ブログ村ブログパーツ

京都、祇園四条、「フランソア喫茶室」でちょっと休憩。

この日は京都で用があって、烏丸御池まできたけど、用があるまでかなり時間が できてしまったんで、そこから三条寺町、祇園四条のあたりをあっちにこっちにと 特に目的もなく時間を潰すためにだけのようにウロウロ歩いてみた。それはそれで いろんな発見があってとてもよかった。 そのうちに普段近くはとてもよくとおるけどあんまい入っていかへん先斗町界隈なんかも みたりしてるうちに妙に懐かしい気分になった。

確か、このあたりに「フランソア」って言う喫茶店があったはずだ。歩きまわって 疲れたんでどっかで休みたい。せっかくやからそこに行ってみようと探すけどなかなか 見つからへん。記憶というのはあやふやなもんだなんて思ってるうちに見つけた。 前にもブログに書いた事があるんやけど初めてきたのはまだ学生やった頃だ。 その頃はえらいお洒落でシックでカッコええ、さすが京都やなあって思ったけど、 今は、歴史の中に消え入りそうな昭和でノスタルジックな佇まいに変わってしまってる。

多分店がボロくなったというんだけではなくてわしらの気分もすれてほこりまみれに なってしまったせいなんではなかろうか。 そんな気分で中に入る。なんと満席だ。こらあかんわ。帰ろうか。店内を見渡したら 奥の一人席が空きそうだ。ほんならちょっと待とう。 中は昔から変わってない。赤いビロードの絨毯に高い天井、窓はステンドグラスで テーブル、椅子も昔からのを丁寧につかってはる。 お客がたてる適度なザワザワ音のバックにバロック音楽が流れている。 とてもいい感じだ。 やがて席が空いた。奥の窓側の小さな部屋の中だ。 昔のようにウインナーコーヒを飲むかって思ったけど、いまさらと思い直して普通の ホットコーヒ。

湯気がたってるとこがステンドグラスに似合ってる。 それにしても椅子のスプリングがへたって腰にこたえるやないか。 最初に連れてきてくれたんは大学の同級生だ。九州の学校やったのに京都のその友達の とこに遊びにきてた。「お前ら田舎もんはこんなとこ来たことないやろ」とドヤ顔を してたんも思い出す。女性を口説くんに絶対の自信を持ってたやつやったけど、 絶対それで身を持ち崩すって思ってたけど、どうなったんやろね。一緒に来たやつも けったいなやつ。遊びすきで自己中で面倒くさいやつやったけど、どうなったんやろね。 たかが一杯のコーヒについてくるその程度の想い出は飲み終わったらあっというまに 消えてしまった。 さて、本来の用をすませに行かんとあかん。 ご馳走さんでした。 コーヒーは600円。味は普通。雰囲気代やね。

店名 「フランソア喫茶室」 ジャンル 喫茶店 住所 京都市下京区西木屋町通四条下ル 電話 075-351-4042 営業時間 10:00-23:00 定休日 無し(12/31,元旦を除く) メニュー 日本語 言語 日本語

[…]