ブログ村ブログパーツ

京都、西院、「祇園 らあーめん 京」の「神様の中華そば」

いつものように篆刻の勉強で西院に来ている。さて、いつものようにどこに行くか 迷う。近いとこは殆ど性はしたかもしれんけど、遠いとこは面倒くさい。ところが 不思議なことに近いとこに新店ができたみたいだ。 ラーメンの新店が最近できたと何かに書いてあった。では早速行ってみよう。 でも、人気の店らしいんで行列やったらいややなあ。 阪急西院の駅を通り過ぎて四条通りをもう少し西に行く。真新しい幟と暖簾が見えた。 「祇園 らあーめん 京」って書いてある。

へえ、すごいなあ京都の洛中真っ只中から進出してきはったんやわ。 中に入ると、芸妓さんか、舞妓さんかわからんけど、名前を書いたうちわがある。 祇園のお店によくあるやつらしい。こういうのってようわからんけど特別な店や ないと飾られへんのやろか? まあ、ラーメン食うんやからあんまり関係ないけど。 でメニューを見る。

ついでにオススメを聞いてみると、「神様の中華そば」とかいうやつがええそうだ。 えらい大層な名前やけど大丈夫かいな。そういえば特製アゴ出汁でどうのこうのと 看板にも書いてあった。これを頂こう。ついでに餃子も。 新規開店の店やのにまだ認知度が低いのかけっこう空いていて、あんまりお客が 入ってきいへん。 いつものようにうだうだと喋ってたらラーメンが来た。

見た目が美しい、すごく美味しそう。 食ってみても良い出汁がでてる。京風のあっさりしたなかに旨味が漂う。若い人には 少々パンチが足らんかもしれんけどわしら年寄りにはちょうどええ。麺も細麺で 硬すぎず柔らかすぎず、しなやかでツルンとしてる。 特別ではないけどおだやかで納得できる味やと思う。 餃子がきた。というか先にきてた。

熱々で美味しい。特別ではないけどパリッとして、いける味だ。 どれも普通に美味しいけど、京都はどこに行ってもラーメン激戦区みたいで、西院も ラーメン屋さんが沢山ある。通りすがりのラーメン好きにはどんな店が勝ち残っていくのか 大変やろけど興味深い。 バトルが多いほどわしらにはありがたい。 失礼な話やけど。

店名 「祇園 らあーめん 京」 ジャンル ラーメン専門店 住所 京都市右京区西院巽町4 電話 075-315-3850 営業時間 [月〜土] 11:00-翌01:30 [日・祝] 11:00-23:00 定休日 無 […]

京都、祇園四条、「熱帯食堂」のスペシャルランチ。

この日は祇園四条界隈で友人のグループ展があった。いつもの旅行メンバーが 集合して一緒に行くことになった。南座の前で待ち合わせ。ついでにランチも しようということに。さて、どこに行こう。繁華街、観光地の真っ只中やから 行くとこはどこでもある。けど、いかにも観光客向けのお店は避けたいし、 行列はいややし、6名すぐに入れるとこってあるやろか? もしかして役に立つかと食べログの情報を印刷してきてあった。 わしはスマホを使わないんでこういう準備が必要なのだ。 見ると、近くに「熱帯食堂」というのがあって、開店直前だ。電話して見たら okと言ってくれた。ありがたい。 目の前の四条大橋を渡ったとこにある。ちょっとだけおしゃべりで時間を潰して ビルの7階にあがる。エレベーターを出たらすぐ店の中だ。

電話をしておいてよかった。しばらくしたらどんどんお客さんが来はって、 あっという間に満員になった。

で何を頂こうか? メニューをみると「熱帯スペシャルランチ」というのが 美味しそうでお得そうだ。しかも食べログの地図をみるとクーポンがついていて 1500円→1300円になる。ええなあ、これに決定。 ついでにビールもいただく。

旅行の話をしながら盛り上がってるうちにお料理がきた。

グリーンカレーが甘くて辛くてコクがあって、とても美味しい。

トムヤムクンも酸っぱ辛くてとてもいい。

バリ風焼き鳥や唐揚げ春巻きもええ感じだ。 前も来たことがあるけど、エスニック風な内装で、落ち着ける居心地の良い店だと思う。 旅の話も盛り上がったし、準備完了、グループ展を見に行こう。

