ブログ村ブログパーツ

旅のおとも、デジタルカメラが壊れた。

実は「デジカメ」って言葉は三洋電機の登録商標って聞いたことがある。今は 三洋電機はもうないんでこれはどうなってんやろ? もう誰でもデジカメって 言葉使ってもええんやろか? そんなことはどうでもええけど、デジタルカメラは旅に行く時持って行くと、 とても便利だ。もちろんええ景色を撮っておくとか、決定的瞬間を記念に残すとか 以外にもわしは水墨画を描くんでスケッチをしたり、景色を一生懸命覚えたり するんやけど、細かい部分が抜けてしまってることがよくあるんで、絵を描くときの 補助手段としてもとても助かる。あるいは、デジタルカメラの写真には撮った時の 日付、時間が残ってるんで、結構余分なとこまで撮っておいたら後で日記を書いたり ブログを書いたりするときに行動の流れを思い出すツールにもなって重宝してる。 それでまあ、旅行の時にはいつも首にぶら下げてブランブランさせてる。いざちゅうときに すぐにシャッターが押せるようにというためだ。 まあ、高級望遠付き一眼レフでもないのに大層なことやけど両手を離せるのはとても便利だ。 カメラはソニーのDSC-RX100というやつ、今はもう何代目かにモデルチェンジしてる けどわしのは初代のやつだ。 それでまあ、今回の中国、湖南省、貴州省の旅にも上機嫌で持って行った。 最初はよかったけど、ブランブランさせすぎて途中でどっかに当てたみたい。 スイッチを入れたらレンズが出てくる仕掛けなんやけど、出えへんかったり、 出たら戻らへんかったりする。こらあかんやんかと焦って何度もスイッチをオンに したりオフにしたり繰り返したら直る。 困った、困った。一旦バッテリーを取り出して入れ直しても症状は変わらん。 多分、レンズの筒の出し入れ部の接触が悪くなったんやろう。 こうなったらこれで押し通すしかない。 それでもスイッチを入れっぱなしにしてたらレンズが危ないし、バッテリーも すぐなくなる。 さあ、これ撮っとこうと思うたびにあたふたとオン、オフ、オン、オフ・・・ バタバタして、今回は取りこぼしもだいぶあった。

散々やった。 で、帰ってから早速ソニーに修理にだした。早速連絡がきて、細かい傷や、歪みや なんやらかんやらと山ほど要修理箇所があるらしい。修理費用がどないなんねんと びびったけど一律修理の範囲内ということで助かった。 ついでに旅行中のトラブルなんで保険会社に修理費用を請求させてもらった。 えらいもんで1週間ほどでピカピカになって帰ってきた。もしかしたら、プリント回路板 以外は全部交換したんとちゃうやろか? これから大事に使わんとあかん。 さてこれで保険がおりると、カード付帯ではあるけど旅行保険はありがたいと 思う。病気では一回も使ったことないけど物品の破損では時々使わしてもらって 重宝してる。折角会費払ってるんやから正当な内容であれば請求してあたりまえ やと思う。書類には友人の証人印とパスポートの出入国スタンプのコピーが必要で、 友人印はもらえるとして、パスポートスタンプはまだやってないけど自動化ゲート 使ったらどうなるんやろ? eチケット控えなど代替手段がありそう。 次は自動化ゲートにチャレンジしてみようかな。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

プリンターインクを変えて見た。

九度山暮らしを初めて早いもんでもう1年経つ。あいかわらず行ったり来たりの 生活が続いている。まあそうするようにしたんやからそうなって不思議はない。 で、パソコンに関しては不便やから安物ではあるが両方においてある。ついでに プリンターも置いておかんと不便やからそれもある。新しい場所には新しいモノが ある。それで気がついたんやけどプリンターも使っていけば、紙も減るし、インクも 減る。紙はしかたないし、コストもそれほど高くないんでまあええとして、カラープリンターやから インクが大変だ。えらい減りやすいし、純正品はえらい高い。それに比べて本体は 安い。純正インクのセットを何回か買ったら本体が買えてしまうような値段だ。 なんてバランスが悪いんやろと思う。 元技術屋やった感覚からいうとあれだけの部品点数であれだけの複雑さを持った 製品が1万円や2万円という感覚で売られているのが信じられへんというかそれで ええんかという思いだ。それに比べて純正インクはえらく割高だ。消耗品で稼ぐと いう狙いなんやろか? 通話料でかせぐ電話屋さんみたいやんか。 そうなると互換品がでてくるのは必然の動きだ。えらく安いやつがある。純正品の 数分の一が当たり前の世界だ。これやったら少々のリスクがあってもこっちで ええやんかと思ってしまう。 不思議やなあ。何故なんやろ? ネットで違いを調べて見た。 印刷品質が違う。 インク漏れがある。 残量管理ができない。 故障がおきやすい。 でも、そうでもないんちゃうやろかという感想もある。品質は感覚の問題もあるんで どうともいえないかもしれん。わしのように少々どうでもええと思うような性格で そういう使い方をしてるものにとってはあんまり違いが感じられへん。 その他の問題も心配するほどではないという意見もネット上では多いようだ。 そうなると一回つかってみたくなるではないか。それほどの値段差やから。 で、純正品が切れ始めたのを機会に互換品を買ってみた。 インク切れのメッセージが出たんで互換品を入れてみる。

