぷり、酸味もある。 とてもいい。 で後日、再び訪れた。 また、ビールから、

おんなじなんやけど、写真をとったというのはアテにびっくりしたのだ。

クリームシチューやって、こんな突き出し初めてだ。しかもとても美味しい。 これだけで一食の価値がありそう。具がたっぷり、スパイスもたっぷり。 酒がすすむ。

で、この前に厚揚げを食べなかったでしょうとこの店を教えていただいた方に 指摘された。早速いただいてみる。

なんとこの厚揚げは豆腐を目の前で揚げてはるのだ。 これは美味しい。熱々カリカリだ。中はジュルっとしてふわふわ、厚揚げという より新種の豆腐を食ってるみたい。 つぎは鹿刺し、

[…]

京都、西院、「わた亀」でランチ

この日も京都、西院で篆刻の勉強後友人たちとランチ周遊。しかし、大体、近辺 では生き尽くした感もないではない。阪急駅前あたりを物色してると、優雅な 仕出し屋さんが目についた。この店は何度か前を通ったことがあるけど、高級 そうで、わしらのワイワイランチには手が出えへんなあって決めつけてた。 しかし、前に行くと、ランチと言うにはちと少ないけど前菜よりは少し多い、 少食に女性なら食べころくらいのなんちゃらセットみたいなのが陳列してあった。 なるほど、これでビールを飲めばちょうどええやんか。小ぶりとはいえ、高級 仕出し屋さんの味をいただける。

ということで、飛び込みながら入ってみることに。幸い席が空いていたようだ。 食事は2階でということで上に上がる。

上はすごく広くて上等な部屋だ。わしらにはもったいない。しかも椅子席やから 年寄りにはとてもありがたい。こんだけ落ち着いた場所やとゆっくりとお喋り できるんでいつまででも腰を落ち着けそうだ。 待つ間に普段のお食事メニューも見せていただく。 少々お高いけど宴会なんかには良さそうだ。今度機会があったら使いたいねと 話しながら待っているとお料理が到着した。

お寿司と炊き合わせみたいなの、それと卵焼き、こぢんまりしてるけどオシャレ にまとまってる。味はとても上品でおいしい。さすが仕出し屋さんと言う事で 熱々、出来立てを供するものではなくて冷めても美味しいように設えらえている のだ。お寿司はとてもシンプルやけどしっかり味わいがあり不満感は出てこない。 だし巻きはわしの好きな味、野菜も濃くなく薄くなく食べ頃の味付けだ。 時にはこういう上品なとこでいただくと気持ちの保養になる。 これで700円以下?多分? やから驚きの値段だ。 最初メニューをちらっと見た時、天丼が見えたんで、食べたかったけどこっちの 注文が通った後であった。残念、次回を期待しよう。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

わた亀

関連ランキング:京料理 | 西院駅(阪急)、西院駅(京福)、西大路三条駅

[Translate] […]

「びわいち」琵琶一周サイクリング(北回り)で暑気払い-16、居酒屋で乾杯しておしまい

商店街から駅前へ、開いてそうな居酒屋さん、あるいはご飯屋さんを探しつつ 歩く。最悪は大阪に戻って一杯やればええと言う保険はあるもののやっと終わった と言う今この気分でビールをがぶっとやりたいと思いつつ、どの店も閉まってる。 気配がある店も6時開店となってる。とうとう駅前まで来てしまった。 おお、一軒だけ気配が濃厚だ。やった。16時オープンと誇らしく書いてあるではないか。

いかにも居酒屋という佇まい。これでいい。何の不満もない。

さすがにこんなに早いとお客さんは殆どいない。ゆったりと飲める。 何はともあれビールで乾杯。

お疲れさんでした。いやあ、えらいしんどかったわ。けど曇ったんで助かったね。 去年よりは楽やったわ。いやあ、わしは去年よりしんどかった。雨にはまいったなあ。 などなど話しに花が咲き始める。 最初はマグロの刺身。