店名 「熱帯食堂」 ジャンル タイ、インドネシア料理 住所 京都市下京区橋本町109 サピエンス四条木屋町ビル7F 電話 050-5590-6471 営業時間 [月・水〜金] 11:30-15:00 18:00-23:00 [土・日・祝] 11:30-15:00 17:00-23:00 定休日 火曜日 メニュー 日本語 言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 […]

京都、錦、「天ぷら酒場 たね七」で昼飲み会。

昔の水墨画仲間で久しぶりに飲み会をやろうかと言う話が持ち上がった。というか 勝手にわしが盛り上げて迷惑かけたかもしれん。まあともかく、京都へ集まろう。 昔は、絵の話とともに某老師の悪口を肴にあれやこれやと盛り上がった仲やけど、 最近は4人集合という場面がとんとなくなった。久しぶりにやっぱり絵の話と、某老師の 悪口を肴に昼酒を楽しもうではないか。 で、どこがええかネットで探して見たら、最近オープンしたらしい天ぷら屋さんが 見つかった。錦市場の近くにある「天ぷら酒場 たね七」という店だ。待ち合わせ にも便利でちょうどええ。で、もう少し調べてみたら、 「たね七の天ぷら飲み会プラン飲み放題付き 2980円」というメニューがある ではないか、えらいお得感がある。ということで予約完了。 大丸前で集合して、四条通りを東に少し、堺町通りを北に少し、錦市場の通りに 出る前にお店がある。

昼酒やから思ったほどは混んでない。 で、メニューはこんなの。

わしらが頼んだのはこちら。

まずはビールで乾杯。飲み放題やから、気にせんとどんどん飲める。 けど飲み過ぎに注意、注意。

料理はメニュー順にくる。 最初はポテサラ。

久しぶりに会った4人やから、やっぱり盛り上がる。とりあえずは水墨画仲間、 一旦休憩中の人もいてるけど、興味は失ってないし、某老師の話の最近版も 興味がある。 酒のアテに塩キャベツ。

これはとても美味しい。おかわり自由やから何度かお代わりしてしまった。 で、お造りは、カツオのタタキ。

お酒もどんどんお代わり、次はハイボールにしよう。

いよいよ野菜天ぷら盛り合わせがきた。

これでドーンと重たくなる。話は軽い。酔えば酔うほど盛り上がる。 つぎはフライドポテト、

スパイシーで酒が進む。 しかし、年寄りには結構重い。天ぷら系、油系を先にしてもらった方がよかった なあって弱音がでる。 それをよそに、油マックス、鶏モモのわらじ天タルタルソースやって。

おいしいけど腹一杯やで、 更にメインの海鮮天、エビ、キス、イカ、やっぱりこれ先がええなあ。

酒は飲めるけど食うもんはきつい。 最後はシメにぶっかけうどんをいただく。

とても美味しい。 若者向きの物量に圧倒されたけど、お酒もたっぷり飲めたし、コストパフォーマンス […]

京都、烏丸、丸太町、「京都カレー製作所 カリル」でランチ。

この日は京都の御所近くにある表装材料の専門店に和糊を買いに行く用があった。 大阪からこっち方面に行くのは結構面倒くさい。阪急梅田から四条烏丸まで乗って、 地下鉄に乗り換え丸太町、あるいは今出川で降りる。この日は先に昼飯を食おうと 思ってたんで丸太町で下車して西に向かう。 おや、開店時間丁度ぴったりに着けるではないか、よろこんでたら、すでに 行列ができている。おやもう? 一体何時に開いたんやろ? 不思議に思ったら まだ開いてなかった。行列のまま結構待つ。開いてるはずの気持ちで待つと 余計ながく感じる。で、しばらくするとお店が開いて、全員中へ。 その後で来た人は入れなかったんで並ばずに帰りはった。

中もスパイスがぎっしり並んで壮観だ。いかにもスパイスという勢いが期待を 持たせる。

期待しながメニュー板をみる。

やっぱり月替わりの「鶏タコキーマ」を頂こう。辛さは3で、ご飯は少なめで。 さらに待つことかなり、カレーが到着。

おや、美味そうやけどえらい少ない。どうもご飯少なめっていうと小盛り(-¥50)が 選択されてしまうようだ。ということはどうもルーも少ないということみたい。 値段安くなるよりルーが多い方がええけどなあ。 何故か釈然としないけどそういうことならしかたない。 スパイス感はとても良い、辛さもとても良い。タコの食感、オクラの食感が面白い。 全体にバランスがよくてとても良い感じ。 キャベツのピクルスもとても美味しい。

