ブログ村ブログパーツ

大阪、鶴橋、「なべいち」で一杯やる。

天王寺に住んでる友人と時々いっぱいやりに行く。場所柄、時には西成の方に足を伸ばして ディープなとこを探訪するのに付き合ってもらうこともある。わしの勝手で申し訳 ないけど付き合ってもらうとありがたい。 普通は立ち飲み居酒屋にはほとんど行かへんし行こうとも思わへんのは、ただ 立って飲むのがしんどいという理由からだけやけど、最近は立ち飲み居酒屋と 言われるところの安くて美味しくて、ディープな話を聞くと、そっちのほうに興味が 広がってきた。よう調べてみたら立ち飲みと言われてる店にも椅子席がある場合が ある。爺さん達にはそれがあるとありがたい。 それなら、鶴橋で最近話題の立ち飲み屋さん、「なべいち」に一回行ってみよう。 ここもどうやら椅子席がいくつかあるらしい。 多分、椅子席を確保しょうと思ったら開店すぐくらいに行かんとあかんのちゃうやろか。 もしかしたらこういう店は早い目に開きそうなんで早い目に行こう。 てなことで着いたのは開店20分前、いくらなんでも早すぎる。まだ気配もない。 では少々時間を潰してこよう。 で、潰しすぎたかな? 次に着いたら2分過ぎ、もうお客さんが入ってる。

まさかと焦って中に入る。よかった。まだ座る席はあった。 ちょっとの差ですぐに席は埋まる。そのあともどんどん来客、立ち席もいっぱいに なった。 とりあえず飲み物だ。この店のというより立ち飲み屋の習いがわからんからつい 生を頼んでしまう。多分瓶ビールが通の飲み方なんやと思う。

で食いモンはわかりやすい。ボードにしっかり書いてあるし、誰もが頼むという 「さかなの気持ち盛り」をいただこう。

とてもリーズナブルなお刺身の盛り合わせだ。ボリュームがあるし美味しい。 寒い日やったんで湯豆腐を頼む。

ええダシがでてる。とても美味しい。 酒がすすむ。 ハイボールに切り替えてどんどん飲もう。

ブリカマやったかな? いやカマスカマ?

脂がのって美味しい。 少々腹も減ってるんで鉄火巻きを少しいただこう。

卵焼きもおいしそうだ。

爺さん二人やと食いもんはこれくらいがちょうどええかもしれん。 とても安くて美味しくて、居心地の良い店だった。 ご馳走さんでした。

店名 「なべいち」 ジャンル 居酒屋 住所 大阪市天王寺区舟橋町10−14 電話 不明 営業時間 17:0-23:00 […]

京都、錦、「天ぷら酒場 たね七」で昼飲み会。

昔の水墨画仲間で久しぶりに飲み会をやろうかと言う話が持ち上がった。というか 勝手にわしが盛り上げて迷惑かけたかもしれん。まあともかく、京都へ集まろう。 昔は、絵の話とともに某老師の悪口を肴にあれやこれやと盛り上がった仲やけど、 最近は4人集合という場面がとんとなくなった。久しぶりにやっぱり絵の話と、某老師の 悪口を肴に昼酒を楽しもうではないか。 で、どこがええかネットで探して見たら、最近オープンしたらしい天ぷら屋さんが 見つかった。錦市場の近くにある「天ぷら酒場 たね七」という店だ。待ち合わせ にも便利でちょうどええ。で、もう少し調べてみたら、 「たね七の天ぷら飲み会プラン飲み放題付き 2980円」というメニューがある ではないか、えらいお得感がある。ということで予約完了。 大丸前で集合して、四条通りを東に少し、堺町通りを北に少し、錦市場の通りに 出る前にお店がある。

昼酒やから思ったほどは混んでない。 で、メニューはこんなの。

わしらが頼んだのはこちら。

まずはビールで乾杯。飲み放題やから、気にせんとどんどん飲める。 けど飲み過ぎに注意、注意。

料理はメニュー順にくる。 最初はポテサラ。

久しぶりに会った4人やから、やっぱり盛り上がる。とりあえずは水墨画仲間、 一旦休憩中の人もいてるけど、興味は失ってないし、某老師の話の最近版も 興味がある。 酒のアテに塩キャベツ。

これはとても美味しい。おかわり自由やから何度かお代わりしてしまった。 で、お造りは、カツオのタタキ。

お酒もどんどんお代わり、次はハイボールにしよう。

いよいよ野菜天ぷら盛り合わせがきた。

これでドーンと重たくなる。話は軽い。酔えば酔うほど盛り上がる。 つぎはフライドポテト、

スパイシーで酒が進む。 しかし、年寄りには結構重い。天ぷら系、油系を先にしてもらった方がよかった なあって弱音がでる。 それをよそに、油マックス、鶏モモのわらじ天タルタルソースやって。

