ブログ村ブログパーツ

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-20、鎮遠の街をぶらぶら歩く。

では、街歩きを始めよう。天気はよくないけど雨は小降りだ。最初に街全体を ざくっと見て回ってから、自由時間をとってスケッチしよう。

最初に商店街を東に抜けきって橋まで行く。

真ん中に楼閣がある印象的な橋だ。

橋を渡って対岸に出る。対岸側にも道路はあるけどこっちは新しい道路だ。

小さな 山が迫ってきている。その山に貼り付くように寺院があって、今からその寺院に 登っていく。特に寺院に興味があるわけではないんやけど上に上ったら対岸の景色が 一望できるという期待で階段をこつこつ一歩ずつ進む。

観光客が増え始めた。雨も降ってきた。どっちにしても歩き難い。 しばらくいくと展望台に出た。

川の向こう側の古鎮がよく見える。この村は川が湾曲した凸の部分にあるすぐ背後に ある山の麓のわずかな平地にビチビチに軒を寄せ合って暮らしているみたい。

それも、平家というのが見当たらない。殆どが3階建以上みたい、どんな理由が あるんかわからんけどえらい人口密集地帯になる。 それとそれぞれの建物にウダツがある。ウダツというのは「うだつがあがる」の あのウダツで、防火用の仕切りみたいなやつだ。ほんまの防火目的なんか、ことわざ 通りに金持ちの印なんかそれはようわからんけどとにかく多い。

そういう塊が街を形成してるんで一見独特の迫力があってそれがとても面白い。 この風景は後でスケッチしに来よう。 覚えておいて山を下る。こんどは又対岸に戻って、街の中を歩く。

商店街から奥に入るとすぐに上り坂だ。

石段を上がって行く。

石畳と石造りの壁が面白い。

どこにでもありそうで独特なようで、きっちりしてそうで歪んでもいる。

いくらでも上へ行きそうやなあ、しんどいなあって思ってたら家並みが尽きてきた。 この街の様子は大体わかった。 かな? そろそろスケッチの場所探しに行こう。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-19、鎮遠の朝ごはん。

さて、旅に来ても口卑しいわしは食事の時間が楽しみだ。特に今朝はホテルの 朝飯をパスして昨夜見つけた豆腐屋さんに食いにいくのだ。 観光地ではあるが朝は普通の朝だ。

電車見たいなバスが走ってくる。観光客より街の人が多い。 豆腐の店はホテルを出て通りを右方向に10米ほど行ったところにある。

こういう安くて美味くて手軽な店は朝の出勤前の人たちで混み混みなんやけど、 幸いピークを過ぎた頃やったんやろか皆の分の席があった。

朝飯はメニューの右の欄のやつやけど、面倒はいらない、すっぴんの豆腐花でいい。 豆腐花とか豆花というのはいわゆる朧豆腐のことだ。油脂分はないんで消化にええし、 カロリーも少ないんで朝飯とするにはちょうどええ。 いろんな薬味が揃ってる。辛そうなやつに目をつけとこう。

待ってる間にガイドさんが揚げ餅みたいなのを買ってきてくれた。

この地の名物らしい。とても美味しい。 唐辛子の薬味をつけるとさらに風味が増す。 それで豆腐花が来た。

とてもシンプル、見た目通りの味わいだ。つるんとしてふわっとしてる。ネギの風味が 味を引き立てる。こういうやつは杭州で留学生暮らしをしてる時によく食べに行った。 豆腐屋さんというのはアジアの朝の風物詩なんかもしれん。特に中国は朝飯を 外食する人が多いんで、包子(豚まん)屋さんや豆乳と揚げパン屋さん、あるいは 麺屋さんなどと露店や屋台、お粥屋さん、それに近い簡易ご飯やさんなどがそう言う人たち を狙って朝早くから店を開けていて、お客さんもすっかりその気で、朝から賑わってるん やけど、ようできたもんで美味しい店は行列ができるし、美味しくない店は閑散と するのは世の常、東西を問わない。 ここのはとても美味しい。 薬味を入れるとさらに味が引き立つ。

これに油条(揚げパン)なんかがあるとさらに美味しいんやけど今回は揚げ餅で 我慢しよう。 さて、お腹スッキリ、ご馳走様したあとは鎮遠の街を見て回るのだ。

朝霧が出てるあいだにええとこを見て回れたらええなあって思う。

見所は二箇所、川をはさんでこっちとあっち。こっちを見るにはあっちに行かんと あかんし、あっちを見るにはこっちから。 今回は予想外の面白さがあるかもしれん。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-18、鎮遠で晩御飯。

さて、夜遅くなって腹も減った。手っ取り早く食いたいけど妥協もしたくない。 何ちゅうても地元飯がええ。ということでホテルからほど近いこの店に。

というかホテルのある通りに土産物屋さんや地元物産屋さんや食堂、飯屋さんが 集中してるんで何をするにも簡単なのだ。で、この店は地元少数民族の特色菜を 食わせるというところなのだ。 ビールは燕京生ビール。北京のメーカーやけど大手やからどこにでもある。

すっきり軽くて飲みやすい。中国のビールは大体が軽い。 まずは豆腐炒め。

厚揚げみたいやけど豆腐だ。どっしりして日本のよりはやや癖があるけどとても 美味しい。辛さが癖になる。 トコロテンのような微妙な味わい。

黒酢のニンニクとネギの薬味に酸味が利いてビールのアテによい。 いつもの卵焼き。

野菜がたっぷり入ってるんで美味しい。 次は茄子、分かりやすいけどちと辛い。

でもとても美味しい。 中国料理でゴーヤ炒めは珍しいんとちゃうやろか?