けど、あっというまに食べ終わった。注文時のよう考えて選択せんとあかんのやなあって 反省。

店名 「京都カレー製作所 カリル」 ジャンル カレー専門店 住所 京都市上京区春帯町349−1 永楽アパルシオン1F 電話 075-211-6110 営業時間 月〜金 11:00-15:00 17:00-20:45 土、祝日 11:00-17:00 定休日 日曜日(祝日は不定休) メニュー 日本語 言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 […]

京都、西院、餃子専門店、「龍園」の餃子

京都、西院でとても美味しい餃子専門の店があるという。餃子は大好きやから 早く行きたいなって思ってたけど意外と遠いのと、餃子だけで昼飯というのが、 なかなか皆さんの賛同を得られない場合が多いんでなかなかチャンスが訪れない。 やっと、ちょっと飲みながら相談しようやという御誂え向きの条件が整ったんで ビールを目当てに炎天下の中を歩いて行った。想像よりは近かったけど、それでも 遠かった。 見た目はわしの大好きな裏町食堂。ええ感じだ。

中にはいればやはり人気店なのだ。店内はほぼ満員、しかも次々に入ってきては、もくもくと 餃子定食を食って帰って行きはる。 では、わしらも頂こう。 というても今日はビールが主体、餃子だけでよかったんやけどつい、餃子定食を 頼んでしまった。 ビールをグビグビのんでるあいだにお腹が膨れてきた。打ち合わせは順調だ。 しかし、餃子はちゃんと焼いてるから時間がかかる。 2本目にかかるころ餃子が来た。

分厚くて存在感がある。口にいれるともっちりして味が濃い。どんなタレにも 合いそうだ。 ビールがすすむ。グビグビ飲んで油断してたら、スープとご飯が来た。

スープもとても美味しい。しかし、もうすでにビールと餃子を沢山食べてるんで お腹が一杯だ。申し訳ないけどご飯は少し食べただけで残させて頂こう。 ごめんなさい。 ごちそうさんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました 。

龍園 (餃子 / 二条駅、西院駅(京福)、西大路三条駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.3

[Translate] […]

京都、西院、「味どころ 佐門」で鯖寿司とラーメンの定食。

いつものように西院で篆刻の勉強をしたあと、仲間とランチをするのもいつもの ことだ。ただし、いつものように場所は定まらない。どっか違うとこに行きたいし、 いつもことやと行く場所にも限りがある。まあ、西院の駅前でも行ってみるかと 歩いて居たら、こないだ行ったことがある「味どころ 佐門」の前を通りかかった。 看板に、「鯖寿司」やってますって書いてある。前回行った時に、鯖寿司が安くて 美味しくて自慢やって言うから、「食いたい」っていうと予約販売やと言う。 メニュー入れてくれたら食いにくるけどって言うと、「まかしといて」と返事された。 もしかしたらこの看板はわしらに対するメッセージとちゃうやろか、そんなら行かん とあかんやんかと階段を降りる。 地下にある店は靴を脱いで広い板間の席にテーブルがあってゆったり昼飯を食べる ことができる寛ぎ空間だ。 中に入ってメニューを見ると確かにある。 チャンプルーラーメンと鯖寿司2貫で700円のセット、えらい安いなあ。 店主さんに聞くとやっぱり、わしらに対するメッセージであったそうな。なんと ありがたい。

では、早速いただきます。鯖は脂がのって分厚くて食べ応えがある。とても美味しい。 ラーメンも美味しい。

ここは沖縄料理の店やからラーメンはチャンプルーラーメンだ。野菜がいっぱい入って いてとてもヘルシーボリュームたっぷりお腹がいっぱいになる。 食後にセルフサービスではあるけどアイスコーヒー(寒い時はホットコーヒー)が いただける。氷もいれてゆっくり頂けるんでいつまでもダラダラと居座ってしまうん でお店にもうしわけない。 居心地の良い店でゆっくりさせていただいた。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