おいしいけど腹一杯やで、 更にメインの海鮮天、エビ、キス、イカ、やっぱりこれ先がええなあ。

酒は飲めるけど食うもんはきつい。 最後はシメにぶっかけうどんをいただく。

とても美味しい。 若者向きの物量に圧倒されたけど、お酒もたっぷり飲めたし、コストパフォーマンス […]

大阪、南田辺、「スタンドアサヒ」のハーフアンドハーフビール。

時々、ハーフアンドハーフビールが飲みたくなる。黒だけでもええんやけど、 ちょっとビターなほろ苦さのハーフがとても好きだ。近場でこれが飲めるのは 「スタンドアサヒ」、何度か来てるけど、やっぱりおいしい。一人でくるよりは ちょうど昔馴染みの友人が揃った今回のような機会が一番いい。開店一番の予約の つもりが10分ほど早く着いてしまった。外で待っといてって言われるんかと思いきや 「まあ、入って待っとき」と奥の部屋の席に入れてくれた。こういう気が利くのが とても気分がよくてありがたい。

もちろんまだ注文はできない。 ちょうどええ、昔話もせんとあかんし、旅の反省会もせんとあかん。昔ながらの 仲間というのはええもんだ。ゆるりと盛り上がってるうちに時間がきた。 もちろんハーフアンドハーフをいただく。

やっぱりここのハーフは美味しいなあ。すっきりしてコクがある。苦さ加減が とてもいい。 それにここの突き出しがいつものやつでこれも大好きなのだ。

鯛の子の煮物、これがいい。 お造り盛り合わせ。

ネタの鮮度がいい。切り方がいい。それでおいしい。 鯖はやっぱり生鮓が一番だ。

ここの鯖は脂が載って濃厚だ。 気がついて周りを見るともうすでに満席だ。オープンしてすぐさま客がどんどん 来てたんですぐに満席になったんやろとおもう。 居酒屋特有のちょっとテンション高めの、声張り上げての会話を聞きながら、 こっちもテンションが上がっていくは酒のせいだけではなくて、とても居心地が 良いからだと思う。 キモ焼き鳥。

肉に切り替えて気持ちも切り替える。 肉ときたらカツを食いたいやつもいる。

野菜が食えんやつもいるし、野菜が好きなやつもいる。 この歳になったら、健康を考えるよりワガママでええのだ。 では、そろそろハイボールに切り替えよう。

何度も切り替えても写真は1つなのだ。 今度は口の中をさっぱりしよう。

たこ酢もわしの大好物。 いくら飲んでも、食っても話は尽きないけど、体力はすぐに尽きる。 そろそろ帰って寝よう。 ごちそうさんでした。

店名 「スタンドアサヒ」 ジャンル 居酒屋 住所 大阪市東住吉区山坂2−10−10 電話番号 06-6622-1168 営業時間 […]

時々、大阪、秘境ツアー、「Swing MASA、西成 Jazz Live」を聞く。

前から気になってたんやけど、西成の超ディープなあたりで夜な夜なジャズライブを やってるらしい。えらい気になる。元々は難波屋っていう立ち飲み居酒屋でやってたのが ご近所の苦情で別のとこでやってるらしい。しかし、時には元のところでもやるらしく 友人のFBに「Swing MASA、西成 Jazz Live」、こういうやつがあるっていう情報が載った。

なるほど、友人を誘って行ってみよう。Jazz Live なんて久しぶりやなあ。 暗くなったら、この界隈、独特の空気に満ちてるんとちゃうやろか? ちょっと怖い? ややこし? 多分思い過ごしだ。鬼が出てとって食われるわけではないし、泥棒や、ギャングが 出るわけでもない。 ただ暗いだけだ。 ほんのりと明るいところをたよりに歩く。あった。「難波屋」さん。

まるで立ち飲み屋だ。ほんまもんの立ち飲み屋やからあたりまえだ。まさか立って 飲みながらJazzを聞く? ルールがわからん。立ち飲み屋の横にガラス戸があって そこから立ち飲み屋の奥のスペースに行けるようになってるみたいだ。 なるほど、すでに楽器が置いてあってグランドピアノもある。椅子も並んでるんで 座って聴けるみたい、腰痛爺さんにはありがたい。 さっそく残り少ない椅子を確保しておこう。 席を確保したら、酒とアテだ。どないしたらええんやろ? 聞くと、立ち飲みのとこへ行って買えばええという事だ。 要注意! 「注文は必ず一人の人にする事。あの人この人にバラバラ言うたら間違いの元。」 と言われた。そしてものが揃ったらお金を払って、それで完了。席に持って行く。