おいしい。おすすめメニューから注文してる。次はサザエ。

人数分ないけど早いもん勝ちなのだ。 それで鶏唐揚げ、ようするに野菜がないのだ。野菜を食わんやつがいるもんで・・

で、ハマチの刺身。

普通の居酒屋メニューがとても美味しい。我慢して走ったおかげなのだ。 焼き魚もいただきたい。ホッケが簡単でよさそうだ。

どんどんいける。美味しい。このあたりで酒はすでにハイボールに変わってる けど写真に撮るのは忘れてる。 次はうなぎ。

美味しいけど、居酒屋メニューで食うとちょっと場違いかな。 ししゃもみたいなんほうがずっといい。

旅の話しは尽きることがない。次の計画も考えんとあかん。 食う方はこれくらいにしとこうか。 最後は出し巻き卵。

いろいろあったけどというよりは殆ど何の問題もなく今年は走りきれた。 爺さんになっても頑張れるのはありがたい。来年もどっかに行こう。硬い約束 をしてここは打ち上げ、大阪に帰る。 この話もこれでおしまい。また別の旅を掲載しますのでよろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

目利きの銀次 彦根駅前店

関連ランキング:居酒屋 | 彦根駅

[Translate] […]

たまに和歌山遊、和歌山市、新和歌浦、「おっとっと広場」

最近、というか前から漁港でうまいもんが食えるという話はよく聞いた。確かに わしもそういう経験がある。最近で言えば呼子に行ったときもとても美味しい もんにありついたし、伊根の舟屋に行ったときもやし、他にもいろいろあった。 和歌山市の新和歌浦漁港あたりにも美味しい店があるとか、いやいやあそこは すぐに中央の卸売市場に出してしまうんで地元には美味しいもんあれへんでとか いろいろ聞いたけど、それはずっとずっと昔の話で、ほとんど何の根拠もなくなった。 で、最近、和歌山市に行く用ができたんでちょっと変わった視点でランチが できるとこを見つけたいと探していたら、「おっとっと広場」というのが見つかった。 新和歌浦漁港でやってるフードコートみたいなとこらしい。 和歌山はわしが高校時代におったとこやからどこでもわかるわいと自信を偉そうに 思いながらもナビをセットする。なんやこっちよりあっちの方が近かったのに とナビにツッコミをいれながらも到着した。 と思いきや掘っ立て小屋みたいなんしかないではないか? もしかしたら休み? 慌てて電話する。 「やってますよ』 うろたえるが、最後のところがナビとは反対方向やった。ようみたら案内の 人がいてはるではないか。 無事、到着。

なかなか食欲をそそる入り口だ、 中にはいると、お客さんで賑わってる。 ええ兆候だ。

美味しそうなもんがいっぱいあるではないか。

シラスの天ぷらやアナゴの天ぷら、刺身に寿司、蒸しホタテ、好きなもんが いっぱいある。どれもこれも食べてみたい。けどお腹はひとつ、気いつけんと 一番ええもんを食い逃す。 ここの仕組みは、気に入ったモンがある屋台で注文して、片隅にあるテーブル スペースで待ってると持ってきてくれる、或いはすぐ出来るやつは自分でそこ に運んできて食べるということだ。 テーブルの上にメニューがあった。

これを握りしめて待ってても何も食えないんで、これを見て心が決まったら自分 で注文しに行く必要があるのだ。そやから一気に決めずに食いながら次々と思い ついたモンを買いに行くという段取りになる。 まずは小エビをさっと湯がいたやつ。

これは滅茶滅茶美味い。まるまる食ってもええし、頭を取ってもええ。ビールが 欲しくてたまらんけど運転中やからそれはだめ。 やっぱり飯もんも要るなあと思い、太刀魚丼を頼む。

これがまたとても美味しい。太刀魚を生で食えること自体がありがたい。 食ってるあいだに先に頼んでおいたシラス天ぷらができた。

これがまた抜群においしい。シラスの塩味がよく利いてる。バリバリサクサクっと いくらでも食えそうや。 もうええかげん腹がいっぱいになったけど、広東風と書かれたラーメンがとても 気になる。しゃあない思い切って食おう。

これが更に強烈に美味しい。こんな屋台で売るのはもったいない(失礼)んと ちゃうやろかと思うくらいだ。 広東風というだけあって出汁が薄味で優しいとてもいい味だ。 […]