やっぱり卵と炒めるんが定番か? これも分かりやすい、豚肉炒め、

野菜がシャキシャキとおいしい。 野菜のスープ。とてもいい。

シンプルやけど良い出汁が出てる。 鶏肉料理をたのむとスープで出る場合が多い。一羽潰して全てを使うからやろか?

いろんな部位の肉があってとてもおいしい。 これも肉野菜炒め、

いろんなバライティーがある。 キノコを刻んで炒めたやつ。

これがとても美味しい、癖になる味だ。地元ならではかもしれん。 ごはんもたっぷりある。

小さいお椀にご飯を入れて、いろんなおかずを乗せて食べるのが中国流なんやろと 思う。 これもキノコスープ。

どっしり強めの味やけどさっぱりもしてる。面白い。 途中からはビールでもの足りんようになってきた。

地元の白酒(バイヂュウ)を頂く。30度前後かな?それほどきつくはなくて とても美味しい。 こっちは牛肉の野菜炒め、

食感がとても良い。 […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-17、鳳凰古城から鎮遠へ。

雨の中でスケッチをするのは結構面倒だ。傘をさして、スケッチブックを持って、 ペンを持って、手は2本やから3つ持つのは難しい。傘を持ってペンも持ってたら絵が描けへん、 スケッチブックもってペンも持ってたらもちろん絵が描けへん。傘を持ってスケッチブックを 持つしかない。スケッチブックはしっかり持っとかんとあかん。 結局は傘がおろそかになってベトベトと濡れることになる。わしより、スケッチブックが 濡れるのがちと困る。

いくつか描いたらもうおしまいにしようとくじけてきた。それにもうあんまり時間がない。 では、老街の様子をみながらちゃっちゃと帰ろう。 で、思い出した。この街で酒を買うんやった。そやから来た時からチョロチョロ物色 してたはずだ。それを思い出しながら一軒の酒屋に立ち寄った。ひと抱えはありそうな 酒の壺がいくつも並べてある。それぞれに自家製の白酒(バイヂュウ)が入っている。 「飲んで見る?」って聞いてくれる。「たのむわ」、喜んでいただく。 どれも美味しい。立て続けに4、5杯飲む。もちろん小さいグラスやけど結構まわる。 どれも美味しい。飲んだからには買わんとあかん、というか最初から買う気満々で ここにいる。どれにしようか悩ましいけどあんまり時間をかけてるわけにもいかん。 これにしようか、「土匪」って甕に描いてある。いかにも山の中でざくっと造られたって 感じがする。名前の気分だけで買いそうやけど味はワイルドというよりは繊細で ビリっとしてて深みもある。「これを1斤下さい。」、ここは量り売りなんで、 重さで注文するとおっちゃんがひしゃくですくってプラスチックの瓢箪みたいな 容器に入れてくれるのだ。沢山買って日本に持って帰れたらええんやけどこの容器が 曲者なのだ。ここのはどうかはわからんけど、中国で酒をかったらどの容器も キャップのところから微妙に酒が滲み出してくるのだ。酒屋とかスーパーで買った 酒でもそうなる。飛行機に乗るときは酒をスーツケースに入れて預け荷物にせんと あかんから、スーツケースの中で酒がもれてえらいことになる。そのために酒を 買ったらキャップのところをセロテープで止めて全体をポリ袋に入れてと結構 面倒なのだ。で、今回はとりあえず1本買って、おいしくて、漏れないようやったら 他の古鎮でもっと買って日本に持って帰ろう、漏れるようやったら旅の間に飲んで しまおうと考えてた。とりあえずは漏れてないけど後どうなるかお楽しみだ。

酒を買うのにえらく手間取った。もうあんまり時間がない。ちゃっちゃと集合場所に 戻らんとあかん。雨の中をちゃっちゃと歩く。 バスの中は雨が降ってない。ここから約220キロの旅だ。貴州省鎮遠というところを 目指す。もう15時を過ぎてるから着くのは夕方になってしまうやろ。

いつものように2時間に20分の休憩をとりながらゆったりと行く。安全運転やから ありがたい。走り始めたらじきに貴州省に入る。隣り合わせやから近いのだ。 省が違うと暮らしぶりも違って来てそれを見ながら走るのも楽しみの一つなんやけど 高速を走ってたら只々コンクリートの道が見えるだけだ。 19時頃、鎮遠の街に着いた。