さあ、準備完了、狭いんと、慌ただしいのとまっくらなんでちゃんと写真撮られへんと 言い訳がでる。 で、時間が来るといきなり演奏が始まる。

とても良い。オーネットコールマン風に力強いブローが始まった。 ぐんぐん惹きつけられる。 ピアノの素晴らしい。淡々と正確に弾いているだけのようでメリハリがきいて ビシッとした力強さがある。アルトサックスとピアノのデュオというとても地味な 構成ながら説得力のある音楽が次々に飛び出して来る。 一時間があっという間に過ぎた。酒やアテでウロウロする暇もない。 休憩時間を利用してハイボールのお代わりとカキフライを頂く。

もたもたしてると時期に後半が始まった。 あまりおしゃべりもなく淡々と演奏を続けはる。ここに来てる人たちはみなさん 元々よく知り合い同士の方々なんかもしれん。何か馴染みのサロンに無理やり 侵入したような気がしないでもない。 それにしてもさっきから耳元うしろでぐちゃぐちゃとうるさいおっさんがいる。 いわゆる酔っ払いの繰り言めいて、何を言うてるんか意味をなしてないけど、 言語にはなってるんでいやでも耳に入ってくる。声の大きさも近くの何人かが 演奏を聴く邪魔になるという程度でそう大きくもないけど十分迷惑な大きさでもある。 かなわんなあって思う。注意しようかともちらっと思うけど、相手は酔っ払いやから 話にならんで、結局騒ぎだけが発生してみなさんの迷惑になるだけやと考えて […]

堺市、大小路、居酒屋、「喰ま呑み」で又、一杯やる

この店、相変わらず近くて遠い。爺さんやからあんまい飲みに行かへんのと、 堺の家から比較的近いはずやのに交通の便がよくないからもある。しかしまあ、 なにがどうなってても行く気にならんと行かれへんのだ。 で、この日はとうとう行く気になって、南海高野線で堺東まで行ってそこから 歩くというコースを選んだ。雨がぽつりと来たけど傘を持ってない。このまま 降らずにがまんしてくれと祈りながら先を急ぐ。 飲み始めるには少し早い時間なんで途中、途中の居酒屋さんもまだ開いてないか お客さんがいないか、賑やか感が殆ど無い。 そのまま商店街を少し抜けて右に曲がると、アジア屋台風のビニールシートが 見える。あいかわらずそそられる外観だ。

時間が早いんで先客は1組だけ。ずずっと奥に入る。それはええんやけど、どんどん 席は埋まって行くんで出るのが難しくなる。 とりあえずビールをいただく。

みてるとお通しをあっためてはる。これがまたすごい。

ミネストローネみたいな具沢山のスープだ。爺さんはこれだけで腹一杯になって しまいそう。しかも美味しい。野菜がぐだぐだに煮込まれてええ甘みと出汁に なっている。あてはいらんなあと思いつつそうもいかんと思う。 ビールをハイボールに切り替えた後、マグロの刺身を頂く。

新鮮でおいしい。 酒がいくらでも飲める。といいつつほどほどにする。お客さんが次々と来始めたんで 注文がどんどん入る。それを見てると自分も頼んで食べてる気になって来て、 その気分をアテに飲んでしまってるらしい。合間をみてわしのも頼む。 ここの揚げ豆腐は素晴らしく美味しい。

豆腐を切って目の前で揚げてくれるんで熱々でほかほかジュルジュルでふわふわだ。 ここの料理は美味しいんでまだまだ色々頼んで見たいんやけど、他人のアテを見ながら 飲んでるうちに酔ってしまった。爺さんは酒に弱いのだ。 で、そろそろ締めのカレーの分のお腹を使わんとあかん。 カレー下さい。

これが又素晴らしく美味しい。 「カレーの味変わりましたか?」と聞くと、「チキンを使ってちょっとコクがでましたか?」 とおっしゃる。コクもあるし酸味も強く、わし好みだ。 スープの中でホールスパイスがガシャガシャと口に入る。 これが居酒屋さんのカレー?と驚くほどの完成度やんか。色々研究してはるみたいやから どんどん変わっていくんやろか。楽しみやなあ。

盛り上がる前に締めてしまったけどお腹は一杯だ。

ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

喰ま呑み

関連ランキング:居酒屋 | 大小路駅、宿院駅、花田口駅

[Translate] […]