えらいきついメッセージがでる。これは純正ちゃうでというだけではない。 ほんまにこれを使うんか? どうなってもしらんで? とかそれでも使うんやったら 勝手にせえとか、えらく厳しいメッセージが出る。わしはけっこう天邪鬼やから ここまできたらやったるわいとどんどんOKを押す。(機械相手に意地はってもしょうないけど。) そしたら何の問題もなく使えるではないか。 インク残量も表示してる。(適切かどうかはまだわからん) いけるやんか。 ある程度使ってなくなりかけて、再度購入しようとしたら、通販で在庫切れに なってる。メーカーに紆余曲折があるのか? 単なる在庫切れか? リスキーな世界に迷い込んだか? あんまり深くは考えないで又べつの互換品を買って見た。 混載使いはだめよって書いてあるけど、総替えもメンドくさい。まあこのまま 入れ替えていこう。 さて、これからどうなる? インク漏れ? 誤動作? けったいな発色? いろいろ起きるかもしれん。心配ではある。 けど、純正に戻したくはないなあ。(今更戻れんのかもしれんけど)

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 […]

えらいこっちゃ、パソコンが壊れた

今は、九度山に行ったり、堺に戻ったりして暮らしている。ある日、九度山から 堺に戻って、いつものように何のためらいもなくパソコンのスイッチを入れた。 ??? 〇△×〇△・・・・、ウンともスンとも言わない。元々モノを言わないん やけど、今回は異常だ。スイッチが入った印のブルーのLEDもつかない。 一瞬、えっ何が起きた? 何度も押してみる。いろいろケーブルの接触を調べて みる。何も異常はなさそうだ。 だんだん、何かえらいことが起こってしまったと言う事態を納得しつつある。 冷静に、冷静に・・・。 かくなる上は本体をバラしてみよう。実はノートパソコンではなくてデスクトップ パソコンを使っていたのだ。バラすときは少々楽ではある。 しかし、中は見た目になんともない。スイッチ周りの半田が外れてというような 安易な事は起きてない。 事態はもっと深刻かも知れん? 或いは簡単にスイッチが壊れてるだけかもしれん? 心はゆれる。 ちょっと手詰まりだ。修理というとどうなる? ネットで調べて見る。 ほう、やっぱり最近はパソコン時代だ。老いも若きもパソコンをさわってる。 わしら現役時代にはパソコンを触って使い始めてもらうのにあんなに苦労した のに、今や必需品になってるではないか、そういう時代やからこそ、修理屋 さんは山ほどいるようだ。とくにデータが無くなったとかいう対応が多いみたい やけどハードの修理もちゃんとある。 持ち込みも出張も遠距離もなんでも対応してくれる。 すごいなあ。 では、ええか悪いかわからんけどとりあえず近場の店に相談に行ってみよう。 いきなり行ってもすぐに対応してくれた。 状況を説明するもその場で解決するわけもない。一旦預けてチェックして見積もり から始まる。 すると、特急料金というのがあるらしい。通常は受付順でチェックから行う、 今で20人くらいの待ちがあるらしい、しかし5000円の特急料金を払うと今すぐ からチェックを始めるという。その上で部品交換等が発生すると部品の入荷待ち とはなるが、修理作業も優先されるという。 これはぐらつくなあ。3日後には旅行に出るんで直ぐに出来へんのやったら、ゆっくり でもいい、悩ましいけどアンタが優先やでという言葉に弱い。 とりあえず特急コースでお願いする。 預けたのは13時過ぎ、すると夕方までには電話が入った。 期待してたスイッチ不良ではなくて、マザーボード交換が必要という。1週間は かかるだろうという。 しかたない。旅行から帰ってから使えるようになるならまあええとしょう。 それで翌日、午後に電話が入った。マザーボードが予想外に早く到着したんで 今日中に修理が完了するという。 これはありがたい。特急扱いでお願いした甲斐があった。 で、その日の夕方には修理完了。

すぐに元通り使えた。 費用合計はけっこう痛い。 これやったらノートパソコンの安いのを新しく購入できたなあって思える値段だ。 一番最初に、買い換えた方がましかなって頭をよぎったのが正しかったわけだ。 でもデータ入れ替えやら、ソフトの再インストール、そのライセンスの入れ替え など考えると面倒な作業が山のようにあるし、いつまでもつかわからんけど、 一旦元通りなったんならええとしようという気持ちも強い。 料金は法外というほどではないんで2日で完了という結果の方がありがたい。 […]