「おおっ、ええとこやん」、皆の歓声があがる。大きな川の畔りにある街で、密集した 家々がいい感じの風情になっている。

とりあえず雨はやんでいる。

どんどん暗くなっていくけど、老街はそれがええ感じになるのだ。

石畳の街を歩きながら、老街を、と言うても観光用の土産もん屋街なんやけど、 感じながら、晩御飯を食べに行こう。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

[…]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-16、鳳凰古城、雨の老街。

さて、スケッチするぞっていきりたってもなかなかどこがどうだか定まらない。 とりあえず回廊みたいになった立派な橋があるんでその中に入って街の様子を見て見よう。 屋根があったら濡れへんからスケッチがし易い。ここからは川から見た老街のほぼ 全容が見える。

普通、よくある水郷の村は建物がメインで古びて趣のある家が並んだ側をひっそりと 疏水が流れているような興趣をつくろうとしてるように思える。 ここの場合は、川がメインであるかのようだ。川に張り出す古びた家、今は殆どが ホテルなんやろけど、それに川から突き出たつっかい棒の奇妙な光景が面白い。

けど、それもこれもよう見たら古くて新しい気がしてならない。スケッチが終わったら 老街を歩いてみよう。

雨の老街も悪くは無い。けどもう少し生活感があったほうがありがたい。お土産屋感が 強すぎる。

修復されながら残ってる城壁は今では散歩道になっていて、その上に登るとまた視点が 変わって面白い。

中国や他の東南アジアの街でも横の路地をうまくつかって商売をしてるのをよく見る。

ここではお酒を売ってる。そうや、わしも酒を探さんとあかんのやった。けど、 スケッチが先や。けど、酒も気になる。どうも甕から汲んで量り売りで売ってるらしい。 ええなあ。 そっちに気をとられんと風景に集中しよう。

路地を入って行くと、

普通の暮らしもある。

これが昔ながらの佇まいやったらよかったのにと勝手に思う。 だんだん時間がなくなってきた。

このあたりで少し描いてみよう。

城門も面白いけど通り過ぎる人も面白い。 雨は一向に止む気配がない。

鳳凰古城

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-15、鳳凰古城、遊覧船に乗る。

こういう疎水や運河のある古鎮では船に乗るのがごく一般の当たり前の観光コースやけど それが意外と面白い。例えば、蘇州の水郷庭園の中やったり、その近くの周荘やったり、 蘇州と杭州の間くらいにある紹興のそばの安昌古鎮であったり、ずっと離れた南尋と 言う古鎮にある川やったり、どこも似てると言うてしまえばそれまでやけど、 道路から見るよりはぐっと下がった視点から見上げるように眺める景色は、なかなか 新鮮で良いなと思う。

雨の中やと屋根はあるけど傘はさせないんで濡れやすい。

エンジンがついたやつやと一瞬で終わってしまうけど、竿で押してすすむやつや からゆっくりすべるように進んでそれが風情になっている。

ここではテラスを、あるいは家全体を、その力学と意味がもひとつようわからんけど 長い棒で支えるのが特徴みたい、あっちでもこっちでも規則性があるのか、ないのか 長い棒がニョキニョキでている。

それにこのテラスにあるゆり椅子みたいなんはなんやろ? 不思議でならん。

多分これは全部民宿かホテルの部屋なんやろと思う。それぞれの客室にあれがある。 中国人ってよっぽどゆらゆら揺れる椅子が好きなんやろか? それとも何かのドラマ に出て来て、にわかに流行り出したんやろか? それとも誰か有名なアイドルか なんかがここにきて揺ら揺らしはったんやろか? 1部屋にかならず一つという意味がようわからん。

これだけの建物が川の両側にびっしりと並んでるけど、普通の民家は今では全く無い と思う。元々は少数民族が住んではった村が観光化するに連れて、お金を持った 漢民族の人たちがどんどんやってきてええ場所から順にどんどん買い上げて宿や レストラン、土産物屋にしていったんやと思う。 追い出された人たちはどうなったんやろ? ほんとかどうかわからん、ただの 妄想かもしれん。

ゴミ掃除のふねはどこでもいてる。でも野菜を洗ったり、料理の下拵えをしたり、洗濯したりもしてる。

船の旅は橋をくぐるのが良い感じだ。

橋は古ければ古いほど良い。石造りの苔むした奴があればなおいい。しかしなかなか そうはいかん。 さて、そろそろ終わりが近い。

向こうについたら、ええとこ探してスケッチをせんとあかん。 風情がなくなったって嘆いてもしょうがない。ええとこ探そ。

鳳凰古城

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-14、鳳凰古城で昼ごはん。

この鳳凰古城では、できるだけ自由時間をとってスケッチを描きたいというのが わしらの希望だ。雨がそぼふるなかでスケッチなんか描きたいないって言う人も いるし、雨が降ろうが槍が降ろうが描くぞと言う人もいる。それはまあそれで ええんやけど自由時間だけはたくさんとろう。ということで昼飯はできるだけ簡単に、 そして一応ここの全容を簡単に把握するために運河下りの船に乗って、それを 降りた地点で解散という風に決めた。集合場所はあらかじめ決めてある。 何はともあれ、簡単にさくっと食える店をさがそう。と言いながら漬物屋を探す。 殆ど無い。