大阪、心斎橋、「ロックバー anonymous」でカレーをいただく

梅田で久しぶりに映画を見て終わったらもう21時前だった。まだ飯を食ってない 腹が減った。どっかで晩飯を食って帰ろう。折角の夜飯やから前から気になって いたカレーの天才がいるという「ロックバー anonymous」と言うところに行って カレーをいただきながら酒を飲もう。 しかし生憎雨模様。地下鉄心斎橋の駅を降りたら土砂降りだ。かなわんなあ。 しかし、こんな雨くらいでめげてたらどこも行かれへん。 生憎雨の中で店を探すのもわかりにくい。 けど見つけてしまったら簡単だ。ちゃんと書いてある。で、エレベーターで4階へ。 なるほど間違いなくバーだ。シャイな爺さんには入りにくい。 勇気を出して入ろう。 席につくなり、「カレー下さい」と言ってしまった。 やんわりと、「飲み物からお願いします」と言われた。当たり前やわなあ。 バーに来て、いきなり「カレー下さい」は無いと思う。 とりあえずビールをいただく。

よく冷えたやつだ。美味しい。 で、カレーは2種あるらしい。イノシシとシカ?やったかな? どっちも珍しいけどイノシシのカレーなんて食ったことがない、これにしよう。 ロックバーやからロックを聴かせてくれる。テレビからは結構懐かしいロックが 聞こえてくる。昔々のロックでもええんかもしれん。「何か聴きますか?」って 聞いてくれる。ちょうどこないだ、「ジャニス・ジョプリン」の映画を見たとこ やった。ではジャニスを頼もう。 それにしても古いなあ。 で、カレーが来た。

バナナの葉につつんだ本格的なやつだ。素晴らしい。みるからに美味そうだ。 葉っぱを開けるとスパイスの香りが一気に立ち上がって素晴らしい。

これやったら一気に全部混ぜてしまおう。その方が絶対美味しいに違い無い。

何と素晴らしい。酸味、甘味、辛味、いろんな味が押し寄せてくる。香りも一杯だ。 それにイノシシの肉の旨みが素晴らしい。全てが一体になって、美味しさが立ち上がる。 ビールが切れたから、バーボンをいただこう。

じっくり飲みながら少しずついただく。 一気に食べてしまうのはもったいない。 店主と常連さんとの会話も面白い。 ついついバーボンもお代わりだ。 いくらでも飲みたいところやけど、年寄りは早よ帰って寝んとあかん。 ごちそうさんでした。 雨はまだやんでない。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

アノニマス

関連ランキング:バー | 心斎橋駅、長堀橋駅、四ツ橋駅

[Translate] […]

大阪、長堀橋、「セイロンカリー」でカレー忘年会に行った

「口癖はカレー」というFBのクローズドグループはいつもいつも美味しいスパイス 料理の情報が飛び交っていて、辛いもん好きのわしにとってはとても参考になって ありがたい。しかも、いろんなメンバーの方が時々オフ会をやってられてわしの ような年寄りでも呼んでいただけることがある。 今回は、地下鉄長堀橋駅近くにある、「セイロンカリー」さんでカレー忘年会に 参加させていただくことになった。

スパイスの味わいたっぷりのスリランカ料理の豪華メニューを堪能させていただいた のだ。 忘年会の賑わい、盛り上がりはクロズドグループの話なんでちょっとあっちへ置いて おいて、お料理を紹介させていただきながら自分でも反芻しよう。

まずビールのアテは枝豆とサラダ。

ごく普通のようで、枝豆はスパイシー、サラダはコロッケを潰したと言うアイデア一品。 これはいかなご?

見るからに唐辛子。でもおいしい。 肉団子も甘酸っぱいようでスパイスがしっかり、

とても美味しい。 ハイボールを飲みながらワインもいただく。

ワインをさらっと選べるセンスってええですなあ。わしのようながさつもんには 無理な話しだ。 おっと出た。

目玉がぎょろっとしてうまそうだ。鯛もしっかりスパイシー、目玉が美味い。 これは、チャパティ?、ロティ?それとも他の?

詳しいことはわからんけどとてもおいしい。 もちろんカレーにつけていただく。このカレーがまたおいしい! 酸味がたまらん。 こんどは赤か。

料理が美味しいんでいくらでも飲める。 これも甘辛くておいしい。

場はどんどん盛り上がる。おなか一杯、アルコールも満タンになりつつある。 次はビリヤニ。

肉のカレーを一緒に食おう。

ご飯がサラサラ、モチっとしてとても美味しい。 さてメインのアンブラ(と言うらしい)。

見た目にとても美しくて、その美しさが美味そうだ。

それに鳥肝、ヒモのカレーを添えて頂く。 もちろん全部混ぜ混ぜするのだ。美味そうな香りが立ち上がる。

さすが、抜群に美味い。いろんな旨味があちらからもこちらからも攻め寄せて来て 口のなかで弾ける。キモ、ヒモの食感もとてもいい。これは素晴らしい。 最後は、甘いもので・・