久しぶりにmacに戻ってみた

暮らす場所が増えたんでパソコンを買わんとあかんと思った。というのを口実 にそろそろ新しいのが欲しかったというのが本音でもある。安くてええのはないか といろいろ物色してみるけえど決め手に欠ける。新しいっていうだけど、「おもろい」 もんがない。 まあ時間をかけて考えようって思ってたある日、「そやマックでもええやん」 って気がついた。仕事をやってるときの延長でワード、エクセルの呪縛から逃れ られへん気に自ずから陥ってしまってた。それにウインドウズ固有のアプリを 使ってるような気がしてた。けどよう考えたらそんなん無しでもなんとかなる んとちゃうやろか? 仕事でウインドウズを使わんとしゃあない世の中になる前はmacを愛用してた。 昔のmacはおもろかった。いちいちマニュアルなんか読まんでも直感的に操作 したら動くようになってた。いまでは当たり前やけど当時はようできてるなあ って思った。プレゼン資料作ったり、画像編集したりするのもmacならであった し、挙句はなけなしのお金をはたいてビデオ編集のボードを買ってえらい時間 ばっかりかかって映像作って、今から思えば何が楽しかったんかわからへんけど、 何か普通ではできへん世界があったような気がしたもんやった。しかし、ウインドウズ とオフィスが世の中を席巻してからパソコンは面白ろくなくなった。 それからインターネットの時代がきた。 面白さはPCの中よりはネットの中に見つかるようになった。 ウインドウズもmacも関係ない時代になると思った。メールとwebの時代だ。 しかし、爺さん上司たちにメールを受け入れてもらうのにえらい苦労してる内に わしもその爺さんたちの歳を越えてしまったころそれが当たり前の時代になって しまってモバイルの時代になった。しかし、それはどこでも電波が飛び交って、 どこでもネットができるという嬉しさだけであって、初めてアップルのニュートン を見た時の驚き、これは世界が変わってしまうわという痺れるようなワクワク感 は今は感じられへん、iPadは使ってるものの便利やなあって言うくらいのものだ。 それでまあ久しぶりにmacを触ってみる。

Mac miniにして他社製モニターにした。

これが、ええんかどうかmacの世界は今となってはわからんけどとにかくやって みよう。 わからん、さっぱりわからん。長いこと触ってなかったんで操作方法がさっぱり わからん。ハウツー本が要るやんか。 とりあえず壁紙だけでもおしきせやなくて手持ちの写真と入れ替えよう。 カンンボジアのアンコールワットに行った時にとても気に入ったお寺、バンテアイ・スレイだ。 瀟洒な姿がとても美しい。 macの世界も全然おもろないようになってしまってる。驚きもなんもない。 ウインドウズと何もかわらん世界なのだ。新しいんで早いというんだけが今の所 取り柄になってるだけだ。 いろいろ使い込んでええとこ見つけんとあかん。 マジックマウスとマジックキーボードが面白いのと、使ってなかった古いiPad をデュアルモニターに活用できるのが今の所よかったかな?

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

ネットワークディスクが壊れた

4年前に中国の杭州に水墨画の勉強で留学してたことがあった。その時に留守宅 からメールが来て、何かわからんけど黒くて四角いコンピュータみたいな機械 がピーピー言うてうるさい。赤いランプもついてる。ややこしそうやから電源 切ろ思てもわからんから電源ケーブル抜いといたげたよって話だ。 「げっ」、これはネットワークハードディスクやないか。とうとうエラーが出 たか。帰るまで3ヶ月ある、大丈夫やろか。気にはなるけど、留学暮らし、学生 寮の暮らしも楽しくてしょうがない。いつまにか忘れてしまった。 それで帰って電源をつないだらやっぱりエラーが出てる。 4連装のうち1台が壊れたらしい。

パソコンデータは必ずバックアップをしておかんとあかんというのは現役で仕 事をしてるときに何回も痛い目にあってるんでようわかってる。しかし、他人 事のときは正論を吐くけど自分で個人的にやるのは結構面倒だ。 自動でやる仕掛けもいろいろあるけどその仕掛けの維持管理が結構面倒だ。 それにリタイアして爺さんになったらそんなに目くじら立てて残しておかんと あかんデータもあんまりないはず、いろいろ考えたら、一部の文章データと旅 の写真くらいを残しておいたらええんとちゃうやろかと考えて外付けのハード ディスクにその大事なデータだけバックアップしといたらええやんかと考えた。 どうせなら、ネットワーク対応にして家族のバックアップ場所にしよう。 しかし。バックアップ用のディスクもいつかは壊れる。 どうせなら、レイド構成にして壊れてもユニットをポンと入れ替えたらしまい にしよう。 1TBの4連装でレイドにしたから、実質2TBのディスクができた。 それ以来順調にきたけどとうとう壊れたのだ。 早速アマゾンで検索したら代わりのデスクユニットは簡単に見つかった。直ぐ に到着、ポンと入れ替えてと思ったけど、実際どうやったらええかようわからん。 こんな時のネット頼み。検索したらすぐに答えがでる。 ブツの交換の仕方、管理ページへのログインの方法。交換した後のレイド再構築 の方法。総てokだ。 それから4年間。1年ちょいに1回程度の頻度で同じ事が起こる。 つい最近4つめのディスクが壊れた。 手順は同じ。アマゾンで同じモノを注文する。ポンと入れ替えて再構築する。 簡単、簡単。