簡単な飯屋は見つかった。とりあえず麺とチャーハンと簡単なモノをたのもう。 その間にガイドさんが漬物を買いに行ってくれるようだ。ありがたい。

待ってる間に麺を食う。

不味くはないが美味しくも無い。辛さもええし、麺もええ具合につるんとしてるん やけどスープがもひとつだ。あんまりスープを美味しく飲むという考え方がないんと ちゃうやろか? 小吃も少々。

これ以外にも2、3品、見るべきものなし。写真もとらず。 がっかりしてるとこへ漬物が来た。

これが美味い。素晴らしい。無理に買いに行ってもらったかいがあった。レンコンやら キャベツやらキュウリやら、普通は漬物にせんような野菜がいっぱい入ってる。 全体に甘酸っぱさが広がる中に唐辛子の辛さがなかなかのものだ。 どれもさくっと嚙み切れるし、食感もとても良い。 よかったなあ。 ちなみにチャーハンもきたけど特筆に足らず。 よう考えたら昼飯で時間を食ってるわけにはいかんのだ。ちゃっちゃと食って、 観光船に乗って、そのあとはスケッチだ。

それにしても雨が止まへんのがつらいなあ。

傘をさして船着場まで行く。 たくさんの人が並んで順番を待ってはる。ちゃっちゃと乗れって急かされる。

やれやれ観光地やからしょうがない。

鳳凰古城

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-13、鳳凰古城へ向かう。

さて、武陵源の観光は終わった。今日は朝から鳳凰古城へ向かうのだ。今回の 楽しみの場所の一つでもある。その前に少し散歩してみよう。やっぱりここの景色 少々気味が悪い。

山の形がどこか不気味な気がする。

何年も前に武陵源に来た時は張家界の空港について張家界市に泊まった。街自体は 何て事はないんやけど空港から見る景色が気持ち悪かった。怪しげな山があって 何と山に横穴が空いているのだ。夕闇迫る空を背景にこの山を見てるとなぜか ほとんど悪意のようなものを感じて薄気味悪かった。

それ以来張家界、武陵源というと気持ち悪いとこというのがわしの脳内に刷り込まれている。 ここは、あれほどではない。どちらかというと普通に近い。でも普通でもない。 このあたりは妖気が漂ってんのとちゃうやろかと思うこともなく飯を食ってバスに 乗った。 鳳凰古城はここから3時間ほどかな? 昔は国道をひた走った。えらい乱暴な運転 やったんでヒヤヒヤしたけど今回は高速道路を安全運転だ。最近は安全輸送の為の 規制がきついらしく速度厳守や休憩厳守が義務付けられてるみたい。 地図の上では途中で芙蓉鎮のそばを通過する。 ここは文革時代の悲劇を描いた映画で有名な村で、前回来た時に帰りに寄った。 米豆腐というのが有名でこれも食った。小さな印象的な村やったけど、その時点で すでに観光化されかけてて危惧してたんで今回も計画にいれかけたけど高速を降りると かなり遠回りになるんでやめといた。 小雨の中を一路鳳凰古城を目指す。 今回の鳳凰古城では印象的な水縁の古鎮の風景をも一回見たいのと加えて、食いたい もんが一つ、買いたいもんが一つ。 食いたいもんって漬物だ。これでランチ、それで十分。前に来た時は街角の漬物屋 さんがあってイートインみたいになってて外の屋台から焼きそばとかを買って来て 一緒に食った。これがメチャ美味かった。是非あれを再現したい。もう一つは地酒だ。 何かで調べてたらこのあたりは地酒が有名らしい。地酒と言うても当然日本酒ではない。 白酒(バイヂュウ)というやつだ。大体40度以上あってかなり強いし、結構癖も あるけど、飲み出したらくせになるという代物だ。それの美味いヤツがあるという なら是非飲みたい。 なんて、目標を持って進もう。 道中1回の休憩の後、雨が降りしきる鳳凰古城に到着。

ほんまにこれがそうかいな?