[…]

大阪、堺、居酒屋「喰ま呑み」で一杯やる

堺の大小路にとても面白くて美味しい居酒屋さんがあると前から聞いていた。 わしも堺に住んでるけど高野線沿線だ。チンチン電車(阪堺線)沿線にあるこの店は 近くて遠い。バスの便も良くないんで行きたいけど行き難い店になっていた。 しかし、いつまでもそんな事を言うてられん。行きたくなった行かんとあかん。

それである日、そう決めて天王寺から阪堺線に乗ることにした。地下鉄で家に 向かう代わりに阪堺線に乗ればいいのだ。

乗り場に行って驚いた。けっこう人が多い。どんどん並んで電車に乗り込むと 出発するころには満員だ。観光客というよりは地元の人の生活に根付いた交通 手段になっているようだ。こういうのはとてもいい。各駅に停まる度に人が乗って 降りて、満員のまま先に進む。 さすがに大小路あたりになると乗る人より降りる人が多い。わしもそこで降りる。 目指す「喰ま呑み」はすぐそこだ。

良い感じ、路地裏居酒屋というかアジアの街角食堂という感じでもある。 ビニールシートが抜群にいい。アジアン感満載だ。 で、とりあえずビールをいただく。

突き出しからしておいしい。

タコの酢の物は大好きだ。 で最初は鳥肝を頂く。

これは素晴らしい。とても新鮮で何の癖もない。するりするりと口に入る。 酒がいくらでも飲めそうだ。 という事でハイボールに変える。

つぎは何のカマやったか忘れたけどカマをいただく。

とても美味しい。脂がのってもしつこくない。魚の旨味がじわっとジューシーだ。 爺さんはこれくらいにしておこう。 この店は、「口癖はカレー」という繋がりで教えていただいた店だ。 最後はカレーでしめる。

これが又抜群においしい。濃厚で辛さたっぷり、旨さたっぷり、酸味もある。 とてもいい。 で後日、再び訪れた。 また、ビールから、

おんなじなんやけど、写真をとったというのはアテにびっくりしたのだ。

クリームシチューやって、こんな突き出し初めてだ。しかもとても美味しい。 これだけで一食の価値がありそう。具がたっぷり、スパイスもたっぷり。 酒がすすむ。

で、この前に厚揚げを食べなかったでしょうとこの店を教えていただいた方に 指摘された。早速いただいてみる。

なんとこの厚揚げは豆腐を目の前で揚げてはるのだ。 これは美味しい。熱々カリカリだ。中はジュルっとしてふわふわ、厚揚げという より新種の豆腐を食ってるみたい。 つぎは鹿刺し、

[…]

大阪、肥後橋、「神虎ラーメン 肥後橋店」のトムヤムつけ麺?

さて、宴は終わった。久しぶりにロックでノリノリで楽しかった。 外にでると待ってたかの様にラーメン屋の看板が目の前にある。これは丁度ええ。 せっかく古い友人もいるんでラーメンでも食いながらちょっとだけ飲み直そう。 「神虎ラーメン」という看板があって行列こそないものの混んでいる。 ここはチケット販売機がある。ということは、席に座って、あるいはビールなど 飲みながらゆっくりメニューを見るわけにはいかんのだ。いますぐ何を食うか 決断せんとあかん。えらいせわしない。判断を誤りそうだ。 で、貼り紙を見たらトムヤムなんちゃらとある。おっとアジアの麺があるやんか。 しかし、自販機には書いてない。ようわからん。 聞いて見るとつけ麺やという。つけ麺のチケットを買えばええと言う? 一瞬変な気がしたけどそれでいくことにした。 餃子とついでにハイボール。 チケットさえ渡せば先に飲み物がきて、飲みながら待てる。 それはまあええことだ。ついでに餃子も来た。

餃子はなかなかおいしい。熱々でパリっとしてる。柚子胡椒で食べるとよく合う。 麺を待ってると、ドヤドヤと何人か入ってきた。急いでトイレを目指してる。 いかにもツアコンみたいな世慣れた感じの女の人が付き添ってる。店員さんに むかってトイレ貸してね、いいわよね、みたいなことを言ってはる。 店員さんはいいよみたいな返事をしてはる。旅の途中でトイレで困った時は助け ともらえるととてもありがたい。でも、ツアコンの人のいかにも世慣れた捌き方 というのがちょっと気に入らん。 と思いつつ隣をみるとあれれ、こっちも外国人だ。つい、どっから来たん? って聞いてしまった。中国だと言う。中国のどこ? 重慶だよって。 重慶の人が何でこんなとこ知ってんのって聞きたかったけど、ちょうど勘定を してるとこだってそのまま帰ってしまった。 最近の外国人旅行者はえらい情報を持ってはる。スマホの力やねえ。店も場所も すぐに分かるようやから素晴らしい。 てなことをやってるうちに麺がきた。トムヤムつけ麺ってどんなんやろ? 興味深々。