京都、三条、寺町通、「三条パクチー」のランチ

先日、友人が油絵のグループ展に出展されているのを別の友人と見に行った。いろんな方の 油絵も一緒に見せていただいて久しぶりにいい刺激と目の保養になった。今年も 人物像が冴えてるなあって思った。それで、ちょうどお昼時、というかわざと お昼時を狙って行ったんやけど、近くは三条の繁華街、いくらでもお昼するところは ある。どっかで食事しながらビールで飲もうということに話はまとまったというか 最初からまとまっている。 さて、どこで飯をくうか、どこでもいっぱいあるんやけどこの日はわしのわがままを 聞いてもらってアジア飯を食いに行った。 ギャラリーから2筋ほど東に行った寺町通りにある「三条パクチー」というタイ料理屋 さんに行こう。ここはもう外観からしてアジア飯だ。

厚手のビニールカーテンの入り口、タイ文字の看板、アジアの風が吹いてきた。 店の中もいかにもアジアという風に雰囲気づくりがされていて、これでパイプ椅子、 パイプテーブルやったら完璧なんやけどそこまではいかへん。 では、とりあえず、タイに敬意を評してシンハビールをいただこう。

うん、とてもおいしい。気分は一気にタイランド。暑い時はビールに限る。 冷えたやつが滲み透る。 メニューをみると、お得なセットがある。確か、バンコクランチって書いてたと おもったけど、ネットで確認したらプーケットランチってなってた。内容は同じ、 まあ、名前はどうでもええ。その内容とは、こんなの。 とりひき肉のバジルチリ炒め、ハーブ風味鶏唐揚げ、具沢山の揚げ春巻き、生春巻き、 グリーンカレー、鶏のトムヤムスープ、ライス、デザート。 これで1000円ちょいやからえらいお得感がある。

おいしそう。目玉焼き乗せはオプションだ。 いっぱいあるんでどこから食べるか迷ってしまう。まずご飯のうえの目玉焼きを潰して、 周りのおかずを混ぜながら食べる。アジアンな香りが口いっぱいに広がる。 とてもおいしい。ナンプラーやら唐辛子やらお約束の調味料もかけながら味の 変化を楽しみつついただく。グリーンカレーはコクがあって、辛くて甘くてムニャムニャ しておいしい。トムヤムスープは辛くて、酸味があって独特のタイの風味があって おいしい。ひき肉炒めも唐揚げもどれもこれもおいしい。 ビールがすすむ。 やっぱりアジア飯はええなあ。 それにしても量が多い。お腹いっぱいになってしまった。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

三条パクチー (タイ料理 / 京都市役所前駅、三条駅、河原町駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.5

[Translate] […]

京都、「みやこめっせ」で篆刻グループ展

京都まで月に2回篆刻を勉強に行っている。篆刻の技は一向に上達しいへんけど、 そこの仲間達とランチに行ったり、ベチャクチャと比較的どうでもええような 事どもを交流するというのが楽しくて続いている。そういうええかげんな勉強でも 時には、というと2年に1回くらいなんやけど、グループ展をやるという話があって 作品を大わらわで作らんとあかん事がある。先生は京都市内で手広く教室を開いて はるんで参加総数は70人80人と大変な数になるらしい。 それやったら偶にはちょっとまじめに作品を作ってみようかと思った。 ふだんが不真面目というわけではないけど作品というからにはそれなりにストーリーが 要るではないか。 とりあえず石を彫るのがスタートだ。幸い、前に中国の杭州で買ってきた変則的な 結構大きな石が手元にある。これやったら短い漢詩を全文載せることができるかも 知れん。 ちょっと色々策を練ってみて、李商隠という人の「楽遊原に登る」と言う詩がええんでは ないかと思った。五言絶句やから5x4=20文字で全文入れるにはちょうどええ 大きさだ。さっそく挑戦してみたら、大きさはともかく変則的な石やからなんか、 安もんの石やからなんか、節みたいに硬いとこが随所にある。そういうとこは なかなか、文字通り刃が立たたん。つるりと滑って字にならん。それでも強引に 彫っていくと手が痺れてきた。 詩はこんな具合だ。 楽遊原に登る 晩(くれ)に向(なんなん)として意(こころ)適(かな)わず、 車を駆(か)りて古原に登る。 夕陽(せきよう)無限に好し、 只、是れ黄昏に近し。 これはちょっと絵になりそうだ。篆刻の作品やけどわしは水墨画をやってるんで 水墨画を添えよう。 ちょっとええ感じになってきた。 只の自画自賛。 でついでに遊印として木印で彫ったやつを押しとこう。 「山気日夕に佳し」 陶淵明の「飲酒」詩に出て来る句だ。 側款も重要だ。 側款というのは篆刻作品の横に作者の名前や彫った意味、意図なんかを記入して、 印を押すんではなくて拓本のように墨で拓をとるのだ。 タンポやブラシやいろんな道具が要るんでこれも一つの遊びになる。 「寂寥ノ心ハ過ギユク美の儚サヲオモフヤ 丁酉(ひのととり) 泥魚」 なんて書いてみた。 最近ちょっと側款にも目覚めたんで色々挑戦したいと思ってる。