えらい変わりようだ。建物が綺麗に、しっかりした作りになっている。

昔からあるように見せながらようみたら新しい。見た目の人の多さは 変わらへんけど、中国国内は空前の旅行ブームやそうやから、細かく修復して 受け入れ態勢を整えてるんやろとおもう。綺麗なるんに文句言うてもしゃあないけど 何か釈然としない。

まあ、とにかく昼飯でも食って気をとりなおそう。

鳳凰古城

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-12、武陵源の少数民族レストランで晩御飯。

さて、ホテルに戻って一休みしたら日が暮れた。晩飯の時間だ。今から、少数民族の レストランに行くと言う。そうかあんまり気が進まんなあって思う。 観光地の真っ只中、いかにもって言うとこは高いし美味しくないし、面白くもない。 しかし、観光専門の小さな街やからあんまり選択肢がない。ましてわしらは少々 人数が多いんで気楽にどっかの屋台でというわけにも行かない。やむを得ん。 やっぱりいかにもでお出迎え。

民族衣装で民族踊りを踊って迎えてくれた。 歓迎の印に一人ずつお酒をいただくのだそうだ。

梅酒みたいな味やね。

そしていかにもと言うレストランに入っていく。 入ってしまったら文句を言わんと楽しもう。 とりあえずはビールで乾杯する。

いつも行った先々で地元のビールを飲むことにしている。中国のビールは概して軽いんで あんまり変わりはないけど時々コクのあるやつにあたることもある。 ここのは普通やね。 最後はちょっときついのが欲しくなってバイヂュウ(白酒)をいただいた。

やっぱりこれやね。蒸留酒は効くなあ、とろっとしてとても美味しい。 これは軽いから30度くらいかな? 食べたものを紹介しよう。 前菜から、

名前はようわからんけど野菜の料理、もやしではない、干豆腐みたいな味。 貴州料理やから基本はどうしても辛いけど、辛いのが苦手な人も多いんで気をつかう。 次は豆腐、ちょっと癖があるけど美味しい。

辛さはほとんど無い。 これは唐辛子と豚肉の炒め物。

もちろん辛い。 それでナスの炒め物、やっぱり辛さがびりっとくる。わしはそれが好き。

野菜料理はとにかく美味しい。 辛いの嫌いな人に配慮してトマトと卵のスープ、これは全く辛く無い。

なかなか美味しい。 ベーコンというか塩漬けを風干した豚肉と野菜の炒め物。

ちょっと油濃いけどとても美味しい、けど辛い。 ジャガイモの千切りの炒め物。中国の定番料理。

全く辛く無い。けど美味しい。 見た目通り、春雨と野菜の蒸し鍋みたいなやつ。

とても美味しい。 わしの好きな卵料理。

これは全く辛くない。香ばしくてフワフワでとても美味しい。 これは何やったかなあ? 豆腐みたいなやつをあげたやつ?ピリ辛でとても […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-11、武陵源、十里画廊へ。

さてエレベータはガラス張りだ。ということは岩の中ではない。ということは 外が見える。

確かに良い景色がみえる。

かなりの時間乗ってたように思うけど、あっと言うまでもあったような気もする。 ついたら広場があって事務所があって、やっとトイレがある。このあたりの景色も なかなか面白い。

上から見てたのを下から見上げるという視点の変化が新鮮だ。

お猿さんも沢山いてはる。気をつけんとお菓子などをさっと持って行くのは日本の 猿とおんなじだ。愛嬌があって可愛いけどいたずら好きちょこちょことやかましい。

振り返ってみるとあれがエレベータなのだ。

景色がええはずやなあ。それにしても高い。ビルの何十階分もあるんとちゃうやろか? それで、ここから、トロッコ列車に乗る。

その行く手の窓から見えるのが十里画廊という風景区なのだそうだ。 つまり、十里も続く絶景風景があるということらしい。

もちろん歩いても行ける。トロッコ軌道沿いに遊歩道が設けてある。

ここでもいつものパターンが始まった。 あの岩は何にみえますか? そうですね。何かの形によく似てますねえ?

あなたの想像どおりではないかもしれん。 爺さんがおるとか婆さんがおるとか、何やったんやろ? さっぱり覚えてへん。

仲良し3姉妹?

画廊っていうけど全くそんな感じはしいへん。

変化に富んでるって言うたらそうかもしれんけど、見いへんよりは見た方がええけど 絶景というほどではない。ただ、首が痛い。

20分ほどで終わってしまった。 行き着いた先には何もない。又元にもどらんと次に行かれへん。トロッコで戻るか 歩いてもどるか? 同じトロッコに乗るんも味気ないけど歩いても同じ景色があるだけ、悩ましい。 結局、もう一箇所行ってみるかということでトコッロで戻る。 後はバスでもう一箇所。 ちょっと疲れたなあ。 行ったさきは森の中のキャンプ地みたいなとこ、

特にどうということはなかった。 最後は又バスの順番待ちをして麓に戻る。これで武陵源の観光はおしまいだ。

十里画廊風景区

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

[…]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-10、武陵源、袁家界天下第一橋へ。

さて、午後の部はここから袁家界天下第一橋というところまで二時間以上歩いて いかんとあかんらしい。しかも登りだ。因みに武陵源には、袁家界とか、張家界とか、 楊家界とかいろんな界があって、それぞれが、袁一族の村とか張一族の村とか 楊一族の村とかを表しているというような説明を聞いたような気がするけど、 定かではない。巨大な山塊のなかに部族ごとの境界があっても不思議はないとは 思う。今では風景と世界が紐付きになってるようやけどなにがどうなってるかは 言われるがままに行くしかないのだ。 ビールを飲んだんで、体が重いし、なによりトイレが心配だ。 とにかく登る。 これから行くところが、映画「アバター」の舞台になったところらしい。 そう聞いてしまうと、さあ見るぞって気合がはいってしまう。