壊れたディスクはそのまま捨ててはいけない。バラしてディスクに穴を開けて から捨てたほうがいい。PCも同じだ。 ディスクをバラす場合は特殊なドライバーがいる。こういう情報も総てネット で解説されている。とても便利な時代になった。 ネットで検索してアマゾンで買って、1mmも動かんと総てが終わってしまう。 こんなんでええんやろか? 疑問は残るが便利は便利だ。 レイドディスクはメンテが楽というのが分かったけど、トータルでコスト削減 できたかどうかはようわからん。 知恵を使えば安くて便利な方法はいくらでもありそうだ。 これもネットで検索してみようか? なんだかんだで爺さんも忙しい。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

歯医者さんもデジタル化の時代だ

博多、有田の旅行中ずっと歯が痛かった。しかも厄介なことに時々痛く、時々 痛くない。もしかしたらこのまま直るんではないかと甘い期待を抱かせるよう な頻度であるのだ。それにしても痛いときは折角の旅行も楽しいことがあって も乗りがわるく浮かないんでまわりの人も良い感じではないだろう。 やっと帰ったけど、残りの連休は歯医者さんも休みだ。 連休が完全に終わるのを待ち兼ねて歯医者さんに行った。 歯医者さんに行くのはいつも怖い。不安だ。もしかしたらえらいことになって ごっそりゴリゴリ削り取られるんちゃうやろか? 痛いやろなあ。わしの歯っ てもうじき全部無くなんのとちゃうやろか? 行くのは先延ばしにしたいけど、痛いからしょうがない。 いつもの先生やから優しく、「どうしました?」って聞いてくれる。 診察台はとても居心地はええんやけど後であの後であのガー、グリグリグリと いう音が待ってるかと思うと気が気でない。 「どうも下の奥歯が痛いんです」と答える。 しばらく見ていた先生は、「ちょっと写真撮りましょか」って言うて別室へ案 内された。いつもはここで写真をとって、暫くしたらその写真が現像できて、 先生はそれを見ながら何処が悪いか説明してくれる。 今回は機会が変わっているではないか。何故か、CTスキャナーのような機械が わしの周りを勝手にぐるっと一周するだけだ。 「はいありがとう」で診察台に座る。 すると、瞬時に歯のX線写真がモニターに出た。しかも大きくて鮮明だ。 「えらいもんですなあ。すごい画像ですねえ。」と言うと、先生も、「デジタル 時代ですからねえ。ついていくのが大変ですわ。」と言いながらも嬉しそうだ。 それを見ながら、下の奥の歯が痛いと言うてはるけど、悪いの上のこれとちゃ うやろかと言う。この歯がかなり虫歯になって痛んでるからでしょう。上が悪 くても下が痛いと感じることもありますよと説明してくれる。 なるほどそんなもんなんか。そういわれたら上が痛くなって来たような気もす る。しかも上の歯にしっかり陰のようなものがでてて、これやと言われたら、 信じるしかない。 「宜しくお願いします。」と治療が始まる。 最新のデジタル機器が現れても、ガー、グリグリグリは変わらない。麻酔をし てくれたから痛くはないけど、あの音がすると痛いような気がする。

がまん、がまんだ。歯の中の神経を全部削り取るらしい。 ようやく治療が終わった。完全終了ではない。まだ何度か来ることになるだろう。 その晩は、治療したとこがさすがに痛かったけど、最初悪いと思ってた歯は痛 くなかった。実は、違うとこを治療したんちゃうやろかとちょっとだけ疑って たけど適切だった。 デジタルの威力なのか? 歯医者さんがえらいのか? どちらにしてもありがたい。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

不要になったハードディスクは壊してから捨てよう

旅行に行ったり、食べに行ったり、ブログを書いたり、いろいろとデジカメで 写真を撮ることが多い。最近は写真が綺麗な代わりにデータ量がやたら多い。 パソコンのディスクがすぐに満タンになる。かといって消したら無くなってし まう。なくなってもええもんは多いけど、たまに前の画像が見たくなる。そう 言うこともあって、ネットワークドライブを設置してそこにバックアップを入 れておくようにしてある。 RAID構成やから壊れにくいし、壊れても復旧し易い。 と言う事で長年使っている。 それでも壊れる時は突然やってくる。うたい文句通り、ハードディスクを1ヶ 差し替えたらええだけ。簡単でええわ。 って思てたらメーカのサポートは終了してる。それほど長く使たんやわ。けど どないしようって焦ったら、ようしたもんでアマゾンで代替品がある。早速購 入して無事復旧。しかし、再設定のしかたとか今となっては全くわからんかっ たけど、いろんな情報をネットに載せてくれてるのでとても有り難い。 では、いらんやつはポイッと捨てようと思って、ちょっと待て。 最近は壊れたPCやなんかからも情報を盗み出す人がいるらしい。壊れたハード ディスクとは言えまずいかも知れん。 とりあえず金槌でごんごんやってみた。 全く歯が立たへん。 やっぱりばらさんとあかん。このネジを外したらよさそうだ。