ええかっこして見たけど他の人はもっとすごい。本格的なやつばっかりだ。 直ぐにも公募展にだせそうな作品ばっかり。 許可を貰ってないんで残念ながらブログには載せられない。 因みに沢山の人が見に来てはった。こういうマイナーな世界では出展者の誰かと 何らかの関係がある人が殆どなんで、今回もそうやからいかに関係者が多いかと いうことがよくわかる。それでもたまたま飛び込みで来はるような勇気のある人 もいてそういくきっかけで世界が広がることもあるから面白い。 我なの仲間の小作品を持ち寄って遊んでみたやつも紹介しよう。

併せて一つの巨大な印に見えるかもしれんように作ってみたのが面白いかな?

こんな話をぐだぐだ書いても関係ない人には何の興味もないんやろなあって思う。 読んで頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 […]

京都、二条、「240(ニコヨン)」のカレーをいただく

この日は京都に用があった。ちょうど午後から篆刻のグループ展に作品を搬入 する予定だったのだ。午後からの予定というのがいかにもええ感じだ。京都で どっか好きなとこを探して昼飯を食えと言わんばかりの予定が具合良くぶら下がった のだ。では、どこへ行こうか、行く先は「みやこめっせ」やからそれほど異境を 彷徨うわけにもいかん。少々はええけどそれなりに近そうなとこ、ということで 地下鉄東西線二条駅近くの「240(ニコヨン)」さんに行って見よう。 この駅近くには森〇食堂という超有名なカレーの店もあるけど、「240」さんも 話題の店なんで気になっていたのだ。 地下鉄の駅を降りたら地上に出る。それはそうだ。 正面に二条城が見えるんで左に曲がって千本通りを北に上がる。 暑いけど遠いと覚悟してたほど遠くなく「240」の看板が見える。入り口で お客さんを丁寧に見送ってはるのはカレー屋さんの店主ではなくて、お隣の 美容室の店主さんやった。最近は男の人も平気で美容室に行きはる。わしは平気 ではないけど行く用もない。 それはともかく、お店に入る。

意外なことに、もしかしたら行列と覚悟してきたのに、店内はガラガラだった。 偶にはこういうラッキーなこともあるもんだ。 メニューには色々選択肢があって迷ってしまうけど客はわし1人やから焦ってしまう。 合い掛けは、3種系と2種系があるらしい。3種は年寄りには無理そうかもしれんから パキスタンカレーとごぼうのスパイスキーマというのを頂こう。 と思いきや、ごぼうのは量が少ないんで3種の時だけ出してますということだ。 残念ながら仕方が無い。パキスタンカレーとチキンカレーの合い掛けを頂こう。 チキンがかぶるんでどうかなと思いつつ注文完了。 パクチー追加、ご飯少なめ。

時々舗道を通るひとをジロジロ眺めてるうちにカレーがきた。

パキスタンカレーってどんなんやって興味森々やった。 優しいのに濃厚で奥が深い味わいがある。チキンがトロトロに溶け込んでいる。 チキンカレーの肉肉しい歯ごたえと変化があって面白美味しい。そして何より スパイス感がすばらしい。口の中でスパイスツブツブがポップに弾けて踊ってる ようだ。あんまり他では感じたことのない食感だ。とても美味しい。 今度は絶対ゴボウ入りの3種というやつを食べよう。 食べ終わりころに気がついたんやけど、お皿の模様が壁かけの模様にとても似てる。

偶然なんやろか、意識してはるんやろか? 店内の雰囲気もとてもエキゾチックでポップで良い感じだ。

ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

240 (インドカレー / 二条駅、二条城前駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.6

[Translate] […]

京都、四条烏丸、「夢処 漁師めし 雑魚や」のランチプレート

すっかり桜も散ってしまったある日、久しぶりに水墨画を一緒に勉強していた 友人たちと京都のある篆刻展を見に言った。わしらのやってる素人細工とは レベルが違うなあと圧倒される思いであった。それはさておき、久しぶりに 会ったんで飯でも行こうというのは自然な流れだ。どっかええとこないかと 友人の記憶を頼りに烏丸四条のあたりまでやってくる。バスを降りて小雨の中を 六角通りまではあと少しだ。 幸い行列はないなあ。