映画はみたことはないけど、奇妙な岩の間をビュンビュン飛び回るようなCGか アニメかようわからん映像を見る機会は多かった。さて、どうだ。 まずは、天然の橋を見るらしい。

自然が作った橋、よくある感じやけど、こういう奇観、奇岩の中にあるんで値打ちが あるんかもしれん。それにしても人が多い。どこへ行くにも行列の中を進む。 けどまあ想定してたより少ないとも言えるんでまあええか。

すごいというても朝見た景色とそれほど違いがあるわけではない。似て非なるものが あるというだけなんで、見たらついカメラを向けてしまうけど、少々退屈してきた ような気分ではある。

自撮り棒が流行ってるんで、写す人、撮られる人、両方で場所を占領するというのが 少なくなったわいって安心してたら、ここではやっぱり場所を占領してポーズを決める 人が多い。気がすむまで時間がかかるんで腹が立つ。

とりあえず前に進まんことには次のステップに行かれへんのでひたすら前へ。

亀のいる東屋へ。

本物の亀もいてるから面白い。

そろそろビールが効いてきてトイレに行きたくなってきた。 東屋があってもトイレはないのだ。 こういうものが自然の浸食作用で出来たんであれば、すごいもんではある。

そのうちやっと終点に着いた。 ここからはエレベータで降りるらしい。 こんな山の中にエレベーター? 岩盤の中を縦にくり抜いてエレベーターを つけたんやろか? すごいなあ。肝心な時にカメラが使われへん。それに順番争いが きついんで急いでいかんとあかん。 まあ、エレベーターに乗るだけやから騒ぐことはあらへんのやけど、何事も観光だ。 ということで次のステージへ。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-09、武陵源で昼ごはん。

先ほど、天子山風景区でいた時、珍しく日本人の団体観光客にであった。わしらが 旅行する場所はいつもマイナーなとこばっかりなんで殆ど日本人の観光客に出会う 事はないけどさすがこのあたりは有名な絶景スポットやから沢山の日本人観光客が 来ても不思議ではない。日本の有名な観光会社のツアーで福島の方から来はったらしい。 わしらは馴れ馴れしく話しかけにいったけど若い添乗員さんは緊張気味だ。 わしらは邪魔せんと次に行こう。風景区の中は無料のバスに乗れる。どこに行ってもいい。 けどどこに行くかは地図と計画が必要だ。わしらも現地ガイドさん任せなんで 面倒なく、いいなりにバスに乗る。ここから一旦ググッと下がって、殆ど山を 降りて、中継基地のようなとこにいく。そこに飯を食うレストランなんかがある ようだ。途中、途中の露天店で適当に買い食いして腹を満たしてもええんやけど ガイドさんからするとちと不本意みたいだ。 それにしてもわしのデジカメがえらい不調だ。どっかに当てたんかもしれん。 スイッチを押してもレンズが出たり出えへんかったりする。何度も押したり、 引いたりはできへんからも一回押したり、してるうちに行けるようになる。 バッテリーを抜き差ししてもおんなじことだ。 何を言いたいかというと、タイミングよく写真がとれなくなってきたと言うことだ。 それはともかく、レストランのある建物についた。 ここ一箇所しかないようでとにかく混んでいる。 中に入る。 やっぱりなあ。 観光地のレストランそのものだ。高い。定食セットしかなさそう。しかも不味そう。 気が進まん。しかし、ここしかないと言う。 なんか簡単なやつはないか。ラーメンとチャーハンが目についた。 ガイドさんに頼んで、大きな鉢にラーメンとチャーハンを何人前かずつ入れて もらって其々を何人かずつでシェアするということにできへんやろかと交渉して もらった。 交渉の力はえらいもんだ。ビールをのんでるあいだに、そういう事で話がまとまった。

よかった。食いたくないもんを食って、お金と時間を無駄にしたくない。 で、ラーメンはこれだ。

チャーハンはこれだ。

どちらも定食セットについてくるやつで元々単品で供するものではない。 麺や餃子やチャーハンは中華料理の中では主食という位置付けなんでおかずがあって 普通の組み合わせになる。濃い味の中華料理での主食やから白ご飯のように、味は 薄い。ラーメンも出汁は薄味やし、チャーハンもとても淡白だ。わしらはこれで 一食賄おうと言う気なんで、卓上にある辛味噌や黒酢みたいなんを足して味付けを する。美味しくはないが不味くはない。麺はつるんとして食べやすく美味しい。 チャーハンも軽くパサっとなるよう上手に炒めてるんで味を足せばなかなかの ものだ。 ということで目出度く昼食作戦は完了したのであった。 簡単に言えば、定食をおかず抜きで食ったようなものなのだ。 せこいにもほどがある。 何はともあれ、ごちそうさんでした。 では、午後の部に向かうことにしよう。