しかし、ねじ穴が全然ちゃうやんか。

又、ネットで探ってみる。良うしたもんで、壊し方まで情報が載っているでは ないか。 便利な時代になったもんだ。 それによると、このネジはトルクスドライバーを使うのだそうだ。早速ホーム センターに買いに行く。 あらへん。いくら探してもないんで店員に聞く。 トルクスという言葉すらわからへん。商品知識が全くなさそう。星形の穴用の ドライバーねえ? 携帯をばらすときのやつは無いですよ。 セットならあるけど? 要領を得んから一旦引き返す。 最近、ホームセンターでモノを探して見つかれへんことが多い。 こんなとこまで売れ筋しか置かへんようになったんやなあって思う。 商品知識がない人も多いようだ。 わしらはどないしたらええんやろ。 しょうが無いからアマゾンで検索したら簡単に見つかった。 早速購入。

翌日には配送されるんで、とても便利。しかし、モノの買い方ってこんなんで ええんやろかって思たりもする。 モノを手にとって見て、店員さんから色々教えて貰って納得して買いたいもの も多いはずなのだ。 確かに、安く、早く、確実にモノを手に入れられるのはええことなんやけど、 モノのありようを考えるとか良いモノが出来ていくプロセスとかそんなもんが 生活の中からどんどん薄れていってしまうんとちゃうやろかなんて事をふと思 ったりする。 まあ、ともかく蓋は外れた。

このぴかぴか光るディスクをなんとかせんとあかん。 どこをどう触っても壊れそうに、外れそうにない。 ディスクの中心部を裏からコンとやったらディスクは外れそうやけど、 […]

タイ、北部、ミャンマー国境の旅-01、バンコクへ

もう実際に旅をしてからかなりの日数がたってしまったけど、8月末から9月初 にかけて、タイ、バンコクからチェンマイ、チェンライ、メーサイに行き、 メーサイではちょっとミャンマーまで体験入国するという旅に行ってきた。そ の次第をこれから連載したいと思います。宜しくご愛読頂ければ幸いです。 今回は、夕方日本を出発する便になってしまった。友人が先に到着してるはず なんで着いたら合流して飲みに行くという段取りだ。結構、夜遅い到着になる んやけど、バンコクは大都会やから心配はいらんやろ。

最近は空港でWiFiルータを借りるのがすっかり習慣になってしまった。無料WiFi もええけど、これがあると非常に楽なのだ。 今回はもう一つ挑戦する事がある。 空港で、プリペイドSIMを買うのだ。中国で買ったSIMフリーの携帯電話がある んで、SIMカードを買うだけで電話ができる。 スワンナプーム空港にはAISなど通信会社の店があるらしい。 まあ、機内で飯食って、酒のんでゆっくり行こう。 いつも思うんやけど、これ皆食ったらカロリー高いよなあ。

無事、スワンナプーム空港に到着。夜遅いから閑散としている。

税関を出て、右に曲がるとこの通路上に通信会社のブースがあるらしい。

夜遅いんでもしかしたら閉まってるかと心配したけど、えらい人だかりのとこ があって、そこがそうやった。 なんと順番待ちだ。スマホでパケット通信もやる人はけっこういろいろ手間が かかるようだ。わしは電話だけなんで、すぐに手続きは終わった。たしか150BT で買えたと思う。よう考えたら、特に電話がないと困るというわけではない。 まあ、友人とはぐれた時とか万一の時に役に立つという安心感の為だけやね。 空港から市内へは、まずエアポートレールリンクというのに乗ってパヤタイと 言うところまで行く。確か、エクスプレスがあったはずやけどとチケット売り 場に行くと、夜はないみたい、あっちと普通車側を指さされた。

席に座って早速WiFiをつなごうとするけど、繋がらへん。役にたたんやつや。 パヤタイからはBTSに乗り換える。こっちのプリペイドカードはすでに持ってい る。MRTも含めて交通カードを持っておくととても便利だ。 やっとホテルのあるあたりに着いた。

チェックインを済ませて、友人と合流。 友達の友達とも合流して、 ご飯たべて、 飲みに行って、 バンコクの夜はなかなか終わらへん。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