京町家風のお洒落な外観だ。雨の中並ばんでええのは助かるなあ。 おっと中に入ったら待ち行列が。京都の町家の中は鰻の寝床のように縦に細長い。 ここもそういう感じで、その通路で順番待ちが並んでいる。 そういうことか? で、店員さんがクーポンを確かめにきた。ここはランチプレート一品だけなのだ そうだ。それでクーポンがある人は1000円、ない人は当日券ということで1200円 なのだそうだ。クーポンってどこで売ってんの? まあ、今食べられたらええか。 せっかくやからカウンターは遠慮して待ち時間が増えるのを覚悟でテーブル席をお願いしたら やっぱり待ち時間が増えた。 それでも待てば順番がくる。2階席でくつろぎながらいただくビールがうまい。 今日のランチプレートは「春祭りプレート」、メバルの煮揚げ、桜鯛の焼霜造、桜ます 春キャベツホイル焼き、かつを漬け丼などなど。

とてもおいしそうだ。

実際おいしい。春のうまさが満載されている。この値段でこの内容というのは とてもお得感がある。行列ができるはずだ。 量もたっぷりある。わしらみたいな年寄りには十分すぎるくらいだ。 魚がたっぷりあって料理にダイナミックな変化があるのがありがたい。 ビールがすすむ。 ごちそうさんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

夢処 漁師めし 雑魚や

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 烏丸御池駅、烏丸駅、四条駅(京都市営)

[Translate] […]

京都、西院、「味どころ 佐門」で500円のチャンプルーラーメン

栄枯盛衰とか紆余曲折とか支離滅裂とか色々あったりなかったりで、唯の通りすがり でも街の景色はよく変わる。特に食べもん屋さんは激しいのではなかろうか? そんなわけで篆刻の勉強に行ってる京都、西院あたりの極々狭い範囲で昼飯や さんをさがしてうろつくとき、もういくらなんでも新しいとこは無いやろと、 古きを訪ねて新しきを知るなんてことでお茶を濁していることが多くなったと しても、時には珍しく新店の開店があったり、閉店があったり、夜しかやって なかったお店がランチを始めたりと、賑やかなことにも出くわすのがおかしい。 この日も、どこに行くとは決められず悩みつつ歩き始めた早速に、今まで昼は 無人と思っていた地下の飲み屋さん街らしきところの1軒がランチを始めたらしき 看板が目についた。

沖縄料理屋さんなんやろか? 面白そうやんか? えらい安いんとちゃうやろか? 興味津々で下に降りて行った。 靴を下駄箱にと言われた。ということは土足禁止、腰痛をかばいつつ靴を脱ぐ、 中は相当広い。テーブル席がいくつかと、奥に座敷席が沢山ある。 いくらでも宴会ができそうだ。 水はセルフやけど、お客さんが少ない時は入れたげると年寄りには優しい。 メニューを見ると表の看板通り、えらく安い。 沖縄そば風野菜たっぷりのラーメンらしい。 これ以外にも鯖寿司が気になる。1本1300円くらい? こんなんあり得るやろか? 是非、頂きたいって思ったけど残念ながら予約しないとダメらしい。 では、カレー風味というやつを頂こう。

なるほど野菜たっぷりで、その甘みが出汁にたっぷり出てる。とてもおいしい。 カレー味というほどではないけどほんのりカレー風味で唐辛子を加えるとええ感じ になる。そばは硬すぎず柔らかすぎず、沖縄風味のしなやか感もあってとても美味しい。 この値段でこのラーメンが食えるなら素晴らしいではないか。 ランチは最近始めたのだそうだ。すぐに見つかって運がよかった。 これやったら居酒屋使いも是非やりたいし、あの鯖寿司も試してみたい。 これからが楽しみな店になりそうだ。 ご馳走様って言いかけたら、なんとインスタントでセルフやけどコーヒーも頂ける、 混んでる時はダメですよということやけど、素晴らしいサービスもあった。 これで又ひとしきり無駄話ができる。 ありがたい。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

南国パラダイス in 鯖寿司 宴会料理 佐門

関連ランキング:居酒屋 | 西院駅(京福)、西院駅(阪急)、西大路三条駅

[Translate] […]