麺はおいしい。太めのモチモチ麺だ。つるんとしなやかで喉越しがいい。 つけ汁はなんかようわからん。アジアの味わいではない。やたら塩分が濃い。 うまみよりも塩辛さが先にたつ。

つけ麺はわしには合わんかったようだ。トムヤムなんちゃらというのも勘違い やったんやろ? やっぱり普通のラーメンにしといたらよかった。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

神虎 肥後橋店

関連ランキング:ラーメン | 肥後橋駅、渡辺橋駅、淀屋橋駅

[Translate] […]

「びわいち」琵琶一周サイクリング(北回り)で暑気払い−01、出発前に景気付け

学生時代の友人たちと年に一回、長距離サイクリングやることになっている。 わしらはどうしてもしたいわけではないけど、仲間の中にとても熱心な人がいて すべての計画を立ててくれるんで行かんとしゃあないとしぶしぶついていくよう ではあるが、いつしかそれが楽しみにもなってしまってるから不思議なものだ。 前にもブログで書いたけど、この歳になるとこういうのは体を鍛えるスポーツ というよりは、残り少ない体力をすり減らす行みたいなもんやからひっそり、 そろそろとついていかんとあかん、無理して張り切っていきりたつと体の方から えらいしっぺ返しを食うことになる。 それはともかく去年はしまなみ海道を2日かけて完全往復したんで、今年は琵琶湖 一周という決定が通達されてきた。完全1週約200kmを1日で走ろうと言う のだ。とんでもない、それは無理やわしらの体力では昨年並みの150kmくらい を2日かけてやっといけるくらいやでと平にお願いして、北回り1周、約150km強 を2日かけて回ろうやということでご勘弁いただいた。 さて、準備が整ったというか、その友人が全て段取りをしてくれたんで、「うん」 というだけで準備が完了だ。前日に全4人が大阪に集合、なにはともあれ壮行会 をやろう。 天王寺駅近く、あべのルシアス内にある「なか吉」という店だ。 明日は朝早いし、飲みすぎたらしんどいとわかってるんで飲み会は早い目にスタート する。乾杯の声も控えめに。 で、最初に岩牡蠣。

牡蠣のシーズンが終わってもこの牡蠣は食えるし、それどころかとても美味しい。 濃厚だ。 鶏天もいってみよう。

からっとして味がしっかりしてる。 おや、飲みすぎ注意のはずがもうハイボールに移行する。

やっぱり旧友が集まって飲む酒は美味い。 以下の刺身も当然美味い。

明日の事はとっても不安やけど、とりあえず酒を飲んで忘れよう。 スルメの天ぷら、

酒が進む。いかんいかん。 鶏さしかな? 写真まで酔ってきた。

出汁巻卵、

カメラが完全に酔っている。でもおいしい。 さあ、美味しく楽しく飲んで食って大満足、明日の元気が出た。 ご馳走さんでした。 明日は頑張ろう。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

居酒屋 なか吉 天王寺店

関連ランキング:居酒屋 […]

バーボンを飲んだらジャニス・ジョプリンを聴こう

我が家のバーボンが残り少なくなってきた。友人たちからお土産にいただいた やつだ。この友達の一人とあるグループでアメリカに行ったことがある。レンタ ハウスを借りて時には自分たちで飯を作ったこともあったけど、その買い物の 度にスーパーの棚にびっくるするほどの安い値段でこのワイルドターキーが置 いてあったんで肉や野菜と一緒にポンとカゴに入れるのが習慣になっていた。 飯の後は、この酒を飲みながら「何故かアメリカに来たらバーボンが美味しいよなあ」 なんてわかった風な事を言ってたけど、それはただ飲みたい時に酒が飲めて単 に嬉しいというだけの事ではなかったような気もした。それと同じ理由からか 日本に居たら日本の酒やら焼酎やらばっかり飲んでるような気がする。 ところが、この酒を頂いてみて改めて飲み直してみると、美味い。やっぱり何処で 飲んでも美味いやんかと正直に思う。 ついつい飲み進んで殆どなくなってきたやんか。