iPadミニも買ってしまった。

現役時代の終わり頃は海外旅行や遠出をするときのモバイルツールとしてVaio のPシリーズを使っていた。メールとWEBだけ見れたらええわくらいの暮らしな んやけど、時には仕事のからみでワードやエクセル、パワーポイントの資料を 見たり、編集したりせんとあかんこともあったのだ。しかし、引退してしまう とそんな必要がなくなったんやと気がついた。 ほんならiPadで行けるんちゃうやろかと思い、昨年思い切ってiPadを買った。 レティーナディスプレイではるがエアーがまだ無い時だった。 暮らしが非常に快適になった。 どこへ行くにもぺラっと1枚持って行けばええし、WiFiルータを契約したら、 どこでもモバイルできる。もちろん老眼やから、操作するとき老眼鏡は必要や。 しかし、PCのときははなから眼鏡が要った。iPadやとある程度眼鏡なしでもで きる場合がある。時にはそれで非常に助かるのだ。これで十分やんかと思って 暮らしてた。しかし便利になったらなったで又次ぎの欲がでる。 やっぱりちょっと重いなあっておもうのだ。前のPCに比べたら軽いもんや。 しかし、便利に持ち運び始めるともうちょっと軽いほうがええ。それと友人の ミニを見てるとあの小型感がなかなか使い勝手がよさそうなのだ。 なんちゃらかんちゃら考えてるうちにiPadエアーがでた。これはまた軽そうや んか。老眼の身には画面見やすいし、大きくて軽いんやったらこっちの方がえ えんちゃうやろか。そうこうするうちに、WiFiルータの利用料のキャッシュバ ックがきた。元々織り込み済みで安い契約したつもりやったんやけど、お金が 入ったらその気になる。 どっちか買おう。どっちにしょう? 悩んだあげくミニにすることにした。小型ゆえの使い勝手を重視したのだ。 結論から言うと正解だった。 小さくて軽いのは抜群の使いやすさだ。 画面が大きかった方がよかったのにと思うことは全くない。これやったら最初 からミニにしとけばレティーナでなくてもいけたんちゃうやろか。買うのは1 台ですんだのにと思った。 後悔先にたたず。 無駄遣いをしてしまった。 何となく思うんやけど、手に持って長く触るときにあんまり疲れず違和感を 感じ難い大きさってあるような気がする。それがミニくらいの大きさちゃうや ろか。理屈はわからんけど。

大きいのは大きいので使い道を考えよう。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

台湾、昔の日本の足跡にも出会う旅-02、携帯電話のプリペイドSIMを買う

さて何やかんやで台湾に着いたら携帯電話のSIMが必要になる。 無くてもいいけど、友人達と一緒に来てたり、現地のツアーに参加したりと言う 時に携帯電話を持っていた方が便利な事が多い。日本の携帯電話でもええんや けど、相手からこちらにかけて貰う時国際電話になったりするんでちょっと 不都合な時もある。 もし、SIMフリーの携帯電話(たいていの海外の電話機はそうなってる)を持って るんやったらSIMを入れ替えるだけでええんで非常に便利なのだ。わしの場合は 中国で買った携帯電話を持ってるんで、先日タイに行った時もプリペイドSIMを 買って非常に便利であった。今回もと思ってたら、空港で出会った友人がいき なりその店に行くと言うんで一緒に行った。 台北、桃園空港第ターミナルのイミグレを出ると左の方にずっと行って、回り込 んだ所にある。 どの窓口もえらいぎょうさん人がたかっとんなと思う。 しかも窓口によって通信会社が違うみたいなのだ。ようわからんので何となく無難 そうな感じの右端の会社の列にならんだ。 順番が来たんで、携帯とWIFIルータを見せて、滞在日数と両方で使いたい旨を 言うた(つもり)。するとSIM2二枚必要だと言う。(差し替えは無理なんか? 言葉が通じへんかったんか)それに、SIM1枚につき1パスポートやと言う。 勿論パスポートは1個しか持ってない。他人のを借りるわけにもいかん。 しゃあない。電話用のSIMを1個300元分ということでお願いした。

電話機を渡すとSIMを入れてくれて、裏蓋に電話番号をペタンと貼ってくれて 手続き完了。これで電話OKだ。簡単、簡単。 多分、次回、台湾に来た時は、このSIMが期限切れで使えなくなっていても これを返却しないと新しいのを買えないのではないかと思う。 皆さん気をつけよう。

これで携帯電話がOKになったので台北市内に向かう。 いつものようにバスに乗ろう。反対側に回ってチケット売り場に行く。ホテル は台北駅近くやから、台北駅行きのバス。125元だ。2番乗り場で待てと 指示がある。 今回は1番前の席をゲット。景色が良く見えて楽しい。

最後の方で乗ってきたおばあさんが、「ここよろしいか?」と聞いてくる。 「問題ないですよ」と答えるが、わからんかったんか向こうへ行きかけて、 なんやいけるんかと又座り直した。無視されんでよかった。 バスは順調に進む。一時間ほどで台北駅に到着する。終点かと思いきや、何か も一個駅がありそうななさそうなわからん言い方を運転手がした。 降りてええんかどうかちょっと不安になってたら、あんのじょうお婆さんが、 「ここでええんんか?」みたいなことを聞いてきた。わしかて不安なんやわ。 「すんません。ようわかりまへん」と答えたら、婆さんは思いなおして、運転手 に聞いた。それで降りたんで、わしも便乗して降りた。 やっぱりここでよかった。いつものロボット君がお出迎えだ。

さて台湾の旅の始まりだ。

ついでに報告しておくと、後で友人達と台北駅の東側、新光三越の北側の裏通 りに携帯電話ショップを見つけた。そこでも問題なくSIMが手に入った。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