京都、四条大宮、「ムジャラ」のランチ

四条大宮に美味しいカレー屋さんがあると聞いた。しかし、西は西院あたり、 東は東大路とか河原町、烏丸あたりはよくいくけど四条大宮は中途半端であんまり 行く機会がない。いつかついでをつくってと狙っていたらちょうど四条烏丸で用が あって、お昼過ぎだ。これはちょうどええ。帰りに寄ろうと決めた。 バス停から南に高辻通りまで行って、地図を印刷してない、果たして右か左か? ちょっと西に行きかけて気配が少ない、やっぱり東か? 歩いてると、テレビで時々見るお笑いタレントが歩いてる。カメラクルーもついてる。 乳母車みたいなアルミの箱を引いて何かの番組取材らしい。わしは店が見つからんで 焦ってるんで知らん顔して通り過ぎる。もちろん知った顔したって何かがあるわけ ではない。でもお店はない。やっぱり西側か? 戻ろう。 おや、もういない。で、しばらく西に行くと、あった。

もうお昼時をだいぶ過ぎてるんで行列はないし、お店のなかも空いている。 お腹もだいぶ空いている。 メニューを見て、

本日のカレーから2種合いがけ、というか、2種しかないけど、それを頂く事に。 ブタバラカレーと豆カレーパープルフラワーというやつだ。 付け合わせもいっぱいあるらしい。 待ってる間に、さっきのテレビの話をしたら、うちにも来てくれたらええのにって えらい残念がってはった。 成る程、わしらにはどうでもええんやけど、お店の人はちょっとでも宣伝になるから ええんかなあ? それともあんなんが好きなんかなあ? 余計なことを考えてるうちに料理ができあがった。

なんと綺麗な料理なんやろ。特に紫が美しい。これがパープルフラワーって言うん やろか。その他の副菜もどれも美しい。味もその美しさに見合って多種多彩の 味わいが渾然としてとても美味しい。特に野菜の味わいが際立っているのでは ないかと思う。酸味もいっぱいあってわしの大好きな味だ。それにスパイス感が 素晴らしい。今まで見たことも食べたこともないと言うと大袈裟やけど、それほど 斬新な味わいでもあった。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

時々京都遊、哲学の道、霊鑑寺で椿を見る

さて、風情のある観光地の真っ只中で湯豆腐をいただいて、そのまま帰ってしまう のももったいない。すぐ近くに霊鑑寺という人があって椿が美しいという。 では、みんなで仲良く見学に行こう。 なるほど椿か、椿ってわざわざ見に行かんでも家の庭やそのへんの咲いてんのと ちゃうやろかと素人くさいことを考えつつ中に入った。

さすが門跡寺院というだけあってえらい立派な玄関だ。

もしかしたら円山応挙? お庭もなかなか風情がある。 苔がええですなあ。

雰囲気がある。

山の斜面をうまく使って変化のある立体感を楽しめるようになっている。

建物の中は撮影禁止。 お庭の椿は問題無し。

日光椿やらいろいろあるらしいけどようわからん。

美しいことは間違いない。それだけやなくてそこはとない品があるのではないだろうか。

と言うことで霊鑑寺、特別拝観終了。 ありがたいものを見せていただいた。 続いてもうひとつ、法然院を拝観させていただく。

この山門はとても気に入っている。特に雪が積もるとエエ感じになる。 脇にある、「葷酒山門に入るを許さず」の碑がカッコええと思う。 ここに来るまでの道もいい。 ここの墓地は居心地が良いらしく、谷崎潤一郎夫妻を始め、文化人のお墓が多い という。 門から入ってすぐ、左右に白砂壇と呼ばれる白い盛り砂が特徴的だ。心身を清めて 浄域に入るということを意味するらしい。

欲望にまみれたわしもきっと清められたことと思う。 ありがたや。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