武陵源、袁家界

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

高山病爺さんがエベレスト街道を通ってエベレストを見に行くの記-60、昆明から日本へ。

ほとんど寝た気がせえへんまま携帯の目覚ましアラームが鳴った。クシャミは全然 治らへん。仕方なく身支度をしてチェックアウトする。朝一番のバス出発時刻近いんで バス停になるホテルの前はもう人がワラワラと集まっている。結構客がおるんやから 来るとき食べた包子(豚まん)屋さんが開いてないかなあって期待するけど、やっぱり 閉まってる。それではとバスのチケットを買いに行きかけると、タクシーに乗らへんかと 声をかけられた。闇タクやと気がついて相手にせえへんとこと通り過ぎようとしたら バスが出るまでまだ30分ほどあるやんか、わしの車やったら20分で空港まで着くし、 バスは一人50元やけど、わしのは一人25元で行けるしとえらい心惹かれる提案を してくる。ぐらついてしばらく考えて、バスが出る頃着いてるんやったらまあええかと 提案に乗ることにした。着いて行くともうすでに2名お客が乗っている。何の事は ない乗り合いタクシーだ。まあそれでも別に問題はない。狭いトランクにわしらの スーツケースも押し込んで出発した。来る時も結果的には闇タクやったんで、又 何かトラブルがあったら嫌やなあって思ったけど特になにもなく空港に着いた。 最近、日本でも、中国人観光客向けの中国人闇タクが問題になってるらしい。 中国で携帯で申し込んでおけば、日本の空港に着いたときに闇タクが迎えにきてる、 それも中国人やから安心だ。決済も携帯で済ましてるからトラブルもない、なんて ことらしい。 わしらも安易に闇タクに乗ってしまったけど、こういう法律やルールや秩序を軽視する ような考え方に簡単に乗っかってたら、結局何でもありの状況をつくるのに加担して しまってることになる。よう考えて軽率な行動は慎もうと改めて反省した。 腹が減ったけどどこも開いてない。しかたないチェックインカウンターに並ぼう。 どっかわからへん! 航空会社はMUやからブロックはわかる。しかし、どのカウンターか全く書いてないし、 係員は誰一人いてへんから聞きようもない。いくつかのカウンターは行き先の 表示が出始めた。しかし、わしらのはいつまで待っても出えへん。 そのうち人が並び始めた。列が長くなってきた。結構当てずっぽうで並んでるような 感じだ。しかたないわしらも二人いるんであてずっぽうで2列並ぼう。 しかし、こんだけ並んでても係員が誰も来いへんのはすごいもんだ。そのうちやっと わしらの表示もでて、そのうちチェックインもできた。やれやれ。 昆明空港の中に入って驚いた。

えらく綺麗で大きい。今までと印象が一変してしまってる。食事するとこもたくさん あってどれも立派だ。朝早いから開いてるとこは限られてる。 腹が減ってるんで麺でも食おう。朝便やから食事が出るとは限らん。 てなことで目に着いた麺屋さんに入ることにした。

麺だけでええのに、えらい豪華やんか。セットしかないみたい。 まあええか。 腹が減ってるんでとても美味しい。 後はぼんやりと出発ゲート前で待ってたら、早々と出発のアナウンス。遅れる時もあれば 早い時もある。ええ加減やなあ。

まあ、早いのは歓迎だ。

と喜んで乗ってみれば、なかなか出発しいへん。結局遅れて上海に向かう。 まだ朝ぼらけ。

上海のトランジットで遅れを吸収していよいよ日本へ。

帰りも長い旅になった。帰りの機内食は日本食らしい。肉か魚って聞きながら 配ってる。魚って多分鰻ちゃうやろかって思ったらやっぱりそうやった。

まあ、まずくはないか。 ええとこどりで頂こう。

[…]

高山病爺さんがエベレスト街道を通ってエベレストを見に行くの記-59、カトマンズから昆明へ。

いよいよカトマンズにおさらばだ。とうとうエベレストが見れた余韻を胸に空港に向かう。 国内線側よりはましやけど、あいかわらず殺風景な空港ロビーでチェックインは 無事にできた。

心なしか綺麗になってるようなのは、地震後整備されたからなんやろか。 出発ゲートまで行くけど、出発案内の画面にはいつまでたっても情報は出えへん。 なんとなく遅れそうな気配が濃厚だ。長期戦になりそうなんでどっかに座りたい。

みんな同じ思いのようで、空席がなかなかないし、空いた席はすぐに埋まる。

隣ではバックパッカーの若者たちが足を投げ出して疲れてはる。それはええけど 靴を脱いでるから靴下が臭い。カップルで楽しそうに話してるけど、臭いやんか。 長旅を楽しむのはええことやけど、わしの横で靴を脱がんでほしいなあ。 恐れていた通り、結局出発は二時間ほど遅れることになった。やれやれすっかり遅くなった。 まだ腹はへってないけど飛び立ったらじきに機内食が出る。まずそうやから食わないで 着いたら近くの屋台へでも行こうと思うけど、深夜到着は免れない感じがする。