では、飲みきる時にはこれにふさわしい音楽を聴きながらにしよう。 やっぱりレコードがええんとちゃうやろかと物色してると懐かしいやんか、 「ジャニス・ジョプリン」が見つかった。「Pearl」という無くなる直前に作 られたアルバムだ。 これはええ。わしは大好きだ。掠れかけた強い声で悲しみを込めてシャウトする のがたまらん。 ”move over” ええなあ。 ”mercedes benz”もええ。 ::: So, Lord, won’t you buy me a Mercedes Benz? My friends all drive Porsches, I must make amends Worked hard all my lifetime, no help from my friends So […]

愛媛、菊間、宇和島方面の旅-17、松山駅前、居酒屋、「なが坂」で晩飯を食っておしまい

さて、車を返したらちょうどええ具合だ。普通の晩飯にはちと早いけど、この あと空港に行って大阪に帰らんとあかんのだ。この旅の締めくくりにビール飲 んで乾杯しよう。で、どこに行く? 昨日と同じでもええけど、違った方が面白 くもある。事前に調べたわけではないけど前に来た時行った店はどうやろう? 時間が早めなんで行ってみて開いてたらそこに入ろう。開いてなかったらどこ でもええとしょう。 「なが坂」という名前のちょっとしゃれた居酒屋さんだ。

幸い開いてた。 早いんでガラガラだ。常連ではないけどつい前と同じ席に着く。特典は特に無い。 早速、ビールを頼んで乾杯する。

今回もええ旅行やった。見知らぬ風景とも出会えたし、旧友ともバカ話に興じる ことができた。又、次が楽しみだ。

卵焼きはわしの大好物、飲んで食って飛行機に乗るだけやからゆるりとしよう。 刺身盛り合わせも新鮮でおいしい。

昨日のお店とは又違う品揃えだ。 焼き鳥盛り合わせもヘルシーでええんではないやろか?

疲れた体にとてもおいしい。 酒もどんどんいける。ビールよりはハイボールの方がわしは好きだ。

酔っ払ってるんでだんだんカメラで撮るのが面倒になってきた。穴子天やったかな?

ブリカマやったかな?

適当だ。 ようわからん。

同じもんか違うもんか? まあええとしょう。 しっかり飲んで食ったら程よい時間になってきた。松山駅から松山空港までは リムジンバスで直ぐに着く。 松山空港では、LCCといえどもオペレーションは同じ。実に簡単にチェックイン 終了。ほろ酔いでぼーっとしてるうちに機上の人になった。

関空まで約1時間。値段も片道2980円プラスアルファ。 えらい時代になったもんだ。 少々リスクがあってもわしらはこっちがええなあ。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

ごはんとお酒 なが坂

関連ランキング:郷土料理(その他) | 大手町駅、松山駅前駅、松山駅

[Translate] […]

愛媛、菊間、宇和島方面の旅-10、松山駅前、大手町、「男組 釣天狗」で晩御飯

さて、もうかなり遅い。今から松山に帰ってちょうどだ。時間があったら佐田岬 によっていこうなんてとんでもない話やった。松山駅前までついてレンタカー を返したらちょうど18時頃、晩飯時だ。 前に松山に来たのは2年前だった。その時は初めてやったんで駅前近くでランチ をするええとこないやろかネットで調べてた。探し探してやっと見つけたら、 その日は臨時休業かなんかでやってなかった。空振りやったんで心残りが残って いる。今回はそこに行ってみよう。もう場所は覚えてるんで簡単に行き着いた。 「大手町食堂」と「男組 釣天狗」の二つ看板なんで何が何やらようわからん けどまあ入ってみよう。

結構満員やったけど、2階の個室に通された。 まあとりあえずビールで乾杯。

車を返したから、いくらでも飲める。疲れた後にビールがうまい。今日は天気が よくなかったし暑かったんでよけいうまい。 最初は豆腐。

なかなかおいしい。 次は何やったかな? 鶏皮やったんちゃうやろか?

それマグロ、

大振りでとてもおいしい。 タコぶつはわしの好物だ。

ホタルイカも好物。

好物ばっかりで美味しい、美味しい。 これが絶品やった。 ブリ塩。

軽く炙ったブリを塩味で食べる。トロトロのあぶらと塩味とブリの旨味が一気に 押し寄せる。素晴らしい。 美味しいから酒もハイボールに変えてみる。

段々酒がまわってきた。 こっからさき何を飲んだか、何を食ったか覚えてない。 なんかのカマも食ったと思う。 写真も撮るの忘れてる。 予想してたよりは安くはなかったけど美味しい店だった。 ご馳走さんでした。 ご機嫌に酔っ払って、又、電車に乗って、菊間に帰った。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

男組 釣天狗

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | […]