上海ぶらりー03、電脳街でWiFiルータを買う

洋服の誂えは予想以上に順調にいった。予定よりかなり時間がある。 それなら気になっているWiFiルータを見に行こうということになった。 上海の電脳街は1号線、9号線の徐家汇駅というところにある。と言いながら 面倒だからタクシーで行ってしまった。 ここもすごい人出だ。さすがに若者が多い。 「やっぱり中国の人は電脳が好きなんやわ」とよくわかる。

今回の狙いは、1年間プリペイドで何Gかを累計使用できる通信チップだ。 これがあると、WiFiとかがないところでもインターネットができるので非常に便利だ。 まず、キャリアーのブースに行ってみる。 聞いてみると「これしかない」と高くて使い難そうなやつを指さして言う。 なんぼ聞いても、これしかないというだけだ。ここもお役所流なんかと不信感がわく だけだ。 「ルータのとこへ行ってみようよ」と別の階に行く。 ここは人声が湧きたっている。 「・・・あるか?」と聞くと、ごく簡単に「ある」と言う。えらい違いや。 これに使う、WiFiもあるかと聞くと、これも即座に「ある」という。 さすがや。これが中国やんか。

ここで全て揃ってしまう。 「ちょっと待ってや」と私らの商品はどっかの倉庫に持ってくるよう手配しながら、 おばさんが持ち込んだ固定電話の不具合(使い方が?)について丁寧に対応している。 「なかなかやるなあ」電脳だけが客ではないんや。 さあ、これでしばらくは中国でインターネットに不自由しないなあと安心だ。

こういうところにくると一気に全部そろうから実に便利だ。 それというのもこういう事に堪能な友人のおかげではある。感謝感謝。 トイレはえらい不便なとこにあったけどね。 まあ、ご愛敬。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

8mmテープ、ビデオテープ、情報のゴミ

時々家の中を整理して、いらないモノを捨てないと狭い家は不要品だらけになる。 それで思い切っていろいろ捨てていたら、えらい一杯になってしまったので粗大ごみ収集 に出のも大変と車に満タンに積んでクリーンセンターまで直接運んだ。 そんな騒ぎのなかで、8mmビデオの録画再生機がじゃまやけど捨てられへんことがわかった。 子供たちが小さいころ8mmビデオに撮った記録が沢山残っているのだ。 「もうええやんか、こんなん見いへんで」と言うと家族から猛反対を受けた。 しゃあないからDVDにダビングをしないといけない。一本ダビングするには一本撮った分 だけ時間がかかる。一生分撮ってたら一生分かかるわけだ。そんなにはないけど大変だった。 そうなると、「ビデオテープもあるなあ」これもダビングしとかへんとこの機械捨てられへん。 使い道のない機械をもしかしたら見ると言う時の為においとかなあかん。 そのうち又ダビングしよう。 良く見たら、ベータ仕様のビデオテープすら出て来た。もしかしたらと田舎の家にあった ベータの機械を持って動かして見たが全くだめだ。要するにこんな風になるまでに何とか しとかなければもう情報のゴミになって捨てるしかなくなるのだ。 それにしょうがないからとその為にだけとっておいた機械も昔なら無料で廃棄できたのに 今は結構お金がかかる。 写真を紙の情報としておいておけた時代は分かり易かった。 必要ならそのモノを大事にしておいておけばいいのだ。 今は写真と雖も媒体の情報になってしまっている。 もしかしたら、全く忘れてしまった内に、気がつかないうちに、パソコンの形態が変わったり ソフトウエアの形態が変わったりして情報が全く読めなくなってしまうこともありうるのだ。 便利になった分、面倒も抱え込んでしまっているのだ。 そのうち新聞も本も今以上にどんどん電子化されてしまうだろう。 確かに便利で効率的だ。 しかしそうなると、電気がない日は想い出に浸る事もできない。 電気が無い日はモノを考える事もできない。 電気が無い日はご飯を食べる事もできない。 そんな時代になってしまうかもしれない。 電気が無い日は今でも時と場合によっては突然やってくる。 それに人類は製造可能な電気を食いつぶしながら暮らしている。 想い出を造る時もいろんな方法を考えておかないといけないかもしれない。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

ウォーキングにも役立ち道具が必要だ

梅雨が明けると待ってたかのように蝉が鳴き始めた。 「みんみんみんみん・・・・」のようだったり、「じゃんじゃんじゃんじゃん・・・」の ようだったり、やかましい。 と思ったら急に静かになったりもする。 どうも気温に関係があるらしい。24、5、6、度あたりから鳴き始めて30度を超えた あたりで鳴きやむのだそうだ。 簡単にいうと、涼しい時は鳴かなくて、暑くなってきたら鳴き始める。あまり暑くなると また鳴かなくなるというのだ。 「なるほど、知らなかった」 ウォーキングをしていると、うるさいほど鳴いていたのに、いつの間にか鳴きやんだので {??」と思ったら、あまりにも暑くなってきていたのだ。 でもちょっと先にいったら又鳴いてるので、「そうとばかりでもないのかな?」とも 思う。日蔭、葉陰あるなしで随分温度も違うやろうし、結構適当なのかもしれない。 しかし、熱中症には気をつけないといけないから、ペットボトルを持って歩くのだ。 それも一気に飲んだら胃から逆流するような感じになって受付けなくなるようだ。 ちびちび飲まないといけない。