しかたない、ちょっとだけでも食っておこう。残念ながらビールはあらへん。 何でや! となりに座った人はカトマンズで政府関係のプロジェクトに参加した帰りやと言う。 えらい上手いこと行ってえらい儲かったって話をしてくれたような気がせんでもないけど わしの英語力やから定かではない。 なんだかんだで昆明に着いたのは深夜12時近く、9時過ぎの予定やったのに今回の旅は 乗り継ぎ運が悪い。来る時もえらい遅れてリムジンバスの最終便にすら乗れなかった。

今やったらリムジンバスには乗れる。こんな時間でも人で一杯。もちろん空港の中も 人で一杯。わしらはトランジットのためにホテルをとってるけど、空港で夜明かしする 人も多いようだ。今からやと寝るのは2時頃、4時前には起きて4時半のバスに乗らんとあかん。 ホテルをとった意味がほとんどなくなってしまってる。わずか2時間ほど寝るためにホテル をとってどないすんねんと情けない。今度からは空港でトランジットすることを考えた方が ええように思う。 来るときにマッサージ店で夜明かしする方法もあるって教えて貰ろたなあ。この手をよう 考えよう。 ヘトヘトになってホテルに到着。だいぶ腹が減ってきたけど外に食いに行く元気がない。 昆明に着いた頃から鼻がグシュグシュで頭が痛い。日本で終わりかけてた花粉症が ここで出たんかと思った。それにしても夜も寝られへんくらい鼻水がでるし、頭の 痛いのもだんだん酷くなってきた。日本に帰ったら花粉症の薬を買って飲もう。 今はそれだけが楽しみだ。 結果的にはこの時点で風邪を引いていた。日本に帰って熱がでて、丸一日寝込んで しまった。勘違いとは恐ろしい。それにしても、結果的にはほとんど寝ないで 朝を迎えた。 しんどいなあ。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

中国、湖南省、貴州省、少数民族の旅-08、武陵源、天子山景区へ。

すっかり霧が上がって半ば興ざめな気持ちになりながらも本命の天子山景区に 向かう。

ここからは尾根伝いに道路が巡っていて自分たちの行きたいとこまでバスを利用するのだ。 バス停に並んだら、色んな行き先のバスがどんどん来るから目的のバスを選んで 乗ればお金はいらない。(入場料に含まれている。)どれがどこかは地図をしっかり 見んとようわからん。今回はガイドさんがいるんでそこは考えんでええから楽ちんだ。 バスを待つあいだにたくましいおじさんおばさんが焼き栗を売りにくる。一袋10元、 商売上手やからとても買いやすい値段に設定してある。 わしもつい買ってしまった。

これが結構美味い。 ではバスに乗ろう。世界遺産の山の中によくあるような電気自動車ではない普通のバスだ。 道はすべて舗装道路。観光開発が行き届いている、というか味気ない気がしないでもない。 場所によってはガラスの歩道や山登り降りの代わりのエレベータすらあるそうだ。 道路を見てると、普通乗用車も走ってるみたいに思う。住んでる人? 許可された人? 特権階級? わからんなあ。 てなことを考える間も無く目的地に着いた。 さあ見ろと言わんばかりの景観が待っている。

自然のなせる技はすごいもんだ。 岩山とは思えん尖ったやつがニョキニョキを生えてきてる。ここも絶景ポイントなんで 他撮りと自撮りが入り乱れて場所の奪い合いが熾烈だ。 と思ったら、一番ええ場所にちいさな椅子がおいてある。おじさんが番をしてる。 よう見たら写真を撮るための台にする椅子みたい。この上に登ったら、柵にも 邪魔されんと絶景を一望する写真がとれる。確か、10元って言うてたような。 えらいもんだ。ええアイデアだ。椅子一個でいくらでも稼げるではないか。 恐るべし。 しかし、ここで椅子を置いて商売をする権利は誰が許可してるんやろ? 規制ができるまではなんでもありなんやろか? こんなん日本で真似する人が出たら面白いやろなあ。 そこまでやるんは恥ずかしいって思うやろなあ? 中心にお寺の塔があるけど、今は修理中で中には入れない。前来た時は、中に入れて 塔の上から景色が見れた。そして、何やらありがたそうな仏像があって、ありがたそうな 尼さんが読経をしながら、人生占いみたいなのをやってはった。同行の通訳さんが えらい真剣に占いを聞いていて100元もお布施をあげていた。なにやら真剣な 悩みがあったんやろか? 人生って難しい。 そこから裏手に回る。 ここにも絶景ポイントがある。

変わらへんやんかと言うてしまえば身も蓋もない。 ちゃんとみたらそれぞれに景色が違う。

いろいろスケッチできた。 おや、そろそろ集合時間だ。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]