京都、哲学の道、「㐂さ起」の湯豆腐

ほぼ2年に一回くらい、古い友人たちと湯豆腐の会をするのが習わしになっている。 昔、あるIT関連のユーザ会で知り合った仲間たちやけど、いつの間にか、キャンプを したり食べにいったりと遊びで集まる方がメインになってしまって、そのユーザ会 もなくなってしまってみなさん歳をとってきて、だんだんと共通の遊びも少なく なってきて、時々思い出したように湯豆腐の会でもやろうやというくらいのゆるい 繋がりが残っているのだ。今までは、嵐山近辺が多かったんやけど、それについても 別段の理由がなくて、だれか予約する面倒を引き受けてくれる人がいたらその人 まかせにするといういつもの流れで、こんかいは、右京から左京にところを変えて 哲学の道の中程、法然院のそばにある「㐂さ起」という老舗の湯豆腐屋さんに 集まることになった。 場所はええことやけど行くの結構不便ではある。バスで行く方法がいくつかある けど、観光客が一杯で結構面倒くさい。大阪から京阪電車に乗って出町柳まで きたもののバス停でバスを見てると満員のやつが行ったり来たりしてるんで、 いっそ歩いた方がましやんかとズルズルと歩いてしまった。 百万遍から銀閣寺までは観光客は殆どいなくて、銀閣寺についたとたんにドドっと 人出にでくわした。やっぱりしゃあない。そっから哲学に道に入ると、桜の開花の 少し前の頃やったんで、さすがにやや少なめと思われる程度ではあった。

お店は大きな看板があるんで簡単に見つかった。

2階のええ席をとってくれてたんで、さすがに眺めがいい。京都の街が一望できる。 ええ場所やなあと思いつつ、すぐにビールをお酒をいただき始めてエエ機嫌になって しまう。いつもの仲間やからうだうだと何も考えずに喋っては飲んでいると、 京都らしい上品な盛り合わせが出て来た。

彩もお味も全てが品良くまとまっている。やっぱり京都やね。 季節のものが一杯つまっている。もう春が来たとわかる味わいだ。 野菜の天麩羅もとてもおいしい。

胡麻豆腐も一味違うようだ。

もうこれで十分って思えるのにこれからが本番の湯豆腐だ。

グラグラ煮え立ってちょうど食べごろだ。 嵐山のとはまた違った美味しさだ。 「そろそろご飯をお持ちしましょうか?」と言われても、いつまでたっても 「まだ後でええよ」って答えるわしらはただの酔っ払い、嫌な客だ。

いやもうお腹いっぱい。お酒もたっぷりいただいて大満足だ。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

喜さ起

関連ランキング:豆腐料理・湯葉料理 | 元田中駅、蹴上駅、茶山駅

[Translate] […]

京都、西院、再訪、「カフェマノワール」のランチセット

ずっと前にブログに載せてからこの店には何度か行っている。篆刻の勉強が終わった あとのランチの場所に不自由することが多くなって、それは店がないわけではなくて 行ったことがない店が少なくなってというか、ある限られた範囲の、それなりの 条件をみたす店で新しい店が見当たらなくなってというふうな訳の分からん理由 で、行ったことのあるお店に何度も行くという結果を招いているんやけど、 簡単に言えば昼飯を食うだけのことなんでそれはそれでいいのだ。 なんとか行ったことのない店を探したいという自分自身の意味のない縛りをなくして しまえば事は簡単で、美味しかったという記憶に引きずられるままに前に進めば ええことになる。 そんなええかげんさで四条通を東から西大路の交差点に向かい、交差点の1本手前 の路地を左に曲がる。 少し行くと右手にイタリア国旗が見える。 おしゃれなイタリア料理店のような雰囲気のお店だ。まあイタリア料理店やから あたりまえなんやけど。 で、中に入ると店の外観にふさわしい居心地のよさそうなテーブル席がいくつか ある。 で、わしはここのオムライスが好きなんでいつもそれを頂いているけど、今日は 違うもんにしよう。この日のランチは鶏料理だ。これにしよう。 ご飯かパンか? パンの方がカロリーが少ない? どうかな?

パンはカリッとして美味しい。トマトスープもとても美味しい。 ええランチやなあって思う。 鶏はバターがたっぷりで柔らかくて食べやすい。サラダと一緒にいただくと、 いくらでも食べられる。ゆっくり味わうつもりがあっという間に完食してしまった。 とはいうものの、食後の珈琲を頂きながら、篆刻仲間といつまでもダラダラと お喋りをしてしまってる。 わしらが一番お尻が長かったわけではないんやけど、あんまり顰蹙を買わん内 に退散したほうがよさそうだ。 居心地の良いお店で、久し振りに美味しい洋食を頂いた。 ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

カフェマノワール

関連ランキング:イタリアン | 西院駅(阪急)、西院駅(京福)、西大路三条駅

[Translate] […]