それと最近はウォーキングの時に万歩計を持ち歩いている。 歩くという動作は、ちびちびと実績を足しても効果はあるのだそうだ。そうなると、 こういう機会を持ち歩いて、せこくともちょっとずつ足して行くのだ。 こうやって万歩計を持って歩いていると、意外と歩いてないようで歩いている。 知らないうちに3000歩、4000歩と歩いていたりするのだ。 だから機械をみて、予想以上に数字があがっていると思わぬ貯金がみつかったかのように うれしくなったりする。 反対に折角ウォーキングに行って一生懸命歩いたのに、万歩計を持って行くのを忘れて 数字にのらなかったりしたら、 「くそっ」しまったと変に不機嫌になる。 そんなこんなで大体1日15000歩くらいを目標に歩く事にしているが、日によって まちまちだ。 そんな時は、日毎の累積も見る事にして、3日平均、4日平均などで15000歩くらい だったらまあいけてるかと思う事にしている。 といいながら言訳一杯で一生懸命消費したカロリーが、夜毎の晩酌で一瞬のうちに消えて いってしまう事を考えると何をやってるやら、或る意味むなしいけど、やらないと えらいことになる。 がんばらなくては。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

[Translate] […]

旅の秘密兵器、GPSトラッカー

最近外を出歩くのが楽しい。どこか新しい店に食事に行ったり、 行った事のない場所に行ったりするのが特に楽しみだ。 というのは、正式名称は何と言うのかわからないが、GPSトラッカーと 言えるものを手に入れたからだ。 これは優れモノで、身につけて持って歩くと、GPSの信号を測位して、 ずーと記録してくれる。後で、地図ソフトと合わせて見るとどこを どう移動したか一目瞭然なのだ。 更にすごいのは、デジタルカメラとこのGPSトラッカーの時間を合わせ ておくと、カメラの画像に位置情報を嵌め込めるのだ。 例えば、好いお店にいったとして、それを誰かに教えたい時に その画像を送ってあげればGPSの位置がわかるという事だ。 そして、GoogleやYahooの位置情報サービスとリンクすれば写真を クリックするだけで地図が立ち上がってくるというすごいことになる。 それでえらい気に行って持ち歩いているわけだ。 しかし、地下や建物の中などはもちろん情報は拾えないし、使い初めに GPS電波をキャッチするまで時間がかかったりするので、ちゃんと 拾うまで道端でこれを握りしめてじっと立っている時もある。 それに、店の前でしつこく写真をとったりしようとする。 いろいろと不審な動きをするようになってしまったかもしれない。 街でそういうあやしい私を見つけても笑って見過ごして下さい。

毎週月曜はこだわりのモノの話です。

[Translate]

中国の携帯電話

中国の携帯電話といっても、電話が出来る、メールができるという意味では 日本の携帯電話と同じだ。しかし、テレビが見れるとかネットに繋いで いろんな事ができるというところまでは行っていない。 但し、メールにしてもショートメールという事なので、Eメールとかネットに 繋いでの世界は、電話付PDAというのがあって、今のところそれは又別の世界だ。 携帯電話の値段も、日本では通話代に組み入れられているのか、よくわからない 世界で0円とかが普通だが、中国ではそんな事はなくて結構高い。 2万円くらいは常識で、3万、5万円もするのが人気だったりする。 食べ物や衣料品などの物価感覚に比べたら異常に高いのだが、どんな田舎にいっても 良い電話を持っている人が多い。特に若い女性に多くて、様々な無理をして買っている のだろうと思う。 電話代は高いが、通話料は安いので一旦手にいれたらバンバン電話してメールしている。 特にプリペイドカードの方式が普及していて、手軽に充填しながら使えるから、外国人 でも安心だ。 中国の携帯電話で感心するのはメールの文章の入力メソッドだ。 日本語でも同じだがabcとかdefとか複数の英字が一つのキーに割り当てられている。 そして、入力の時は中国語のピンインを英字で、どんどん打っていく、 例えば、jiangだったら、5(jkl)、4(ghi)、2(abc)、6(mno)、4(ghi)だ。 その時、一々夫々数字の時に幾つか同じところを打ってシフトさせる必要は無くて、 打った文字の組合わせで候補がどんどん出てくるし、その組み合わせが可能な言葉は 限られているので、その中から選ぶのは簡単なのだ。 もちろんシフトして作っていってもいいが、その必要はない。 こういうのは、モノを考えて手を動かす行為と自然につながるので実にやりやすい。 それと手書き認識も発達している。 日本の携帯電話ももっと発想を変えてヒューマンインタフェースを発展させて欲しいものだ。

毎週、月曜はこだわりのモノの話です。

[Translate]