大阪、天神橋、スペインバル、「ゴブプラス」

わしらは老人やから、飲みに行くと言うても、居酒屋みたいなとこが殆どだ。 それも安いとこが多いけど、立ち飲みは行かへん。しんどいからや。 立ったまま飲んでたらしんどいやんか。何であんなに人気があるんやって思っ てしまう。それはええとして、今回はバルとかいうしゃれた名前の所に行って みようと思った。似合わへんのは承知の上やけど、本日は珍客がある。 それも台湾からのお客さんだ。 わしの友人のお誘いで、昔彼の部下だった女性が台湾から来られるのだ。 彼の伝手でわしらも台湾に遊びに行ったときに散々彼女に道案内やら、美味し いとこ案内やらいろんな事でお世話になっている。 その方が久し振りに日本に来るというので友人と3人で食事でもしようという 事になったんやけど、ありきたりに日本食も飽いたやろからちょっと違うとこ に行ってみようと言うことになったのだ。 それでまあ、似合わへんし、様子がわからへんけど、食いモン屋が幾らでもあ る天神橋でスペインバルなるところをネットで見つけた。 場所が場所だけに簡単に見つかるやろと高をくくってたらさっぱり見つからへん。 うろうろしてたら、地元のおじさんみたいな人が、「何処探してんねん?」って 声をかけてくれた。わしら同様、バルが似合うような人ではなさそうやったん で、「分かるんかいな?」と懐疑心を抱きながらも、「ゴブプラスって言う 店やけど」って言うと、「そこ曲がってまっすぐ行って、次の角から先すぐ やで」みたいなことをすらすらと教えてくれた。「ほんまかいな?」と思いつ つもその通りに行くと、その通りにあった。 えらいもんだ。 なるほどやっぱり若者向けのしゃれたバルだ。 ちょっとこそばゆい。 まず再開を祝して乾杯

何食べよ。スペイン料理なんかあんまり分からへんなあ。 アヒージョって言うらしい。

ニンニクとオリーブオイルの鍋料理みたいなやつ。それにフランスパンを浸し て食べるとおいしい。 熱々でニンニクの香りがとても強い。鶏やったかなジャガイモやったかな? 具もおいしい。カロリー相当高め。 盛り上がって来たんで飲み物も変更。

最近はハイボールを頼むことが多い。 で、ステーキも行って見る。

とてもおいしい。 スペイン料理なら、パエジャとやらも食ってみたい。 それもイカスミのがおいしそう。

でこれがきた。おいしいけどえらい量が多い。他にも食いたいけどこいつが なかなか減らへん。トッピングもあったのに頼んだらよかったかな? こういうところは慣れへんから、頼み方が下手やったと思う。 折角のお客さんに申し訳なかった。 次から気をつけよう。 ごちそうさんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

ゴブプラス 夜総合点★★★☆☆ 3.0 […]

京都、河原町、「居酒屋 たつみ」

月に一度かもう少し少ないくらいのペースで飲みにいく友人達がいる。 いつもは大阪なんやけど、ほんの極たまに京都でやる事もある。今回はその時 だった。京都、四条河原町近く、少し前に別の店に行ったことがあるけど、今 回は「たつみ」と言う居酒屋さんだ。

京都の友人によるとここは安くて美味しいらしい。 中に入ると、「あれっ、立ち飲みやんか」って思う。わしは年寄りやから立ち飲 みは疲れる。酒を飲んだら腰がふらつくんで立ってられへん。 「奥は座席やから大丈夫」ということで奥の方に行く。 なるほど値段やメニューが一緒なんやったら座る方がありがたい。 で、とにかく座って乾杯する。

突き出しがすぐにくるのは良い感じだ。

とりあえず、分かり易いもんを食おう。

天麩羅もええなあ。

焼き鳥も

これ何なったかなあ? ニンニクが入ってんのは確かなんやけど

多分、鰺フライ。

メモしてへんからいちいと覚えとくのは難しい。

ここのお皿は、量が少ない。よく言えば、酒のあてにちょっとつまむのに丁度 ええ。色々種類を食べられるから丁度ええ。

悪くいえば、これで単価を抑えてる? 分け分けするにはちと少ない時もある。

でも、それぞれは、とてもおいしい。 安くておいしいからお客が多い。お客が多いという賑わいも美味しさになる。 そういう店だ。 途中から酒はハイボールに変わってる。 今はブームなんで、ジョッキにどんと出てくるんで飲みやすいし、頼みやすい。 今日も気の合う仲間と飲んで食って楽しかった。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

たつみ 夜総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:居酒屋 | 河原町駅、祇園四条駅、三条駅

[Translate] […]